ヴェノム 評価と感想/東京喰種 トーキョーグールは割と頑張っていた

ヴェノム 評価と感想

なので両作とも続編が作られることになりました ☆3.5点

マーベル・コミック「スパイダーマン」に登場するスーパーヴィラン「ヴェノム」を単独主人公に据えたマーベル・シネマティック・ユニバースとは連動しないソニー・ピクチャーズ作品。
人体実験で死者が出てると噂される財団に潜入取材した新聞記者が、シンビオートという地球外生命体に寄生されたことにより、凶暴・凶悪なヴェノムと化していく葛藤を描いたダークヒーロー映画。
監督はルーベン・フライシャー、主演にトム・ハーディ、共演にミシェル・ウィリアムズ、リズ・アーメッド

予告編

映画『ヴェノム』予告3 (11月2日公開)

映画データ

ヴェノム|映画情報のぴあ映画生活
『ヴェノム』は2018年の映画。『ヴェノム』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。

本作は2018年11月2日(金)公開で、全国352館での公開です。
配給はソニー・ピクチャーズ

監督はルーベン・フライシャー
監督作は未見ですが、劇場長編映画デビュー作の『ゾンビランド』のヒットで有名になり、その後『ピザボーイ 史上最凶のご注文』『L.A. ギャング ストーリー』を監督して本作が長編映画4作目となります。

今後の監督作にゾンビランドの続編が控えています。

「ゾンビランド」続編、オリジナルキャスト4人&監督が復帰 : 映画ニュース - 映画.com
2009年に公開された人気ホラーコメディ「ゾンビランド」の続編に、前作の主要キャストであるジェシー・アイゼンバーグ、ウッディ・ハレルソン、エマ・ストーン、アビゲイル・ブレスリンがカムバックすることを、米ソニー・ピクチャーズが発表した。「ゾン

主演はトム・ハーディ
近作は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』『チャイルド44』『レヴェナント:蘇えりし者』『ダンケルク』を観てます。

共演にミシェル・ウィリアムズ
近作は『マンチェスター・バイ・ザ・シー』『グレイテスト・ショーマン』『ワンダーストラック』『ゲティ家の身代金』を観てます。

共演にリズ・アーメッド
近作は『ナイトクローラー』『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を観てます。

他に共演と配役は以下の通りです。

エディ・ブロック/ヴェノム: トム・ハーディ
アン・ウエイン: ミシェル・ウィリアムズ
カールトン・ドレイク/ライオット: リズ・アーメッド
トリース: スコット・ヘイズ
ダン・ルイス: リード・スコット
ドーラ・スカース: ジェニー・スレイト
マリア: メローラ・ウォルターズ
リチャード: エミリオ・リベラ
クレタス・キャサディ: ウッディ・ハレルソン

あらすじ

敏腕記者エディ・ブロック(トム・ハーディ)は、人体実験で死者をだしているという<ライフ財団>の真相を追う中、ある“最悪な”ものを発見し、接触してしまう。それは<シンビオート>と呼ばれる地球外生命体だった。

この意思を持った生命体との接触により、エディの体は寄生され、その声が聞こえるようになる。「一つになれば、俺たちはなんだってできる」とシンビオートはエディの体を蝕み、一体化し、ヴェノムとして名乗りを上げる。ヴェノムはそのグロテスクな体で容赦なく人を襲い、そして喰らう。相手を恐怖に陥れ、目玉、肺、そしてすい臓…体のどの部位も喰い尽くす。

エディは自分自身をコントロールできなくなる危機感を覚える一方、少しずつその力に魅了されていく――。

公式サイトより引用)

ネタバレ感想

感想書くのモタモタしてたらデジタル配信は2019年2月6日(水)、ブルーレイ&DVD発売は2019年3月6日(水)からみたいなので手短にいこうと思います。

まず劇場では予告編をたいへんよく目にしたんですけど、予告編から受けた印象はこんな感じでした。


そして本編を観た印象もそのまんまで、エディ・ブロックとヴェノムの関係は『寄生獣』の泉新一とミギーの関係で、ビジュアルは『東京喰種 トーキョーグール』でした。

東京喰種 トーキョーグール 評価と感想/早く、人間が食べたーい
つまらなくはないが面白くもなく ☆3.5点 予告編 映画データ 週刊ヤングジャンプに連載中の石田スイの漫画の実写映画化で監督は萩原健太郎 主演に窪田正孝、共演に清水富美加と鈴木伸之 例によって例のごとく原作...

