『ワイルド・スピード ICE BREAK』評価と感想/氷上のマッドマックス

スポンサーリンク
広告(大)

シャーリーズ・セロンの美しさよ ☆5点

予告編はこんな感じです


映画データはこちらからどうぞ
映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』の作品情報:世界的なヒットを記録したカーアクション『ワイルド・スピード』シリーズの第8弾。ヴィン・ディーゼルふんする主人公ドミニクの裏切りによって、強固な絆で結ばれていたファミリーが崩壊の危機にひんするさまを描く。
『ワイルド・スピード ICE BREAK』は2017年の映画。『ワイルド・スピード ICE BREAK』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。
ほぼ3年から2年に1本の割合で作られてる本シリーズも、本作で回を重ねること第8弾となりました。
本作からシリーズ完結(第10弾)に向けて動き出したらしく、シリーズ最終章となる3部作の1作目となるようです。

自分のワイスピ歴は前々作の『ユーロミッション』を劇場で観て、その面白さにびっくりたまげたんですが、その時の感想がこちらです。

『ワイルド・スピード EURO MISSION』評価と感想/敵の車がメンコ遊びのよう!
シリーズ初見です ☆5点 (あらすじとかは映画.comさんでどぞ)このシリーズ、初めて観たんですが、なんすかこれ?超おもし...
この時は、敵の特殊車両が強くて、車vs車の面白さが存分に発揮されて、往年の『激突』とかを彷彿させました。

続いて前作の『スカイミッション』
『ワイルド・スピード SKY MISSION』評価と感想/追悼ポール・ウォーカー
涙なしでは見られず  ☆4点 予告編はこんな感じです映画データはこちらからどうぞ前作の『ワイルド・スピード EUR...
前作はカーアクションという点では物足りなくて、個人的にはユーロミッションより評価低いんですが、ブライアン役のポール・ウォーカーが亡くなったことが映画内の出来事とリンクして特別な作品になっています。

それで、前作鑑賞後、WOWOWやHuluで全作やってたので見ましたが、やっぱりユーロミッションからスケールが大きくなってると感じました。
舞台がイギリスでロンドンの繁華街というのもあります。

そしてユーロミッションで初めてエンドロール後に次回に続くみたいな感じになるのですが、結果的に本作は、ユーロミッションとスカイミッションから話が続く感じです。
本作単体だけでも楽しめますが、前2作を観てる方がより深く楽しめる感じで、ソニーピクチャーズ版007の集大成である『007 スペクター』みたいな作りになってます。

『007 スペクター』評価と感想/ソニーピクチャーズ版007の集大成
色々てんこ盛りでお腹いっぱいです!  ☆5点 (あらすじとかは映画.comさんでどぞ)007を映画館で見るのは久しぶりで、...
(そういえば007スペクターもその前はスカイフォールで、タイトルがスカイでカブる)

本作はユーロミッションと同じく、車VS車が強調されてました。
ユーロミッションでのロンドンに対して、本作ではニューヨーク。
やっぱり先進国の都市部でのカーチェイスはかなり見応えがあります。

そして本作での敵、サイファー(シャーリーズ・セロン)の圧倒的強さ。


前2作にも影で関わっていた設定で、007でいうところのブロフェルドみたいな感じです。
スウォッチグループ ジャパンは14日、新作腕時計「007/ヴィラン・コレクション」の発売を記念して、都内でプレス・イベントを開催。会場では、映画007シリーズのDVDの字幕監修を務める酒井俊之氏らがトークイベントに出席し、映画と同コレクションにまつわる薀蓄を披露した。
圧巻なのは、NY中の車をハッキングして駐車場から転落させるあのスケール感で、一瞬、『インセプション』や『ドクター・ストレンジ』を観てるのかと思いました。
『ドクター・ストレンジ』評価と感想/映像は凄いけど脚本が
IMAX3Dで鑑賞 ☆3点 マーベル・シネマティック・ユニバースのフェイズ3で『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』は昨年劇場鑑賞しました。 今作は映画館で予告編を観なかった気がするんですが、公式サイトを見ても予告編なくて特報だけなんですね。
それと、シャーリーズ・セロンが出てるから、って訳ではないですが、本作はマッドマックス感がありまして、冒頭のキューバでの1マイル対決ではドミニク(ヴィン・ディーゼル)が乗るオンボロ車がすでにマッドマックスで走行中火の玉になるっていう。
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』評価と感想/ジョージ・ミラー監督最高です
マッドマックス2の面白さが再び  ☆5点 (あらすじとかは映画.comさんでどぞ)もう一年前くらいからTOHOシネマズの予...
そしてキューバからニューヨーク、アイスランドへと舞台を移し、潜水艦も交えて行われるカーチェイスはまさに氷上のマッドマックス!


いや、いったい幾ら製作費かかったんだろ?2億ドルじゃ収まらないだろうと思ったら、2億5千万ドルですって、奥さん!

細かいところを突っ込めばファミリーであったハンを殺したデッカード(ジェイソン・ステイサム)が仲間になるとかあり得ないんですけど、前2作で敵だったデッカードとオーウェン(ルーク・エヴァンズ)の兄弟も人の子、母役にヘレン・ミレンという大女優を擁したことによって力業でねじ伏せた感じも拍手喝采で、とにかくこの映画、予算かけた通りにテンション上がりますし、「ジェイソン・ステイサム版子連れ狼」では拍手喝采でございます。

DVDではなく映画館の大きなスクリーンで観なくてどうする?という映画で、是非、映画館に足を運んで頂きたい作品になっています。

TOHOシネマズ日本橋 シネマイレージデイ 1400円
2017年 68作品目 累計69400円 1作品単価1021円

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

フォローする