マグニフィセント・セブン 評価と感想/ラスト30分がめちゃめちゃ面白い

スポンサーリンク
広告(大

黒澤明・ジョン・スタージェス両監督にありがとう ☆4.5点

予告編


映画データ
映画『マグニフィセント・セブン』の作品情報:黒澤明の傑作『七人の侍』と同作をリメイクした『荒野の七人』を原案にした西部劇。冷酷非道な悪に支配された町の住人から彼を倒してほしいと雇われた、賞金稼ぎやギャンブラーといったアウトロー7人の活躍を追う。メガホンを取るのは、『サウスポー』などのアントワーン・フークア。
『マグニフィセント・セブン』は2016年の映画。『マグニフィセント・セブン』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。
マグニフィセント・セブンです。
これ映画館ではあまり予告編見た記憶が無くて、タイトルだけ聞いた時もクエンティン・タランティーノ作品かな?なんて思ってたんですが、完全に去年観た『ヘイトフル・エイト』のタイトルに引っ張られていたんだなと。

それで最近になって『荒野の七人』のリメイクと知ったんですけど、そりゃ面白いでしょうと思いましたし、監督が去年観たロッキーチックなボクシング映画『サウスポー』を無難にまとめあげたアントワーン・フークワ監督ということで、これは観たいと思いました。

抑制の効いた演出でよかった ☆4.5点 予告編映画データだいたい想像できる内容だったんですけど、面白かったです。 ...
映画を好きになると、過去の名作を観るようになると思うんですが、ご多分に漏れず私もそのクチで『大脱走』と『荒野の七人』を観て、おもしれーと驚嘆し、スティーブ・マックイーンにハマるっていうパターンです。
そしてまた両方に出てるジェームズ・コバーンやチャールズ・ブロンソンに興味が湧き、そこからまた観る映画が広がっていくんですが、それはまた別の機会に。

それで『荒野の七人』は『七人の侍』のリメイクとは知ってたんですが、白黒映画ですし3時間超と長いこともあってなかなか見ずにいて、荒野の七人を観て結構経ってから観たんですが、これが本当に素晴らしく非常に面白かった!
1954年って昭和29年に作られたとは思えないくらい、近年のエンタメハリウッド大作にひけをとらない感じで、脚本よし映像よし音響よしの作品で、のちの様々な作品や監督に影響を与えてるのは伊達じゃないと思いましたし、黒澤明監督スゲー!ってなって他の白黒の黒澤作品や同年代の日本人監督の作品を観るに至る、って感じです。

で、マグニフィセント・セブンに話しが戻ります。
主役はデンゼル・ワシントンなんですね。荒野の七人ならユル・ブリンナー、七人の侍なら三船敏郎の役です。
イ・ビョンホンも出てるんですね。西部劇にアジア人?と最初、違和感ありましたが、観てるうちに気にならなくなりましたし、イーサン・ホークとのやおい的イチャチャもあって、人種の多様性+イチャイチャで『スタートレック』かよっ、と思いましたがいい役でしたし、ハリウッドで活躍するアジア人俳優の中でも頭ひとつ抜きん出た存在になったと思いましたよ(ジョン・ローンとかどうしてるんだろ?)。

IMAX3Dで楽しかった ☆4.5 予告編映画データポスター見るとIMAX3D推してるようなので、それで観てきまし...
イーサン・ホークは私が最近観た映画では久々です。『6才のボク』も『パージ』も観てないので。
クリス・プラットはスティーブ・マックイーンの役ですね。最後カッコよかった。スターロード!って叫びたくなりました。
あと、マタギみたいな人やメキシコ人やインディアンと、オリジナルに比べて人種が広がりまして、まあこの点が今リメイクをやる意義かなと思いました。

物語の方はやっぱり知ってるんで、7人が集まって街へ行くっていうくだりは、あんまり面白くなかったんです。
村人との交流もあまり描かれなかったですし。
その代わり、村人の代表を女性のキャラクター・エマ(ヘイリー・ベネット)にしたのはよかったですし、それを伏線にして物語のオチを付けるというのも上手くいってたと思います。
それにしてもエマを演じたヘイリー・ベネットがよかったんですが、『ガール・オン・ザ・トレイン』でもやっぱりよかったって書いてました。タイプなんだな(笑)

完全にアル中映画であった ☆4点 予告編映画データ映画館で予告編を見てNYタイムズ21週ベストセラー第1位に釣られ...
はい。それで敵が攻めてくるラスト30分なんですが、敵のボスの名前はバーソロミュー・ボーグ(ピーター・サースガード)。
バーソロミューといえばくま(ワンピース)なんですが、バーソロミュー・ロバーツっていう大海賊が実在してたみたいで、それくらい憎らしいんですが、雰囲気としては『レオン』のゲイリー・オールドマンみたいでした。

ガンアクションは凄かったですねー。あれ7人対200~300人でしょうか。一気にギアチェンジした感じでノンストップのアクション。命を懸ける義理は無いのに死ぬの分かってて突撃していく感じはアクションシーンなのに泣けましたね。

インディアンに恐れられたマタギのおっちゃんがインディアンにやられるシーン。
イ・ビョンホンとイーサン・ホークのやおい死。
スター・ロード(クリス・プラット)の自爆。
それでラスト、エルマー・バーンスタインの荒野の七人のテーマ曲でしょう。もうやられましたよ。テーマ曲だけで涙出そうでした。

それでマグニフィセントってどういう意味だろうと思ったんですけど、辞書で見ると壮大なとか崇高なって意味みたいですが『荒野の七人』の原題がマグニフィセント・セブンなんですね。「荒野の七人」は「荒野の七人」だろうって刷り込まれてました…。

ラスト30分のアクションやアイデアは西部劇だけじゃなく他のアクション映画を含めても面白いと思いますし、鑑賞後感も非常によかったので☆4.5点です。

新宿ピカデリー 次回割引鑑賞クーポン 1200円
2017年 20作品目 累計17000円 1作品単価850円

スポンサーリンク
広告(大
広告(大

シェアする

フォローする