2016年ベストテン

映画年間ベストテン
2016年劇場鑑賞147作品の中からのベストテンです。
今年も絞り切れず邦画と洋画分けてあります。
邦画

1位:クリーピー 偽りの隣人(監督:黒沢清)

クリーピー 偽りの隣人 評価と感想/違和感や不快さがリンクする映画
黒沢清監督の最高傑作だと思います  ☆5点 予告編 映画データ 北九州監禁殺人事件をベースにしたっぽい前川裕さん原作の同名小説の映画化で、原作は未読です。 クリーピー (光...

2位:シン・ゴジラ(監督:庵野秀明、樋口真嗣)

シン・ゴジラ 評価と感想/全ての円谷チルドレンにおめでとう
すごく、良かったです  ☆5点 予告編 映画データ もう冒頭の入り方からして昭和29年版ゴジラのオマージュがひしひしと感じられました。 ゴジラ(昭和29年度作品)【...

3位:オーバー・フェンス(監督:山下敦弘)

オーバー・フェンス 評価と感想/登場人物が面白い
2016年邦画のベスト級になりうる一本 ☆5点 予告編 映画データ いやー、これ、すごく面白かったです。 観る人によっては、泣いたりする人もいるみたいですが、私はどちらかというとゲラゲラ笑ってた方...

4位:ヒメアノ~ル(監督:吉田恵輔)

ヒメアノ~ル 評価と感想/圧倒的なチェンジオブペースの上手さ
おもしろかったなー! ☆5点 予告編 (YouTube V6森田剛主演『ヒメアノ~ル』予告編) 映画データ 吉田恵輔監督作はひょんなことから観た『ばしゃ馬さんとビッグマウス』が思いのほか面白くて、近年...

5位:湯を沸かすほどの熱い愛(監督:中野量太)

湯を沸かすほどの熱い愛 評価と感想/文字通りとはまさにこの事
基本いい映画だが、監督の趣味も ☆5点 予告編 映画データ あらすじ 銭湯・幸の湯を営む幸野家だったが、1年前、父・一浩(オダギリ ジョー)がふらっと出奔してから休業していた。母・双葉(宮沢りえ)は持ち前の明るさと強...

6位:HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス(監督:福田雄一)

HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス 評価と感想/HENTAIは世界の共通語だ!
前作よりパワーアップ  ☆5点 予告編 映画データ 原作漫画未読です。 前作は最近テレビでやってたのを見ましたが、前作を見てなくても全然大丈夫です。 HK/変態仮面 ...

7位:モヒカン故郷に帰る(監督:沖田修一)

モヒカン故郷に帰る 評価と感想/YAZAWAは広島県民の義務教育です
こういうのがさらっと作れる力量  ☆5点 予告編 映画データ 沖田修一監督すごいですね。 『横道世之介』も面白かったですが、こちらも面白いです。 横道世之介 post...

8位:ディストラクション・ベイビーズ(監督:真利子哲也)

ディストラクション・ベイビーズ 評価と感想/破壊神の子供たち
きっと激しく好き嫌いが分かれる映画 ☆5点 予告編 映画データ 本作は2016年5月21日(土)公開で、配給が東京テアトルとなっています。 現在(2016年5月27日)、東京では上映1館のみで、テアトルグルー...

9位:リップヴァンウィンクルの花嫁(監督:岩井俊二)

リップヴァンウィンクルの花嫁 評価と感想/役が憑依するCocco
傑作!おもしろい  ☆5点 予告編 映画データ あらすじ(ネタバレ注意 観てからお読み下さい) 末期がんで余命幾ばくもないAV女優の真白(Cocco)は一人で死ぬのは寂しいからと一千万円で一緒に死んでくれ...

10位:団地(監督:阪本順治)

団地 評価と感想/阪本順治監督オリジナル脚本・藤山直美主演の怪作!
阪本順治監督が奇妙な作品を作り上げました  ☆5点 予告編 映画データ 日本映画史に残る傑作『どついたるねん』から27年。 阪本順治監督が、とても奇妙な作品を作り上げました。 ...

