『新宿スワン』評価と感想/なぜ園子温監督が撮ることになったのか?

スポンサーリンク
広告(大)

このダサさ感は狙ってやってるのか否か ☆2.5点

あらすじとかは映画.comさんでどぞ

園子温監督『新宿スワン』観てまいりました。
原作既読です。数年前に漫画喫茶でちょうどこの映画のストーリーのとこぐらいまで読んでいて、映画を観てるうちに段々と思い出しました。

園作品は『冷たい熱帯魚』からでこれはレンタルDVDで鑑賞。
『恋の罪』『ヒミズ』とレンタルで鑑賞し、『TOKYO TRIBE』で初・劇場鑑賞です。
そこから映画館で見そびれていた『地獄でなぜ悪い』、4時間という長さで避けてきた『愛のむきだし』をWOWOWオンデマンドでやっていたので見ました。

テレビドラマ『みんなエスパーだよ』はリアルタイムで毎週見てて楽しみにしていたドラマの一つですが、今年になって放送された番外編が酷かったので「おや?」と思いましたが『新宿スワン』も「おや?」でした。

園監督は今年公開作品が多いですよね。エスパー番外編を見たときに感じたのですが、凄く雑でやっつけ仕事感ありありで、これ今年公開作品多いからじゃないか?と思ったのですが『新宿スワン』もお世辞にもよいとは思えませんでした。

映画始まってオープニングタイトルが出たときに真っ先に感じたのは「ダサっ」で、そのダサい感じがなくならいまま最後までいってしまった感じがします。

歌舞伎町で全編ロケが出来ないので、浜松の繁華街のシーンと混ざるのですが、やっぱり空気感が違うんですよねー。
おまけに映画前半(沢尻さんが出てくる辺りまで、というか沢尻さんなかなか出てきません笑)はバックに絶えず音楽流れてるんですけど、なんか東映のVシネのような音楽でダサいんですよね。
それで後半気付くと、前半あれだけかかっていた音楽がそれほどかかってなくて、音入れがメンド臭くなっちゃったのかなぁ?と思いました。

それと映画見ていて感じたのが、全く園子温感が無いんですよね。
まあ『新宿スワン』という原作があるからでしょうが、映像的なセンスとか、それこそ格闘シーンとか全くらしくありません。
ただ中途半端に関(深水元基)が梨子(丸高愛美)のおっぱいを揉みしだくシーンとかが多くてタチが悪い。
原作通りにやるならやるで、そういったところに自分のカラーを入れてくるのは、ちょっと違うと思うんですよね。

ただ役者陣は頑張っていたと思います。
山田孝之さんなんかはストイック過ぎるほど凄くて上手かったのですが、映画全体の演出がチグハグな感じだから、空回りしてる感じがするのです。
伊勢谷さんの真虎はかっこよかったですし、沢尻さんなんかはヘルタースケルターより頑張ってたと思います。

だからそれだけにもったいない。
『みんなエスパーだよ』なんかはギャグドラマですから、ふざけていいと思うんです。でもこの映画はふざけちゃうと、軽くなっちゃう。
シリアスでやるならシリアスでやるというのを貫いてほしかったです。

この映画見て思ったのは、やっぱり園監督はインディーズ映画の人なんだなぁと。公開館数300館以上のメジャー映画を撮らせてはいけない。上映時間139分って、裏を返せば編集に難ありってことですから。
『冷たい熱帯魚』のときがピークだったのかなぁと、少し寂しく思った『新宿スワン』鑑賞でした。

TOHOシネマズ六本木 シネマイレージデイ 1400円

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

フォローする