ういらぶ。 評価と感想/なぜ「DAISUKI!」風?

ういらぶ。 評価と感想
広告

佐藤祐市監督でも如何ともし難く ☆1点

小学館の少女漫画雑誌Sho-Comiに2015年から連載され、LINEマンガの少女部門で月間1位になり、累計180万部を超えた星森ゆきも作「ういらぶ。-初々しい恋のおはなし-」の実写映画化作品。
同じマンションに住む幼馴染の高校生、凛、優羽、暦、蛍太は美男美女の仲良し4人組。
凛と優羽は両想いだが、お互い好き過ぎる為、凛は事あるごとに「お前はゴミクズでダメなヤツ」と言ってしまい、言われ続けた優羽も自信を無くしお互い告白出来ずにいる。
それをずっとそばで見守る暦と蛍太はやきもきするが、優羽の前にはっきり好きだと告白する和馬という男が現れたことにより、凛と優羽の関係に変化が訪れる様を描いたラブストーリー。
監督は『キサラギ』や『ストロベリーナイト』の佐藤祐市、主演にジャニーズグループKing & Princeの平野紫耀と桜井日奈子、共演に玉城ティナと磯村勇斗

予告編

映画『ういらぶ。』本予告60秒 11.9[Fri.]ROADSHOW!

映画データ

ういらぶ。|映画情報のぴあ映画生活
『ういらぶ。』は2018年の映画。『ういらぶ。』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。

本作は2018年11月9日(金)公開で、全国217館での公開です。
配給はアスミック・エースで、制作プロダクションはアスミック・エースと共同テレビジョンで製作委員会方式で作られてます。

劇場での予告編はそんなに目にしなかった気がするんですが、桜井日奈子さんの初主演作だった『ママレード・ボーイ』の感想を書いてるときに、本作が公開されるのを知りました。

ママレード・ボーイ 評価と感想/スワッピング両親と淫行教師
絶対的に何かがおかしいw ☆3点 集英社の漫画雑誌「りぼん」に1992年~1995年まで連載され、1994年にテレビアニメ化、2001年に台湾でドラマ化された吉住渉の同名漫画の実写映画化。 監督は廣木隆一、主演に桜井日奈子、吉沢亮、共演...

公開直前までは、明らかにスイーツ映画ですしジャニーズ映画なのでスルーしようかなと思ってたんですが、本作の2か月前に公開された『累 かさね』が漫画原作にも拘わらず非常によかった佐藤祐市監督だったので、観に行ってみました。

累 かさね 評価と感想/トラボル太鳳とニコラス芳根が素晴らしい
Wの悲劇+ガラスの仮面、そしてフェイス/オフ ☆5点 2013年から2018年まで漫画雑誌イブニングに連載されていた松浦だるま作の同名漫画の実写映画化。 伝説の女優の娘で卓越した演技力を持ちながらも顔が醜い主人公が、母が残したキスした相...

例によって例のごとく漫画原作の存在すら知らず、未読での鑑賞です。

監督は佐藤祐市さん
近作は『ストロベリーナイト』『脳内ポイズンベリー』『累 かさね』を観てます。

主演に平野紫耀さん
映画出演は3本目で主演作としては2作目ですが、初主演作の『honey』はスルーしたので劇場では初めましてです。

honey 豪華版 [Blu-ray]
平野紫耀
¥ 5,501(2019/02/25 12:54時点)

ドラマは「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」を見てましたが、2話ぐらいで脱落しました。

主演に桜井日奈子さん
近作は『ラストコップ THE MOVIE』『ママレード・ボーイ』を観てます。

共演に玉城ティナさん
近作は『貞子vs伽椰子』『PとJK』『サクラダリセット 前篇後篇』を観てます。

共演に磯村勇斗さん
近作は『恋は雨上がりのように』を観てます。

共演に桜田ひよりさん
近作は『脳内ポイズンベリー』『東京喰種 トーキョーグール』『祈りの幕が下りる時』を観てます。

共演に伊藤健太郎さん
近作は『俺物語!!』『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』『サクラダリセット 前篇後篇』『犬猿』『コーヒーが冷めないうちに』を観てます。

他に共演と配役は以下の通りです。

和泉凛: 平野紫耀
春名優羽: 桜井日奈子
坂下暦: 玉城ティナ
藤蛍太: 磯村勇斗
佐伯実花: 桜田ひより
佐伯和真: 伊藤健太郎

あらすじ

同じマンションに住む幼なじみ4人組。お互い“大好きすぎて「好き」って言えない”こじらせまくりの凛(平野紫耀)と優羽(桜井日奈子)、そんなふたりを心配して見守る暦(玉城ティナ)と蛍太(磯村勇斗)。最強幼なじみチーム4人の前に、“好きなら好きとハッキリ言う”ライバル兄妹・和真(伊藤健太郎)と実花(桜田ひより)が現れる。ずっとこのまま変わらないと思っていた2人の恋と4人の友情は、思わぬ方向へ動きはじめて!?

