パシフィック・リム:アップライジング 評価と感想/話がさっぱり分からず

パシフィック・リム:アップライジング 評価と感想 映画感想
スポンサーリンク

完全にマーケットを中国に向けた作品かと ☆2点

ギレルモ・デル・トロ監督で2013年に公開された『パシフィック・リム』の10年後を描いた続編で、デル・トロ監督は製作総指揮に回り、監督はスティーヴン・S・デナイト
主演はジョン・ボイエガ、共演にスコット・イーストウッド、菊地凛子、新田真剣佑

予告編

映画データ

(シネマトゥデイ)

パシフィック・リム:アップライジング
映画『パシフィック・リム:アップライジング』の作品情報:2013年に公開されたSFアクション『パシフィック・リム』のシリーズ第2弾。平穏を取り戻した地球に進化したKAIJUが再び出現し、人類と激闘を繰り広げる。監督はドラマシリーズ「スパルタカス」などに携わってきたスティーヴン・S・デナイト。

(ぴあ映画生活)

パシフィック・リム:アップライジング|映画情報のぴあ映画生活
『パシフィック・リム:アップライジング』は2018年の映画。『パシフィック・リム:アップライジング』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。

本作は2018年4月13日(金)公開で、全国320館での公開です。
予告編はちょいちょい目にしましたが、あまり興味は惹かれなかったです。

シェイプ・オブ・ウォーター』でアカデミー作品賞と監督賞を受賞したギレルモ・デル・トロが監督した前作は未見ですが、本作では製作総指揮を執ってるということで、それなりに期待しての鑑賞です。

監督はスティーヴン・S・デナイト
初めましての監督さんで、映画作品は初監督のようです。
ネットフリックスドラマ『デアデビル』の製作総指揮を務めていて、シーズン1の13話で監督をしています。

Marvel デアデビル | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト
幼くして視力を失ったマット・マードック。昼は弁護士として、夜はスーパーヒーロー、デアデビルとして、ニューヨークの一角で悪との孤独な戦いを続ける。

主演はジョン・ボイエガ
近作は『ザ・サークル』『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』『デトロイト』を観てます。

共演にスコット・イーストウッド
近作は『スーサイド・スクワッド』『ワイルド・スピード ICE BREAK』『夜に生きる』を観てます。

共演に菊地凛子
近作は『ディアーディアー』『テラフォーマーズ』を観てます。

共演に新田真剣佑
近作は『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』『ピーチガール』『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』『不能犯』を観てます。

他に共演と配役は以下の通りです。

ジェイク・ペントコスト: ジョン・ボイエガ
ネイサン・ランバート: スコット・イーストウッド
アマーラ・ナマニ: ケイリー・スピーニー
ニュート・ガイズラー博士: チャーリー・デイ
リーウェン・シャオ: ジン・ティエン
ハーマン・ゴットリーブ博士: バーン・ゴーマン
チュアン司令官: マックス・チャン
ジュールス・レジェス: アドリア・アルホナ
森マコ: 菊地凛子
ヴィク: イヴァンナ・ザクノ
ジナイ: ウェスリー・ウォン
レナータ: シャーリー・ロドリゲス
イリヤ: リーヴァイ・ミーデン
スレシュ: カラン・ブラル
メイリン: リリー・ジー
タヒーマ: ラハート・アダムス
リョーイチ: 新田真剣佑

あらすじ

公式サイトやる気ないなぁ(笑)

映画『パシフィック・リム:アップライジング』
全世界で驚異的なヒットを記録したアクション超大作『パシフィック・リム』の熱狂から5年。イェーガー、超巨大KAIJU、日本上陸!新たな戦いの幕が開くアクション超大作、大ヒット上映中!

ストーリーもキャスト紹介も無いんで、あらすじはウィキペディアからどうぞ

Wikipedia(パシフィック・リム: アップライジング ストーリー)

ネタバレ感想

うーん、前作を見て予習しなかった自分も悪いんですけど、話がさっぱり頭に入ってきませんでした。
なんか画面を観てても、惹きつけられるものが無くて終始眠かったです。

予告編だと真剣佑さん結構出てる感じしますけど、殆どのシーンで見切れてましたね。

なので『OVER DRIVE-オーバードライブ-』まで待ちたいと思います。

ラストの東京での戦いも看板が気になって気になって、そっちばっかり見ちゃいました。

まぐろ大漁

「东」 「東」の簡体字

大興株?大典株?

2035年だから侵略されちゃってるのかな?

尖閣の領海侵入常態化…中国、海洋強国へ軍と連携
【北京=藤本欣也】強国路線を掲げる中国の習近平政権は、「海洋強国」の建設を加速させている。その一環として3月、尖閣諸島沖で領海侵入を繰り返す海警局(海上保安庁に…

うーん、ファンの方には申し訳ないんですけど、これ面白いんですかねぇ。

製作国が中国とアメリカみたいなんですけど、ボックスオフィス見ると製作費が1億5千万ドルです。

Box Office Mojo - Movie Index, A-Z
database index of movie information and box office results.

アメリカでは2018年3月23日(金)公開で、興収は5月3日現在で5898万ドルです。
ちなみに前作は公開から1か月ちょっとで1億ドル弱です。

中国も2018年3月23日(金)公開で、興収は4月22日現在で1億ドルです。
ちなみに前作も1億1千万ドルちょっとです。

中国での興収は変わらないみたいですけど、アメリカでは前作比60%ですので完全に失敗作じゃないかと思います。

鑑賞データ

TOHOシネマズ日比谷 ファーストデイ 1100円
2018年 74作品目 累計66900円 1作品単価904円

コメント