お嬢さん 評価と感想/日本発hentaiは世界共通語です

スポンサーリンク
広告(大

ファッキン○ンポ ☆4.5点

予告編


映画データ
映画『お嬢さん』の作品情報:第69回カンヌ国際映画祭に出品された、サラ・ウォーターズの小説「荊の城」を原案にしたサスペンス。日本統治下の韓国を舞台に、ある詐欺師が企てる富豪一家の財産強奪の行く末を追い掛ける。メガホンを取るのは、『オールド・ボーイ』『渇き』などの鬼才パク・チャヌク。
『お嬢さん』は2016年の映画。『お嬢さん』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。
試写会で鑑賞です。
2017年3月3日(雛祭り)からの公開となるので、ネタバレを避けたい方はご注意下さい(ネタバレしてます)。

『オールド・ボーイ』のパク・チャヌク監督がイギリスの作家サラ・ウォーターズ原作の「荊の城」を19世紀ロンドンの設定から1930年代、日本統治下の朝鮮半島に舞台設定を変えての映画化です(オールド・ボーイは半分くらいまでしか観てません)。

海外上映している際の原題は『THE HANDMAIDEN』のようなので、日本語だと『侍女』ですね。まあでも現在の日本では侍女は聞きなれない言葉ですし『お嬢さん』の方がインパクトあるかなと思います。

原作は未読です。
2005年の「このミステリーがすごい!海外編」の1位とか「週刊文春2004年ミステリーベスト10海外部門」の2位とかですね。
原作のあらすじは

19世紀半ばのロンドン。17歳になる孤児スウは、故買屋の一家とともに暮らしていた。そんな彼女に顔見知りの詐欺師がある計画を持ちかける。とある令嬢をたぶらかして結婚し、その財産をそっくり奪い取ろうというのだ。スウの役割は令嬢の新しい侍女。スウはためらいながらも、話にのることにするのだが……。

(東京創元社のHPから引用)

という感じなのですが、映画も全く一緒です。
話の骨格としては、『太陽がいっぱい』に似てるなと思いました。
貧しい方がお金持ちに近づき親密になって資産を奪い取るって話なんですが、この原作者のサラ・ウォーターズという方は同性愛者でレズビアンなんですね。

で、『太陽がいっぱい』の原作者のパトリシア・ハイスミスもレズビアンだったんですが、この方は生前は明らかにされてなくて、死後に見つかった日記などによって明らかになったそうなんですけど、その辺のことは去年観た『キャロル』で知りました。

今のところ今年ナンバー1  ☆5点 予告編映画データ (シネマトゥデイ)(ぴあ映画生活)こちらの作品、劇場でも事...
『太陽がいっぱい』は高校生くらいのときにテレビで見たんですが、当時は隠れたメタファーに同性愛があるなんて気づきもしなかったんですけど、そういう雰囲気というか匂いは今では何となく分かります。

なのでレズビアンの女性作家でミステリーという点で共通するのですが、今作はそこにミレニアム三部作の『ドラゴン・タトゥーの女』で描かれたようなミソジニー(女性蔑視)に対する抵抗みたいのも描かれていたと思います。

映画の細かい設定が原作通りなのかは分からないのですが、邦題のタイトル、お嬢さんである主人公の秀子(キム・ミニ)は叔父さんのコレクションである猥本を高値でオークションさせるために朗読させられていたんですね。
秀子や叔父さんの富豪側は日本人の設定(というか統治下の朝鮮なので韓国語と日本語が入り混じってる)なので、春本や猥本を読むときは日本語なんですが、ち○ぽとかま○ことか卑猥な言葉がいっぱい出てくるんですけど、テーマ的にも表現的にも先日観た『アンチポルノ』に似てるなと思いました(笑)

完全に筒井真理子さん目当てです ☆5点 筒井真理子さんです。 だいぶ前からお名前は見たことあって、それこそ2時間サスペンスのチョイ役ですとか、連ドラとかでもちょくちょくお出になってて、昔の映画撮影所のスタイルでいえば大部屋俳優さん的なイメージでした。
結構、両作ともテーマ的には近いと思いますよ(両作ともR18+だ)。

(ちん〇まん〇繋がりでYoung Kz貼っときますね)

物語は3部構成になっていて、1部は侍女のスッキ・珠子(キム・テリ)の視点で描かれます。
そして、公式サイト http://ojosan.jp/

そして物語の幕開けから60分、我々は予想だにしなかった展開に目を見張ることとなる

に書かれている通り、2部はお嬢さん秀子の視点になります。
この60分で変わるのは、去年観た『ピンクとグレー』っぽいなと思いました。

SMAPの解散騒動と絡めて見ると  ☆3.5点 予告編映画データ (シネマトゥデイ)(ぴあ映画生活)原作は未読で...
映画を観てるとこの時点では何部構成か分からないのですが、レズビアンが主体であることを考えると、カンのいい人はこの後の展開は読めると思います。

で、3部はタネ明かしになります。

一応、物語はミステリーの体をとっていますが、ブラックコメディな面もあるので、結構笑えますし、笑わせるように作ってます。監督も上映前の挨拶で笑ってほしいと言ってました。
あと、日本語の部分ですが、ここは日本人に聞かれると違和感がある所なので、寛大な気持ちで見て欲しいと言ってました。

監督によると世界で一番好きな女優は成瀬巳喜男監督作に出てくる高峰秀子さんだそうで、今作の主人公の名前もそこから付けたそうなんですが、映画終盤、たばこを吸うシーンで『犬神家の一族』オマージュあると思いましたが、犬神家は高峰三枝子さんでした…。

レズシーンは『キャロル』より『アデル、ブルーは熱い色』に似てると思いました。

アデルにいつか満たされる日があることを  ☆5点 予告編映画データ (シネマトゥデイ)(ぴあ映画生活)予告編で観...
監督によると、世界一会話の多いベッドシーンにしようとした、と言ってましたが、そんなでも無かった気がします。
が、ベッドシーンでも笑いをとりにきてるところでは笑わせてました。

上映時間がやや長いかなと思ったのと、原作の大筋である、どんでん返しのどんでん返しはいいと思ったんですけど、細かい設定が分かり辛いのとやや無理があるので☆的には3.5点かなという気もしますが、女優さん2人の頑張りをプラスして☆4.5点しようと思います。

スペースFS汐留 coco独占試写会 0円
2017年 19作品目 累計15800円 1作品単価832円

スポンサーリンク
広告(大
広告(大

シェアする

フォローする