eigamanzai

映画感想

SUNNY 強い気持ち・強い愛 評価と感想/オリジナルより面白かった

ミジェーンのショップ袋で吹いたw ☆4.5点 韓国では2011年に公開されると観客動員740万人と大ヒットを記録し、日本でも2012年に公開された『サニー 永遠の仲間たち』のリメイク作品。 オリジナルでは1980年代後半だった時代設定を...
映画感想

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー 評価と感想/前作より面白かった

リリー・ジェームズの起用がよかった ☆4点 スウェーデンの音楽グループABBAのヒット曲で構成され、1999年にウエストエンド、2001年にブロードウェイで上演され大ヒットしたミュージカルを2008年に映画化し、当時のミュージカル映画史上...
映画感想

検察側の罪人 評価と感想/遠回しに政権批判したらヘンテコ映画が出来たでござる

オリジナル脚本でやるべき ☆2.5点 映画化もされた『犯人に告ぐ』の原作者・雫井脩介が2013年に刊行し、「週刊文春ミステリーベスト10」の4位や「このミステリーがすごい! 」の8位となった、検察を主人公にしたミステリー小説を原田眞人監督...
広告
映画感想

オーシャンズ8 評価と感想/ゴージャスとはこういうことだ

アン・ハサウェイのむちむちで+0.5点 ☆4点 監督スティーブン・ソダーバーグ×主演ジョージ・クルーニーで制作されていた『オーシャンズ』シリーズの第4弾で、今回は両名が製作に回り、窃盗チームをオール女性キャストにした作品。 監督はゲイリ...
映画感想

タリーと私の秘密の時間 評価と感想/頑張るお母さん応援映画です

真実を知ったら泣けてくる ☆4.5点 2007年に公開された『JUNO/ジュノ』でアカデミー脚本賞を受賞した監督ジェイソン・ライトマン×脚本ディアブロ・コーディのコンビによる『ヤング≒アダルト』に続く第3弾。 3人目の子が生まれた母親と...
映画感想

インクレディブル・ファミリー 評価と感想/更に進化したCGが楽しい

アクションとビジュアルが凄い ☆4点 2004年に公開された『Mr.インクレディブル』の14年ぶりの続編で第20作目となるピクサーアニメ。 前作から3か月後を描いた作品で、監督も前作から引き続きブラッド・バード 声の出演も前作から引き...
映画感想

2重螺旋の恋人 評価と感想/『戦慄の絆』を想起させるが、どちらかというと

これは原題より上手い邦題かも ☆4点 米国の女性作家ジョイス・キャロル・オーツが1987年にロザモンド・スミス名義で刊行した短編小説「Lives of the Twins」をフランスの映画監督フランソワ・オゾンが翻案脚本して映画化。 元...
映画感想

ミッション:インポッシブル/フォールアウト 評価と感想/集大成的な作り

流れるような作りが逆に物足りなくもあり ☆4.5点 トム・クルーズ製作主演のスパイアクション『ミッション:インポッシブル』シリーズの第6作目。 前作『ローグ・ネイション』で登場した謎のテロ組織シンジケートの残党による核攻撃の脅威から世界...
映画感想

イマジネーションゲーム 評価と感想/この2人の主演というのが謎過ぎる

ある意味当て書きだったのかもしれない ☆2点 テレビドラマや映画音楽をよく手掛けている作曲家・菅野祐悟の企画プロデュースで、ワハハ本舗の久本雅美と元AKBの板野友美をW主演に迎えたサスペンス。 ネット上では別の顔を持つキャリアウーマンと...
映画感想

追想 評価と感想/新婚旅行初夜、暴発の行方

真面目なフリしたギャグ映画な気が ☆3.5点 イギリスの文学賞、ブッカー賞の常連で1998年に刊行した「アムステルダム」で同賞を受賞したイギリス人作家イアン・マキューアンが2007年に発表した小説「初夜」の映画化で自身も脚本を担当。 監...