公式サイトより引用)

ネタバレ感想

うーん、結論から言ってしまえば、若手演技派の土屋太鳳さんと芳根京子さんを配して、漫画原作だった『累 かさね』を極上のエンタメ作品に仕上げた佐藤祐市監督の腕をもってしても、如何ともし難かったようで、全く見るべき所の無いスイーツ映画でした。

というか、はっきり言って2018年No1.クソスイーツ映画だと思います。
でも2018年は『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』という、圧倒的ワースト作品があったので、ワースト作品は免れた気がします。

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!! 評価と感想/ヒドかった
監督のオナニーを延々見せられる107分 ☆0点 テレビドラマ「時効警察」や「熱海の捜査官」を演出した三木聡監督によるオリジナル脚本のロックコメディ。 声帯ドーピングによる奇跡のシャウトが維持出来なくなりそうなカリスマロックシンガーと声が...

まぁ本作の感想を読むとだいたいの人が挙げていますが、凛のモラハラが酷くて観てて吐き気しかしないんですよね。

同時にこれも漫画原作だそうですが、映画『ういらぶ。』が「女性蔑視が酷過ぎて女性に不快感を与える」ということで、アジア以外の権利市場では引きがまったくなかったそうで…配信権取引のプロである友人が「日本ズレてるから」と言ってたけど、確かに呆れるストーリー。
まとめました。 更新日:11月8日23時04分
彼をチェック! 「モラハラ男」の特徴と対処法~見分け方と別れ方~
好きな人や彼氏が「モラハラ男」かもしれな...

それで漫画原作はLINEマンガで人気が出たみたいですけど、そこでのユーザーレビューでもモラハラにゲンナリしてる人が多いみたいなんですよね(あと、アマゾンのカスタマーレビューとかでも)。

ういらぶ。ー初々しい恋のおはなしー 1巻|星森ゆきも|LINE マンガ
ういらぶ。ー初々しい恋のおはなしー 1巻|幼なじみの凛に「お前はゴミクズでダメなヤツ」と言われ続け自分に自信が無い美少女・優羽。そんな2人を見守る同じマンションのご近所さん暦と蛍太。優羽を好きすぎる凛と、けなげに凛を思い続ける優羽の激キュンピュアラブストーリー!

まぁ「壁ドン」に代表されるように、こういうオレ様男子とか、ドS男子とかは少女漫画の専売特許キャラで、それにキュンキュンする読者がいるのも分かるんですが、それを実写でやっちゃうと不快感の方が勝ってしまう気がします。

こういうモラハラ的表現は少女漫画のマーケット内でそれに胸キュンする読者が楽しんでる分にはいいと思うのですが、映画のマーケットに出てしまうとアンチの声の方が大きくなってしまうと思うんですよね。

本作はヤフー映画とフィルマークスのレビューで2.8点台、映画.comが少し高くて3.3点で、レビュー数自体がこの規模の映画にしては少ない気もしますが、おそらく出演者のファンの鑑賞がメインであろう作品で、ヤフーとフィルマークスで評価が2点台なのはかなり残念な映画なんだと思います。

また、前述したLINEマンガのレビューも、映画きっかけで漫画を読んだ人のレビューが原作の評価を押し下げていて、こうなってくると「映画化したのは誰得なんだろ?」と思いました。

本作はSho-Comi創刊50周年事業の一環としての映画化だったようで、2017年12月に公開された『未成年だけどコドモじゃない』(劇場鑑賞してました)、2018年10月公開の『あのコの、トリコ。』(未見です)に続く映画化だったようです。

未成年だけどコドモじゃない 評価と感想/潔いまでのスイーツ映画
見どころは高嶋政宏夫妻の夢の共演か ☆2.5点 2013年から2016年まで「Sho-Comi」に連載されてた同名少女漫画の実写映画化で監督は『ヒロイン失格』の英勉 主演にSexy Zoneの中島健人、平祐奈、Hey! Say! JUM...
“恋愛漫画のバイブル”「Sho-Comi」創刊50周年!  映画化3作目『ういらぶ。』は究極のこじらせラブストーリー | ガジェット通信 GetNews
人気少女マンガ誌「Sho-Comi」(小学館)はこれまで、乙女たちに時に甘い、時に切ない、時に大人っぽい、恋によるトキメキを届けてきました。そんな

『未成年だけどコドモじゃない』がヤフー映画3.23点、映画.com3.3点、フィルマークス3.4点

『あのコの、トリコ。』がヤフー映画2.97点、映画.com2.9点、フィルマークス3.1点

だったので、興収は別として、映画化としての作品の出来は本作一番悪かったと思うのですが、それもやっぱりモラハラ描写を実写でやることの難しさだったと思います。

凛を演じたキンプリの平野さんを花男で初めて見たときは、かなりのイケメンだと思いましたが、本作の凛には吐き気しかしなかったので、役とはいえ個人的にはマイナスのイメージとなってしまいました。