 

洋画

1位:グランドフィナーレ(監督:パオロ・ソレンティーノ)

グランドフィナーレ 評価と感想/圧倒的映像美、映画が総合芸術なのを実感
映画ならではの表現ってこういうことだと思いました  ☆5点 予告編 映画データ いやー、全くノーマークでみた今作ですが、素晴らしかったです。 映像は綺麗ですし、音楽のセンスも素晴らしいですし、...

2位:キャロル(監督:トッド・ヘインズ)

キャロル 評価と感想/二人の目線の交錯にクラクラ
今のところ今年ナンバー1  ☆5点 予告編 映画データ あらすじ 1952年ニューヨーク、クリスマスを間近に控えて街は活気づき、誰もがクリスマスに心ときめかせている。マンハッタンにある高級百貨店フランケンバーグのおも...

3位:ズートピア(監督:バイロン・ハワード、リッチ・ムーア)

ズートピア 評価と感想/メッセージ性もあっておもしろさもテンコ盛り、ディズニーすごっ
アナ雪、ベイマックスを超えてると思います  ☆5点 予告編 映画データ 肉食動物と草食動物の~ぐらいで、あんまり予備知識無く見た今作が、まさかのバディムービーとは思いもしませんでした。 ズート...

4位:ザ・ウォーク IMAX3D(監督:ロバート・ゼメキス)

ザ・ウォーク 評価と感想/3D映画の最高峰だと思います
素晴らしき映像体験!  ☆5点 予告編 映画データ かなり前から予告が流れていて、長いこと楽しみにしていたザ・ウォーク3Dを見てまいりました。 期待に違わぬ面白さで、昨年のエベレスト3Dもハラハラしましたが、今作...

5位:レヴェナント: 蘇えりし者(監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ)

レヴェナント:蘇えりし者 評価と感想/自然光で撮る忍耐力に敬服
たいへん見応えありました!  ☆5点 予告編 映画データ まずはレオ様のオスカー受賞おめでとうございます。 正直、見る前は『ウルフ・オブ・ウォールストリート』の方がいいんじゃないの?と思ってましたけど、今作は...

6位:スポットライト 世紀のスクープ(監督:トーマス・マッカーシー)

スポットライト 世紀のスクープ 評価と感想/有名俳優出てますがインディペンデント映画で頑張った
さすがアカデミー作品賞と脚本賞面白い!  ☆5点 予告編 映画データ マイケル・キートンも出ていた、去年の作品賞と脚本賞の『バードマン』は小難しくてあまり面白さが分からなかったんですけど、今作は非常に面白かったです...

7位:シークレット・オブ・モンスター(監督:ブラディ・コーベット)

シークレット・オブ・モンスター 評価と感想/恐るべき美少年現る
見てる途中は面白くなかったが後から反芻するとじわじわくる映画 ☆5点 予告編 映画データ 1ヶ月ちょっと前からでしょうか、映画館の予告編で見て面白そうだなーと思い鑑賞。 ジョナサン・デミのコピ...

8位:疑惑のチャンピオン(監督:スティーヴン・フリアーズ)

疑惑のチャンピオン 評価と感想/ベン・フォスターの鬼気迫る演技は必見!
ドーピングの為なら血液を入れ替えます ☆5点 前人未踏のツール・ド・フランス7連覇を成し遂げたランス・アームストロングのドーピング疑惑を13年に渡り追及してきた英サンデー・タイムス紙のデイヴィッド・ウォルシュ記者の著作をベースにした映画です。

9位:二ツ星の料理人(監督:ジョン・ウェルズ)

二ツ星の料理人 評価と感想/いま料理界の最先端はロンドン
五ツ星付けちゃいます  ☆5点 予告編 映画データ おもしろかったー! 安定のブラッドリー・クーパーのキレ芸で怖いんですけど(目が笑ってない)、ストイックで完璧主義過ぎるシェフの料理スポ根ドラマでした。 ...

10位:イット・フォローズ(監督:デヴィッド・ロバート・ミッチェル)

イット・フォローズ 評価と感想/ホラーの形態をとりつつも哲学的観念的な映画
人とつながるということ  ☆5点 予告編 映画データ ”それ”は人からうつすことができる。 ”それ”はゆっくりと歩いてくる。 ”それ”はうつされた者にしか見えない。 ”それ”に捕まると、必ず死ぬ-。 ア...

2017年も楽しみです。

コメント