新宿スワン 評価と感想/なぜ園子温監督が撮ることになったのか?

新宿スワン 評価と感想 映画感想
広告

このダサさ感は狙ってやってるのか否か ☆2.5点

予告編

映画『新宿スワン』本予告 2015年5月30日公開

映画データ

新宿スワン (2015) - シネマトゥデイ
ベストセラーを誇る和久井健の漫画を実写化したドラマ。新宿の歌舞伎町を舞台に、スカウトマンの青年がさまざまな女性を水商売、風俗、AVといった世界へと送り出しながら奔走する姿を追う。
新宿スワン|映画情報のぴあ映画生活
『新宿スワン』は2015年の映画。『新宿スワン』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。

あらすじ

親にもツキにも見放され、帰る電車賃もない白鳥龍彦(綾野剛)は、新宿にやって来る。チンピラたちに絡まれ大乱闘になったところを助けてくれた真虎(伊勢谷友介)にスカウトをやらないかと誘われる。それは幸せ請負人。いい女を探してクラブにホステスを紹介する仕事だ。「俺がスカウトした女の子には必ず幸せだって言わせます!」男と女の欲望が交差するこの街で、龍彦は一端のスカウトマンになることを誓う。この先に待ち受ける、過酷な試練を知らずに―。

真虎が所属するスカウト会社バーストの一員となり仕事に励む龍彦は、一人の女と運命的に出会う。借金を肩代わりしている店長に痛めつけられながら働かされる、切ない目をした風俗嬢アゲハ(沢尻エリカ)だ。店長を殴り倒しアゲハを店から連れ出す龍彦。二人は歌舞伎町の街を自由奔放に駆け巡る。「なんでそんなに優しくしてくれるの?今日あったばっかりなのに」「男の子が女の子を守るのは当然でしょ。アゲハには幸せになってもらうよ」龍彦を“王子様”と慕うアゲハだったが、彼女にはもとの店に戻らなければならない秘密があった。そしてその裏には、新宿でバーストとしのぎをけずるライバル会社ハーレムで頭角を現していたスカウトマン、南秀吉(山田孝之)の影があった。

ハーレム幹部・葉山豊(金子ノブアキ)と共謀して多額の裏金をもとにバーストを潰し、新宿のテッペンを狙おうとする秀吉は、龍彦に異様なほどのライバル心を燃やしていた。突如として降り注ぐ雨の中、秀吉は狂ったように龍彦に殴りかかる。そこには龍彦も忘れていた、因縁の過去があった。秀吉の計画を裏付けるようにバーストのケツモチである紋舞会の会長・天野修繕(吉田鋼太郎)は上納金にケチをつけ、これよりも高い額を持ってくるところがあれば乗り換えることを示唆する。バースト社長の山城神(豊原功補)、幹部の関玄介(深水元基)、時正(村上淳)は善後策を協議するが、真虎は別のアイデアで裏工作を始めていた。

秀吉の暗躍はやがて、歌舞伎町の全スカウトマンを巻き込むバトルへと発展する。真虎は秀吉を止められるのか。王子様を待つ絶望のアゲハ。そして歌舞伎町に精通するクラブのママ、涼子(山田優)から秀吉との因縁を明かされた龍彦は、すべてを終わらせるために、孤立無援の闘いに挑もうとしていた―。

公式サイトより引用)

ネタバレ感想

園子温監督『新宿スワン』観てまいりました。
原作既読です。数年前に漫画喫茶でちょうどこの映画のストーリーのとこぐらいまで読んでいて、映画を観てるうちに段々と思い出しました。

園作品は『冷たい熱帯魚』からでこれはレンタルDVDで鑑賞。
『恋の罪』『ヒミズ』とレンタルで鑑賞し、『TOKYO TRIBE』で初・劇場鑑賞です。
そこから映画館で見そびれていた『地獄でなぜ悪い』、4時間という長さで避けてきた『愛のむきだし』をWOWOWオンデマンドでやっていたので見ました。

テレビドラマ『みんなエスパーだよ』はリアルタイムで毎週見てて楽しみにしていたドラマの一つですが、今年になって放送された番外編が酷かったので「おや?」と思いましたが『新宿スワン』も「おや?」でした。

園監督は今年公開作品が多いですよね。エスパー番外編を見たときに感じたのですが、凄く雑でやっつけ仕事感ありありで、これ今年公開作品多いからじゃないか?と思ったのですが『新宿スワン』もお世辞にもよいとは思えませんでした。

映画始まってオープニングタイトルが出たときに真っ先に感じたのは「ダサっ」で、そのダサい感じがなくならいまま最後までいってしまった感じがします。

歌舞伎町で全編ロケが出来ないので、浜松の繁華街のシーンと混ざるのですが、やっぱり空気感が違うんですよねー。
おまけに映画前半(沢尻さんが出てくる辺りまで、というか沢尻さんなかなか出てきません笑)はバックに絶えず音楽流れてるんですけど、なんか東映のVシネのような音楽でダサいんですよね。
それで後半気付くと、前半あれだけかかっていた音楽がそれほどかかってなくて、音入れがメンド臭くなっちゃったのかなぁ?と思いました。

それと映画見ていて感じたのが、全く園子温感が無いんですよね。
まあ『新宿スワン』という原作があるからでしょうが、映像的なセンスとか、それこそ格闘シーンとか全くらしくありません。
ただ中途半端に関(深水元基)が梨子(丸高愛美)のおっぱいを揉みしだくシーンとかが多くてタチが悪い。
原作通りにやるならやるで、そういったところに自分のカラーを入れてくるのは、ちょっと違うと思うんですよね。

ただ役者陣は頑張っていたと思います。
山田孝之さんなんかはストイック過ぎるほど凄くて上手かったのですが、映画全体の演出がチグハグな感じだから、空回りしてる感じがするのです。
伊勢谷さんの真虎はかっこよかったですし、沢尻さんなんかはヘルタースケルターより頑張ってたと思います。

だからそれだけにもったいない。
『みんなエスパーだよ』なんかはギャグドラマですから、ふざけていいと思うんです。でもこの映画はふざけちゃうと、軽くなっちゃう。
シリアスでやるならシリアスでやるというのを貫いてほしかったです。

この映画見て思ったのは、やっぱり園監督はインディーズ映画の人なんだなぁと。公開館数300館以上のメジャー映画を撮らせてはいけない。上映時間139分って、裏を返せば編集に難ありってことですから。
『冷たい熱帯魚』のときがピークだったのかなぁと、少し寂しく思った『新宿スワン』の鑑賞でした。

鑑賞データ

TOHOシネマズ六本木 シネマイレージデイ 1400円

コメント