ばしゃ馬さんとビッグマウス 評価と感想/夢の諦め方

映画感想
スポンサーリンク

まさか、まさかの  ☆5点

予告編

映画データ

(シネマトゥデイ)
https://www.cinematoday.jp/movie/T0016061
(ぴあ映画生活)
http://cinema.pia.co.jp/title/160963/
予備知識も入れず、ただお目当ての役者さんが少し出演されてると知って映画館に足を運んだ『ばしゃ馬さんとビッグマウス』

いやー、面白かった!!
今年の邦画では自分的には『恋の渦』が1位だったのですが、それに匹敵する面白さ。


正確には『恋の渦』は舞台を元にした映画なので、映画らしい映画でいえば『ばしゃ馬さんとビッグマウス』が上回るか!?というくらい面白かったです。

吉田恵輔監督作はもちろん初めてで、お名前も存じ上げなかったのですが、以前の作品も面白いようで、またこれから公開作が続々と控えてるようで気になる監督さんになりました。

映画はプロのシナリオライターを目指す二人の夢と現実がリアルに描かれていて、圧倒的に脚本が面白いと思いました。
実際劇中の二人は吉田監督と共同脚本の仁志原了さんをモデルにしてるようで実体験が反映されてるのだろうなと思いました。

映画でも言ってましたが、夢って叶う人と叶わない人がいれば、圧倒的に叶わない人の方が多いと思うのですが、個人的には「夢を持ち続けられる」ってことが一番難しいのかなぁ、なんて思ったりしています。

あと、劇中の曲がとても良くて、音楽のかみむら周平さんのインストに大変感動しました。
安田章大さんの歌詞のないハミングの唄も何気に良い曲で面白さもあってなかなかです!

映画は公開からまだ5日くらいで平日の夜に観に行ったのですが、それほどお客さん入ってなくて、観ていたお客さんの8~9割は女性で関ジャニ∞の安田さんを見に来たのかなと思いましたが、ジャニーズと侮るなかれ、安田さんの演技はホント素晴らしかったですし、麻生さんは言わずもがな。

映画好きな方にはおすすめですし、普遍的なテーマなのでどなたが見ても面白いと思います。

夢を追うっていうテーマの青春映画では傑作だと思います。

鑑賞データ

シネクイント チケットリターン割引 1000円

コメント