ひと頃は「ジャニーズ映画だからといって侮るなかれ」と思っていて、2013年の関ジャニ∞の安田章大さんが主演した『ばしゃ馬さんとビッグマウス』や、2015年にこれまた関ジャニ∞の渋谷すばるさんが主演した『味園ユニバース』などは本当に素晴らしかったのですが、最近は、特に2015年~16年のSMAP解散騒動以降、「やっぱりジャニーズ映画か」と思うことが多くなってしまいました。

ばしゃ馬さんとビッグマウス 評価と感想/夢の諦め方
まさか、まさかの  ☆5点 予告編 映画データ あらすじ 学生時代からシナリオライターを目指しているけれど、なかなか芽の出ない馬淵みち代(麻生久美子)は、友人のマツモトキヨコ(山田真歩)を誘って社会人コースのシナリオ...
味園ユニバース 評価と感想/渋谷すばるさんが素晴らしい!
渋谷すばるさんが素晴らしいです ☆5点 予告編 映画データ あらすじ 大阪。広場で行われていたバンド【赤犬】のライブに、ふらふらと現れた男(渋谷すばる)。マイクを奪い、声を放つや、会場は水をうったように静まりかえる。...

なので出演者にも原作者にも得にならない映画化だと思ったんですが、それを演出する佐藤監督も何を血迷ったのか、章立てになってる訳でもないのに本編中唐突にアイキャッチを差し込んでくるんで、もう苦笑するしかありませんでした。

映画『ういらぶ。』6秒予告(アイキャッチ編)11.9[Fri.]ROADSHOW!

そしてこのアイキャッチを観たときに日本テレビで1991年から2000年まで放送されていた「DAISUKI!」の完全なパクリだと思ったんですが、これは1962年生まれでバブル時代を謳歌したであろう佐藤監督の郷愁の現れなんでしょうかね。

DAISUKI! CM前の「ダイスキ!」集 篠原涼子・仲間由紀恵etc

というのも佐藤監督は長年フジテレビのドラマの演出を手掛けていたので、フジテレビの社員ディレクターかと思っていたのですが、実際はフジテレビのグループ会社の共同テレビジョンの子会社のベイシアに長年在籍してたようで現在は共同テレビに所属してるようですが、現在はTBSのドラマの「メゾン・ド・ポリス」の演出を手掛けていて、フジテレビのドラマじゃないって珍しいなと思ったんですが、これもフジテレビの凋落が要因の一つかと思いまして、バブルといえばフジテレビでしたから、その郷愁があるのかな?なんて思った次第です。

八木亜希子が語る「壊れた大人がいっぱいいた」バブルとフジテレビ | 文春オンライン
「テレビはつまらない」「テレビ離れ」など、テレビにまつわる話にはネガティブなものが多い。しかし、いまなお、テレビは面白い!そんな話をテレビを愛する「テレビっ子」たちから聞いてみたいというシリーズ連載の…
長野智子キャスター、バブル期の古巣フジテレビは「考えるというイメージがない」
 フジテレビアナウンサーの島田彩夏(43)、元フジテレビで報道キャスターとして活躍している長野智子(55)とフリーアナウンサー・八木亜希子(52)が6日放送の同局系「ボクらの時代」(日曜・前7時)に出演。島田が先輩2人に【芸能】
バブル崩壊後セットも現実的に、フジ局員明かすドラマ制作裏側 | 女性自身
時代の空気や、女性の生き方を映し出し、数々の話題を生んできたテレビドラマ。懐かしの名作と共に“平成の30年間”をプレーバック! フジテレビ美術制作局がドラマ制作の裏側を明かしてくれた。   【平成前期】バブル崩壊後はセットも“現実的”路線へ――   「トレンディドラマ全盛時と違って、『東京ラブストーリー』、『101回目...

しかし、本作を鑑賞しに来てる年齢層を考えると「DAISUKI!」を全く知らないであろう世代だと思うんですが、バブリーダンスや平野ノラさんがウケている昨今なんで、その線を狙ったんでしょうか?全く謎でした。

そして映画の内容とは直接関係無いですが、自分の斜め前に座っていた2人組の若い女性の鑑賞マナーが酷かった(笑)
上映中はずーっとお喋りしていて、まぁ劇伴とかかかっているんでそんなには気になりませんでしたが、「この映画にしてこの観客」と思ってしまいました。
そして一番最後に驚いたのはエンドロール中にツーショットで自撮りしだしたことでしたが、エンドロールが終わって館内が明るくなると納得しました。

日本人じゃなくて中国人でした。
なので仕方が無いと思ったんですが、何で観に来たんだろう?と思いまして、願わくば平野さんのファンじゃなけれないいなと思いました。

鑑賞データ

TOHOシネマズ上野 シネマイレージ6P無料鑑賞 0円
2018年 181作品目 累計162000円 1作品単価895円

コメント