ヒメアノ~ル 評価と感想/圧倒的なチェンジオブペースの上手さ

映画感想
スポンサーリンク

おもしろかったなー! ☆5点

予告編

(YouTube V6森田剛主演『ヒメアノ~ル』予告編

映画データ

(シネマトゥデイ)

ヒメアノ~ル (2016) - シネマトゥデイ
過激な内容で話題になった古谷実の人気コミックを、V6の森田剛を主演に迎えて実写映画化。

(ぴあ映画生活)

ヒメアノ〜ル|映画情報のぴあ映画生活
『ヒメアノ〜ル』は2016年の映画。『ヒメアノ〜ル』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。

吉田恵輔監督作はひょんなことから観た『ばしゃ馬さんとビッグマウス』が思いのほか面白くて、近年見た邦画の中でも”桐島”に匹敵するくらい良くて、自分の中では要注目の監督さんです。

ばしゃ馬さんとビッグマウス 評価と感想/夢の諦め方
まさか、まさかの  ☆5点 予告編 映画データ (シネマトゥデイ) (ぴあ映画生活) 予備知識も入れず、ただお目当ての役者さんが少し出演されてると知って映画館に足を運んだ『ばしゃ馬さんとビッグマウス』 いやー、面...

その後の『麦子さんと』と『銀の匙 Silver Spoon』も劇場で観ました。

麦子さんと 評価と感想/脚本:吉田恵輔・仁志原了が紡ぎだす空気
「あまちゃん」っぽい感じもしますよ  ☆4.5点 『ばしゃ馬さんとビッグマウス』の吉田恵輔監督、脚本・仁志原了のコンビによるオリジナル脚本で主演は堀北真希 幼い頃に捨てられ母に反発してたヒロインが納骨のために訪れた亡母の故郷でその思いを知る。共演に松田龍平、余貴美子
銀の匙 Silver Spoon 評価と感想/北の国から2014
北の国から  ☆4点 (あらすじとかは映画.comさんでどぞ) 『ばしゃ馬さんとビッグマウス』や『麦子さんと』で最近気になる吉田恵輔監督の最新作を観てきました。 前2作のオリジナル脚本と違って今回は漫画原作ということで、お手並み拝...

今作『ヒメアノ~ル』は、予告編の前半と後半ではガラッと変わる雰囲気や、自分が好きなサイコスリラーのジャンルということもあって大変楽しみにしていました。

「行け!稲中卓球部」でお馴染みの古谷実さんの漫画原作は未読です。

映画は冒頭から濱田岳さんとムロツヨシさんの演技が、吉田演出にピタリとはまって何とも面白い空気を醸し出していました。

吉田監督の演出は、何気ない日常をゆる~い感じで描くのが特徴で、そこの部分がとても上手くて面白いのです。
ばしゃ馬さんでも居酒屋のシーンがあったのですが、今作の居酒屋シーンなどもとても面白かったです。

で、今までの吉田作品は人情喜劇のドラマ作品が主で、サイコスリラーのジャンルなんて想像もつかなかったんですけど、映画が始まって何十分後(4~50分後?)に現れたタイトルクレジットから一気にサイコスリラーに突入して、そのチェンジオブペースぶりといったら見事でした。

前半でゆる~い日常部分を描きながら、森田剛さん演じる森田正一の不穏さをちょくちょく挟み込み、後半それを一気に回収する展開は原作通り?だとしても、とても上手かったなぁと思います。

今回の映画で特筆すべきは、やはり森田剛さんの演技で、あの雰囲気は凄かったです。
最初に濱田さんと会話する喫茶店のシーンでの空気感とか、平気で嘘を付く感じ、「この人、何を言ってるんだ?」みたいになる空気感は、『冷たい熱帯魚』のでんでんさんを彷彿させました。
日本映画でも稀にみる殺人鬼役だと思います。

吉田監督はばしゃ馬さんでも関ジャニの安田章大さんを起用してたのですが、このときの安田さんも非常に素晴らしくて、ジャニーズ使いがとても上手いなと思います。
今作に森田さんをキャスティングしたのも、森田さんの舞台での演技を見ていたからだそうで、キャスティング能力は非常に高いと思います。

またキャスティングといえば、森田にたかられている同級生・和草役の駒根木隆介さんとその彼女役の山田真歩さんは、入江悠監督の『SRサイタマノラッパー2』で共演してて、そこでの演技がとても良かったのですが、今作もとてもよかったです。
あの二人の殺され方で、森田の恐ろしさが更に引き立ちました。

濱田岳さんはおっぱい揉んだり安定の役得(笑)
ムロツヨシさんは言わずもがなの演技で素晴らしかったです。
佐津川愛美さんは初めて見た女優さんなんですが、前田敦子さんに似てるなと思いました。
ウィキペディア見たらかなり映画に出演されてて観た映画もあるんですが気づかなかったです。
これから要注目の女優さんだと思いました。

ところでラストは原作と違うんですかね?
仮に違ってたとしても、あれは良い改変で、吉田監督らしい優しさに溢れた展開だったなと思います。
サイコスリラーを見に行ってまさか泣く展開になるとは思いもよりませんでしたが、鑑賞後感を良いものにしてたと思います。
傑作です。

鑑賞データ

TOHOシネマズ六本木 シネマイレージデイ 1400円
2016年 58作品目 累計68100円 1作品単価1174円

コメント