アンチポルノ 評価と感想/園子温版ニンフォマニアック?

スポンサーリンク
広告(大)

完全に筒井真理子さん目当てです ☆5点

予告編はこんな感じです


映画データはこちらからどうぞ
映画『アンチポルノ』の作品情報:日活ロマンポルノ45周年を記念し10分に1回の濡れ場などの条件のもとで作品を製作するプロジェクトに、『ヒミズ』『新宿スワン』などの園子温監督が挑んだ問題作。小説家兼アーティストのヒロインが極彩色の部屋で見る悪夢と、虚構と現実のはざまで暴かれる過去の秘密がエロチックに描かれる。
『ANTIPORNO』は2016年の映画。『ANTIPORNO』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。
筒井真理子さんです。
だいぶ前からお名前は見たことあって、それこそ2時間サスペンスのチョイ役ですとか、連ドラとかでもちょくちょくお出になってて、昔の映画撮影所のスタイルでいえば大部屋俳優さん的なイメージでした。

それこそ吉田羊さんなんかよりずっと前から、脇役をずっとされてきたと思うんですけど、すごく意識したのは2013年にテレビ東京で放送された同じ園子温監督の「みんな!エスパーだよ!」からなんですが、あれで染谷将太さんのお母さん役でイジリー岡田さんの妻役っていうヘンな役で、エッロいお母さん役でよかったんですよね。
(テレビ東京:「みんな!エスパーだよ!」CAST相関図)

テレビ東京「みんな!エスパーだよ!」番組公式サイトです。毎週金曜深夜0時12分放送!監督:園子温×主演:染谷将太×原作:若杉公 徳 予測不能の狂騒劇が遂に幕を開ける!!
それで筒井真理子さんって1990年代にC.C.ガールズなんかとは違って、テレビには全然出ないけど雑誌のグラビアにはバンバン出てた方がいたと思うんですけど、あれ同姓同名の方だったのかなぁ?
今、ネットで検索しても全然出てこないんですが、似たような名前で勘違いしてるのかもしれませんが、自分の中ではグラビアから女優業にうまくシフトされてきた方だなぁと思ってたんですよね。(追記:盛本真理子さんとか梶原真理子さんと勘違いしてたかもorz)

それで昨年『淵に立つ』を観たんですけど、その時に体重を増加した役作りを含めて演技が素晴らしいなと思ったんですけど(年末から今年にかけて様々な映画賞で主演女優賞を受賞されてますね)、その際に経歴を見たら、元々は第三舞台出身というのを知って驚いたのと同時に上手いのも納得だったんですけど、大高洋夫さんや筧利夫さんが第三舞台出身でブレイクしたときに何でブレイクしなかったんだろう?とも思いました。

深いようでいて、そうでもないのかな?  ☆4点 予告編はこんな感じです映画データはこちらからどうぞ (シネマトゥデイ) ...
そんな筒井真理子さんが、今回の日活ロマンポルノリブートプロジェクトに出演されて、しかもヌードにまでなっていただけるとは、ありがたや~、ありがたや~。
で、筒井さんて年齢は40代半ばくらいかな?と思って改めてプロフィール見たら、1960年か1962年生まれの54歳か56歳って全然見えない!若いです。1960年生まれだったら黒木瞳さんと同じ年なんですが、黒木瞳さんは映画デビューでお脱ぎになって、そのあと『失楽園』も話題になりまして、経歴的には対称的ですが、二大美熟女ですね。
筒井さん50代半ばとは思えない美しいヘアヌードでしたし、これだけで☆5点です。はい。

肝心の映画の内容の方はあってないようなものって言ったら怒られますか…。
『リアル鬼ごっこ』のシュール部分を更にシュールに進化させてるような感じなのでよくは分かりません(笑)

園監督がやりたいこと全部やれちゃった映画だと思います ☆5点 (あらすじとかは映画.comさんでどぞ)原作の小説も...
まあテーマとしては「社会から抑圧された女性の解放(って古いか?)」みたいのがあると思うんですけど、筒井真理子さんのインタビューを読むとラストの台詞で出演を決められたみたいです。
(エンタメステーション記事:『アンチポルノ』で筒井真理子が女優としての覚悟を問われた台詞とは?)
園子温監督作品『アンチポルノ』。本作において、京子のマネージャー・典子を演じる筒井真理子にインタビューを行った。
それと、自分が映画観た印象は、園子温版『ニンフォマニアック』か?と思ったんですが、下の記事読むと同じラース・フォン・トリアー監督の『アンチクライスト』が話に出てきました。
(スポニチ記事:筒井真理子、園子温作品で初脱ぎ「園さんてチャレンジャーだな」)
 女優の筒井真理子(年齢非公表)が28日に公開される園子温監督(55)の映画「ANTIPORNO(アンチポルノ)」で初ヌードを披露する。「淵に立つ」の演技で第71回毎日映画コンクール女優主演賞に輝いた実力派。大物アラフィフの“ひと脱ぎ”に話題沸騰だ。
Vol.1に比べるとやや落ちるかなぁ  ☆3.5点 (あらすじとかは映画.comさんでどぞ)(Vol.1のレビューです) ...
エンタメステーションのインタビューの

「お前は売女か!?」って、園さんの自分の現状に対する怒りや叫びのようにも思えるし

って新宿スワンのことかな(笑)

どこからツッコめばいいやらw ☆3点 予告編はこんな感じです映画データはこちらからどうぞえー、漫画原作未読です...
とか思ったりしましたが、
とにかく、とにかく冨手麻妙さんも頑張ってましたし、筒井真理子さんですし、日活さん、園子温監督ありがとうございます!

新宿武蔵野館 映画ファンサービスデー 1000円
2017年 18作品目 累計15800円 1作品単価878円

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

フォローする

関連コンテンツ