トランボ ハリウッドに最も嫌われた男 評価と感想/レッテル貼りの恐ろしさ

スポンサーリンク
広告(大)

重くなりそうなテーマだが面白く見れます  ☆4.5点

予告編はこんな感じです


映画データはこちらからどうぞ
映画『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』の作品情報:『ローマの休日』『ジョニーは戦場へ行った』などの名作を手掛けてきた脚本家ダルトン・トランボの半生を描く伝記映画。
『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』は2015年の映画。『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。
赤狩りの標的にされたハリウッドでも売れっ子脚本家だったダルトン・トランボの伝記映画です。

ハリウッドに吹き荒れた赤狩りの話は、エリア・カザンが仲間を売った話や、役者としてはB級だったロナルド・レーガンが俳優組合の委員長の職にありながら赤狩りに協力した話は知ってましたが、トランボのことは知りませんでした。
ましてや『ローマの休日』と『スパルタカス』の脚本が同じ人だったなんて!

映画は重くなりそうなテーマでしたが、『ブレイキング・バッド』で好演したブライアン・クランストンが不屈の精神の中にも軽妙さがあるトランボを見事に演じていて面白くみれました。
刑務所に収監されるシーンも、人間の尊厳を奪われるような出来事なのですが、クランストンの演技はそれも安々と飛び越えていて、ブレイキングバッドでも白ブリーフ姿になっていましたが、こういうのやらせると上手いなーと思いました。
トランボの妻役のダイアン・レインの演技もよかったです。

この映画、今年公開されたコーエン兄弟の新作『ヘイル、シーザー!』と対になってるような映画で、ヘイルシーザーも赤狩りのことが盛り込まれていて、公開順は逆になりましたが、トランボを見てからヘイルシーザーを見ると更によくわかると思いました。

時代背景を知らないと難しいかも  ☆4点 予告編はこんな感じです映画データはこちらからどうぞコーエン兄弟の新作です...
今年(2016年)に入ってから1950年代を描いてる映画が多くて、『キャロル』は50年代のハリウッドのヘイズコードに繋がってくる話でヘイルシーザーと共通しますし、『ブルックリン』はキャロルと設定が近かったりで面白いです。あと4作品とも50年代フィルムのような映像もよかったです。

とりあえずこの映画を見ると、ジョン・ウェインとヘッダ・ホッパーはクソで、カーク・ダグラスはかっけえー、ってなります!

TOHOシネマズシャンテ シネマイレージ6P無料鑑賞 0円
2016年 84作品目 累計96200円 1作品単価1145円

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

フォローする

関連コンテンツ