『アデル、ブルーは熱い色』評価と感想/普遍的な愛の物語

スポンサーリンク
広告(大)

アデルにいつか満たされる日があることを  ☆5点

あらすじとかは映画.comさんでどぞ

予告編で観てレズ映画であること、去年のカンヌ映画祭でグランプリを受賞したこと。そしてあのスピルバーグが大絶賛したこと、更にSEXシーンがかなりエロいとのことで、股間を膨らませて鑑賞に行こうと思ったら、上映時間約180分ということで躊躇してしまいました。『ウルフ・オブ・ウォールストリート』以来の3時間映画だ。

結論としては良かったです。序盤少し眠くて危なかったですが、1時間くらい乗り切ったところで、噂のSEXシーン。これはロマンポルノかっていうくらいエロくて完全に眠気が吹き飛びました。その後は集中力が途切れることなく最後まで鑑賞。

この映画、レズ映画と見る向きもありますが、性差を超えて普遍的な愛の映画だと思いました。アデルとエマの愛の物語。

エマは完全にレズビアンですが(周囲にカミングアウトしてるし)、アデルはどっちつかずというか、自分の中でもはっきりと気づいてなくてもやもやしている。
ただ言えるのは愛した人がたまたま女で、これまたSEXの相性が抜群に良かったということ。

アデルは最初、高校時代にお互いに気になっていた男性と付き合いますが、なんとなく別れてしまいます。
次にクラスメートの女友達に綺麗と言われ、流れで熱いキスを交わしますが、翌日にはそういうつもりではなかったと拒否られてしまいます。

仲のよかったクラスメートの女友達のグループからも、お前はレズビアンなのか気持ち悪いと罵られますが、自分は違うと頑なに否定します。(ていうかこのシーンでフランスでもまだ偏見あるんだと思いました)

アデルとエマの関係を見ていくと、このまま付き合っていても先が無いのは見えているんですよね。これが男女であっても。
周囲にもレズビアンであることを公言し家族にも理解を得られていて、安定を捨て芸術の道をひた走るエマと、自分が完全なレズビアンかさえも分からず、周囲にはエマと付き合っていることを隠し、保守的な父母の元、安定した教師の道を歩むアデル。

エマはアデルに文を書くことを勧めるのですが、その一歩を踏み出さないアデル。
周囲にエマと付き合ってることを隠すアデルは、この映画で保守的な物の象徴として描かれていると思います。

本が好きで英語も好きでアメリカ映画も好きなアデルですがアメリカには行った事がない。
エマのパーティで知り合ったアラブ系のアクション俳優の男性とアメリカ映画の話で盛り上がって聞かれます。ニューヨークには行ったことあるの?って。ニューヨークはいいよ、映画のまんまだよ、是非行ってみるといいよって。

映画の終盤で久しぶりにまたこの男性と会って、あれからニューヨークに行ったか聞かれますが、やっぱり行ってないんです。行かないんですアデルは。一歩を踏み出さないんです。

劇中のアデルは終始満たされることなく、どこか漂っているようで、物憂げな表情が印象的でした。
アデルが満たされる日は来るのでしょうか?

ヒューマントラストシネマ有楽町 TCGメンバーズ ハッピーチューズデー 1000円

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

フォローする