なので、取り立てて目新しさは感じ無かったんですけど、通常のヒーロー誕生モノと違って、「仮面ライダー」の誕生みたいにダークで、寄生獣と東京喰種みたいに適度にグロかったので退屈することなく観れました。

さしずめライフ財団はショッカーといったところでしょうか。

本作でよかったのは、ミシェル・ウィリアムズが履いてたチェックのスカートが可愛いくてハッとしましたね(笑)

それで以前からミシェル・ウィリアムズ見るたびに、しょこたん(中川翔子)に似てるなと思ってたんですけど、本作でミシェル・ウィリアムズの吹き替えを担当してたんですね、観たのは字幕版でしたけど。

『ヴェノム』吹替版声優に中村獅童、中川翔子、諏訪部順一 中村「“最悪”ぶりに期待してください」
11月2日に公開される映画『ヴェノム』より、日本語吹替版のキャストが発表された。 本作は、マーベル・コミック史上、最も謎に満ちたダークヒーローと言われ、スパイダーマンの宿敵となる“ヴェノム”を主人公に据えたアクション大作。正義感溢れるジャーナリスト、エディ・ブロックは、人体実験の被験者との接触によ…

あと何故かヴェノムにまで変身してるんですけど、メイキングがちょっとセクシー(笑)

中川翔子が全身特殊メーク、悪役「ヴェノム」に変身

ヴェノムの弱点が周波数だったのは、ヴェノムの1か月ちょっと前に公開された『クワイエット・プレイス』と丸被りでしたが、そこはご愛嬌ってことで。

クワイエット・プレイス 評価と感想/なぜヒットしたか分からない
設定・状況・行動含めて甘いと思う ☆2.5点 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』や『ボーダーライン』で有名なエミリー・ブラント主演で、その夫で俳優兼監督であるジョン・クラシンスキーがオリジナル脚本で監督し、夫婦役で主演も務め、全米で大ヒ...

それから本作のCGを見てて、製作費の違いを考えると東京喰種のCGは頑張っていたんだなと思いました。

"赫子"、"クインケ"から喰種の戦闘まで。映画『東京喰種 トーキョーグール』ビジュアルマントウキョーの緻密なVFXワーク | 特集 | CGWORLD.jp
原作漫画から実写映画へ、実在しない赫子(カグネ)やクインケを見事に現実世界へ落とし込んだビジュ...

なので、そのせいかは分かりませんけど、本作ではエンドクレジットでウッディ・ハレルソン演じるクレタス・キャサディが出てきて続編を示唆してましたけど、東京喰種も続編の製作が決まったみたいでよかったなと思います。

ヴェノム続編、本格始動! - シネマトゥデイ
米ソニー・ピクチャーズが、映画『ヴェノム』続編の製作を本格的に始めているとVarietyほか各メディアが報じた。前作で共同脚本に名を連ねたケリー・マーセルが、引き続き脚本を担当するという。
実写『東京喰種』続編、公開日決定 窪田正孝&山本舞香の2ショット公開 - シネマトゥデイ
石田スイの人気漫画に基づく実写映画『東京喰種 トーキョーグール』続編の初日が2019年7月19日に決定し、併せて主人公・カネキ(窪田正孝)とヒロイン・トーカ(山本舞香)の2ショットが公開となった。

鑑賞データ

TOHOシネマズ日比谷 シネマイレージ6P無料鑑賞 0円
2018年 179作品目 累計160800円 1作品単価898円

コメント