味園ユニバース 評価と感想/渋谷すばるさんが素晴らしい!

スポンサーリンク
広告(大)

渋谷すばるさんが素晴らしいです ☆5点

予告編


映画データ
映画『味園ユニバース』の作品情報:関ジャニ∞の渋谷すばるが初めて単独で映画主演を果たした人間ドラマ。渋谷がふんした歌う以外の記憶を喪失した男が、とあるバンドマネージャーの少女と関わりを持ったことで過去と向き合い、自らを見つめ直す姿を描く。
『味園ユニバース』は2015年の映画。『味園ユニバース』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。
いやー、ジャニーズということで毛嫌いして観ない方がいるとすれば勿体ないと思います。
自分はジャニーズについてそこまで詳しくないですが、昔「東のタッキー、西のすばる」と呼ばれていたことは頭の片隅に残っていて、Jr時代は相当な逸材だったらしいと。
それが、関ジャニ∞としてメジャーデビューして十年、横山裕さんや錦戸亮さんの名前は見るけど、渋谷さんはあまり名前を見ないなぁと思っていたところでした。
どこがどう凄いかまでは知らなかったのですが、歌がめちゃめちゃ上手かったのですね。

今作「味園ユニバース」は山下敦弘監督作品で、山下作品は「苦役列車」しか観たことないですが中々好きな作風です。現在TV放送中の「山田孝之の東京都北区赤羽」も見てますがこちらも面白いです。

この「味園ユニバース」は最近の邦画では珍しいオリジナルストーリーです。
刑務所帰りで記憶を失った男が、歌を頼りに記憶を取り戻し、過去の自分と対峙していくお話。

精気を失った目や佇まいの裏に見える凶暴さ。広場で和田アキ子さんの「古い日記」を歌い上げる歌唱力。この映画全編で放たれる渋谷すばるの存在感たるや素晴らしかったです。
アイドルらしくない振る舞いで不遇の時代を過ごした渋谷さんに、当て書きしたかのような脚本が嵌った面もあると思いますが、テレビの枠では収まりきらない新たな映画俳優が誕生したと思いました。

この映画、ストーリー自体は平凡ですが、全体を通しての雰囲気がいいんですよねー。有名な役者さんもそれほど出てませんがそれが逆に登場人物のリアルさに繋がったり。
赤犬というバンドと渋谷すばるを組み合わせた化学反応の妙は山下監督の手腕だと思います。

思えば2013年に観た『ばしゃ馬さんとビッグマウス』も関ジャニ∞安田さん主演でしたが結果的には自分の中では2013年ベストワンの映画になりましたし、ジャニーズといって侮る無かれとは常々思っています。

TOHOシネマズ六本木 シネマイレージデイ 1400円

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

フォローする

関連コンテンツ