過激派オペラ 評価と感想/レズる、レズる時、レズれば、レズれ!

過激派オペラ 評価と感想
広告

女性版『下衆の愛』かな?と  ☆3点

予告編

映画『過激派オペラ』予告編

映画データ

過激派オペラ (2016) - シネマトゥデイ
劇団「毛皮族」を設立した江本純子が初メガホンを取り、自身の自伝的小説「股間」を基につづる赤裸々な恋愛ドラマ。
過激派オペラ|映画情報のぴあ映画生活
『過激派オペラ』は2016年の映画。『過激派オペラ』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。

あらすじ

“女たらし”の女演出家・重信ナオコ(早織)は、一人の女優・岡高春(中村有沙)と出会い、劇団毛布教を立ち上げる。二人を取り囲む女優たちの嫉妬や欲望、剥き出しの感情が交錯し、やがて劇団は挫折していく。

MovieWalkerより引用)

ネタバレ感想

内田英治監督作『下衆の愛』の女性版かな?と思いました。

下衆の愛 評価と感想/映画という魔物に取りつかれた人々
とってもゲスかったでゲス  ☆4点 予告編 映画データ あらすじ 映画監督のテツオは40歳を目前にしながらも夢を諦めきれないパラサイトニート。映画祭での受賞経験が唯一の自慢。監督とは名ばかりで女優を自宅に連れ込む自堕...
下衆の愛
渋川清彦
¥ 400(2018/10/29 22:36時点)

映画監督にしても、舞台演出家にしても、演技指導という名の追い込みは、自己啓発セミナーや洗脳に近いですからね。

未だにこういうことはあるのかしら?

レズ描写は強烈!

鑑賞データ

テアトル新宿 水曜サービスデー 1100円(トーク付)
2016年 111作品目 累計125800円 1作品単価1133円

コメント