2017-05

スポンサーリンク
映画感想

パーソナル・ショッパー 評価と感想/フランス版シャマラン?

クリステン・スチュワートのおっぱいで+0.5 ☆3点 『トワイライト』シリーズのクリステン・スチュワートが『アクトレス~女たちの舞台~』でアメリカ人女優としては史上初となるセザール賞助演女優賞を受賞したオリヴィエ・アサイヤス監督と再び組み第69回カンヌ映画祭で監督賞を受賞した作品
映画感想

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ 評価と感想/東京で生きるということ

笑えるシーンもあって面白い ☆5点 2007年に当時女性では最年少で中原中也賞を受賞した最果タヒによる2016年に出版された第四詩集を『舟を編む』で第37回(2014年)日本アカデミー賞作品賞をはじめ6冠に輝いた石井裕也監督が映画化した作品で主演に石橋静河と池松壮亮
映画感想

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ 評価と感想/悪魔の毒々モンスター、レオン風

四十にして人に感謝される喜びを知る ☆4点 2016年のダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞(イタリアのアカデミー賞)で新人監督賞をはじめ、主演男・女優賞、助演男・女優賞の演技部門を総ナメし7冠に輝いた、日本のアニメ「鋼鉄ジーグ」をモチーフにしたダークヒーロー誕生映画です。
スポンサーリンク
映画感想

夜に生きる 評価と感想/父と子の物語、そして母の不在

因果応報の物語でもある ☆4点 ミスティック・リバーの原作者デニス・ルヘインによる、2012年のエドガー賞最優秀長編賞を受賞した同名小説の映画化で『アルゴ』で第85回アカデミー作品賞を受賞したベン・アフレックが監督・脚本・主演を務めた作品で、製作にレオナルド・ディカプリオ
映画感想

メッセージ 評価と感想/ヴィルヌーヴ流未知との遭遇 

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督やっぱこの人天才 ☆5点 1999年のスタージョン賞及び2000年のネビュラ賞中長編小説部門を受賞したテッド・チャンによるSF短編小説「あなたの人生の物語」の映画化です。
映画感想

ピーチガール 評価と感想/スイーツ映画のテンプレのような作品

とっ散らかってて面白い ☆4点 予告編 映画データ (シネマトゥデイ) (ぴあ映画生活) 第23回(1999年)講談社漫画賞(少女部門)を受賞した上田美和さんの人気コミックの実写映画化です。 同じ年に...
映画感想

潜入者 評価と感想/ブライアン・クランストン主演C-Chase作戦を描く

やや分かり辛いところもあった ☆3.5点 1980年代、コロンビアの麻薬王パブロ・エスコバルを壊滅させるべく、主に資金洗浄の面から5年間の潜入捜査にあたった捜査官ロバート・メイザーによる回顧録の映画化です。
映画感想

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス 評価と感想/最高オブ最高

ジェームズ・ガン監督ありがとう! ☆5点 予告編 映画データ (シネマトゥデイ) (ぴあ映画生活) 前作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のときの感想はこちらです。 もう前作鑑賞時から...
映画感想

サクラダリセット 後篇 評価と感想/カルネアデスの板

やろうとしたテーマは壮大、だけど激ムズ ☆3.5点 河野裕氏原作によるライトノベルの映画化で2部作の後編。 咲良田の街から能力が消失する危機に、浅井ケイたち高校生が立ち向かう姿を描く。
映画感想

カフェ・ソサエティ 評価と感想/ラ・ラ・ランド的恋愛回顧

ウディ・アレンのナレーションがかなり多い ☆3.5点 ニューヨーク派の巨匠ウディ・アレン監督の最新作は1930年代のハリウッドとニューヨークを舞台にしたラ・ラ・ランド的な恋愛回顧映画でした。
スポンサーリンク