不屈の男 アンブロークン 評価と感想/なぜ叩かれまくったのかが分からない

スポンサーリンク
広告(大

反日映画では無いが映画としてはいまいち ☆3点

予告編

映画データ

(シネマトゥデイ)

映画『不屈の男 アンブロークン』の作品情報:アンジェリーナ・ジョリーが『最愛の大地』に続いてメガホンを取り、第2次世界大戦で日本軍の捕虜となったオリンピックアスリートの半生を感動的に描いた戦争ドラマ。陸上競技の選手から空軍パイロットとなった主人公が、日本軍の捕虜収容所で虐待を耐え、生き抜く姿を活写する。
(ぴあ映画生活)
『不屈の男 アンブロークン』は2014年の映画。『不屈の男 アンブロークン』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。
1年前に反日映画だと騒がれて話題になった今作。
「これは反日的な映画ではない。」アンジェリーナ・ジョリーが自身監督の映画『アンブロークン』(原題)をめぐって、読売新聞のインタビューに登場し、こんな弁明をした。昨年末、アメリカで封切られたばかりの
1年経ってようやく公開に至った訳ですが、これのどこが反日映画なの?とビックリするくらいの普通の作品でした。
第二次世界大戦を描いていれば、これくらい普通でしょうし、じゃあ『戦場のメリークリスマス』はどうなの?って話です。

ただ映画としてはそんなに面白くなかったです。

あらすじ

カリフォルニア州トーランスでの青年期、イタリア移民の子であったルイ・ザンペリーニ(ジャック・オコンネル)は、店から盗みをし、ちょっかいを出してくる奴は誰とでもケンカする、手の施しようのない不良だった。
しかし10代の頃、兄ピートの励ましのおかげで、反抗的なエネルギーを走りの驚異的な才能に振り向け、彼の人生は一変した。
次々とアメリカの記録を更新し“トーランスの竜巻”と呼ばれるようになった。
1936年のベルリン・オリンピック5000mに出場した高校生のルイは、最後の1周で驚異的ともいえる56秒を叩き出し、一躍英雄となった。
第二次世界大戦で爆撃手となったルイ。
1943年4月、南太平洋上カントン島での救助活動に向かう途中、グリーン・ホーネット号はエンジン・トラブルで海に突っ込み、11人のクルーの内、8人を失った。
ルイと二人の生き残り、飛行機のキャプテンだったラッセル・アレン・“フィル”・フィリップス(ドーナル・グリーソン)と、後部砲手フランシス・“マック”・マクナマラ軍曹(フィン・ウィットロック)は、簡素な救命ボートで、数週間にわたり無限に広がる太平洋上を漂流した。
マックが生き延びたのは33日間。
サメの襲撃、照りつける太陽、容赦ない嵐、日本の爆撃機による機銃掃射などの過酷な環境に耐えたものの、飢えと脱水と疲弊によって遂に亡くなった。
ルイとフィルは総計47日を生き延び、最終的には2000マイル離れたマーシャル諸島に流されたのだった。
彼らは日本海軍に捕らわれ、クェゼリン島で独房に入れられる。
二人は別れ別れとなり、フィルはどことも知れず連れ去られる。
ルイは、東京の大森捕虜収容所に送られた。
そこで精神のバランスを欠いた収容所署長、サディスティックな振る舞いによって“鳥(バード)”とあだ名された渡辺伍長(MIYAVI)に目をつけられることになる。
規律正しく営まれる収容所での生活。
絶望的な状況の中、日本兵の目を盗み、情報を得ては回覧し、生き延びようとする捕虜たち。
しかし、メモが発見されてしまい、関わった者は厳しい罰を受ける。
フィッツジェラルドに「生き延びることが復讐だ」と言われ、兄の言葉「耐え抜けばやれる。自分から挫けるな」を思い出すルイ。
ある日ルイは、アメリカ本国で「オリンピック選手のザンペリーニは戦死した」ことになっていると告げられる。
プロパガンダのため、ラジオ・トーキョーで自らの生存を伝えるよう要請されるルイ。
無事に放送を終えるが、上層部はルイに対し、アメリカの悪口を言い、彼を捕らえている日本軍をほめそやすような放送に協力するよう、おいしい食事や甘い条件を出して説得する。
彼は拒否し、大森収容所に戻る。
戻ってきたルイに、「意志が強く、私と同じだ」と嬉しそうな渡辺。
しかしすぐに「私の友達になれる奴だと思ったが、お前は日本の敵だ」と怒りのボルテージを上げ、捕虜全員に一発ずつ頬を殴るように命令を下す。
クリスマス休暇、捕虜による“シンデレラ”が上演され、希望に満ちた稀な瞬間が訪れた。
そんな中、渡辺が昇進のため大森を去ることが発表され、つかの間の平穏な日が訪れるのだが。。。。

(公式サイトより引用)

ネタバレ感想

分量としては『フォレスト・ガンプ』みたいに主人公ザンペリーニの一生を描いているのですが(幼少期の走ってる描写はフォレスト・ガンプの既視感が)、大半が海の上で47日間漂流した話と日本軍に捕虜として収容されてた話に時間を割いていて、そこを中途半端に丁寧に描写しているので、映画としては間延びしちゃっているというか、テンポが悪いというか。

事実に基づく話として淡々と描写するスタイルならそれでもいいのですが、その場合にはもう少しリアリティが欲しいところです。

例えば、ザンペリーニが渡邊の命令で捕虜の皆に殴られますが、あれが事実かどうかは別にして、普通に考えてあんな人数に殴られたら死んじゃうと思いますし、顔が腫れてもっと酷いことになってたと思うんですが、そういう所は描写せずで片手落ちな感じがしました。

映画のテーマはタイトル通りアンブロークン、不屈の精神を貫き通すこと。
そして相手を許すことなのだそうですが、それが映画全編を通して語りかけられるのではなく、最後の最後にキャプションみたく字幕の文字で説明されている点が、この映画を完全にダメにしてる点です。

文字にするなら映画である必要がないですし、そもそも、彼がなぜあそこまでの不屈の精神を手に入れるようになったのか、という部分を描くべきである幼少期の描写が弱いんですよね。

映画はゼロ戦との戦闘シーンから幼少の頃の回想シーンに入りますが、フォレストガンプみたいに幼少の頃からを時系列で描写した方がよかったと思いますし、序盤こそ家族との描写を丁寧に描くべきだったかなと思います。

なので、ラスト、助かって家族と再会してもあまり感動しないんですよね。

うーん、ゼロ戦との戦闘シーンとかは面白いですけど(ゼロ戦はえーって思いました)、前述したように漂流と捕虜で間延びして面白くないんですよねー。
抑揚をつけないよう淡々と描写してる割にサメでビックリさせるようなエンタメ性のある描写があったり、何か映画としてあんまり上手くなかった印象が残りました。

鑑賞データ

渋谷イメージフォーラム 当日一般料金 1800円
2016年 14作品目 累計19400円 1作品単価1386円

スポンサーリンク
広告(大
広告(大

シェアする

フォローする