ある優しき殺人者の記録 評価と感想/いやー、この映画すごいです

ある優しき殺人者の記録 評価と感想
広告

いやー、この映画すごいです  ☆5点

予告編

映画『ある優しき殺人者の記録』予告編

映画データ

ある優しき殺人者の記録|映画情報のぴあ映画生活
『ある優しき殺人者の記録』は2014年の映画。『ある優しき殺人者の記録』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。

あらすじ

韓国の障害者施設から脱走した、連続殺人事件の指名手配犯パク・サンジュン。
彼から「独占取材をしてくれ」と電話を受け、呼び出された女性ジャーナリスト キム・ソヨンは、日本人カメラマンを連れ、インタビュー収録に臨む。
廃屋となった密室マンションに閉じ込められ、「カメラを止めたら殺す」と脅される中、サンジュンは事件の真相を告白していく。
果たして、彼はなぜ18人もの人を殺害したのか。
そして次第に明らかになる、サンジュンとソヨンにまつわる過去の因縁は、新たなる惨劇へと発展・・・。
カメラマンの回し続けた映像には、その密室で起こった、誰もが想像し得ない衝撃が記録されていく・・・。

公式サイトより引用)

ネタバレ感想

全86分1カット(ラストを除く)で舞台を観ているかのような臨場感がありながら、映画的センスに溢れた素晴らしい作品でした。

過去に白石晃士監督作品は、白石監督作とは知らずに見た『ノロイ』があります。

ノロイ [DVD]
小林雅文
¥ 1,104(2018/10/16 16:28時点)

これは当時、「何でアンガールズが出てるのだろう?」と思いながら見ましたが、『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』のようでありながらも、これまで見たことなかった作風で面白かったのを覚えています。

本作はほぼ廃墟マンション一室でのワンシーンワンカットなので、ゴア描写などは出来ることが限られてくるのですが、それを補って余りある設定や脚本に唸らざるを得ません。

個人的に好きなシーンは、電話がかかってきてノイズが入り聞き取り辛くなってお告げになるところや、日本人カップルがどちらかが人質になった場合でも相手の要求に屈しないと言いのける(ここなんかは映画的お約束を完全に無視しているのでかなり好き)ところです。

あ、あと2ちゃん的、縦読みなところも(笑)

それでやっぱり一番好きなのは、ラストがハッピーエンドで終わる点ですね。
たぶん賛否両論あると思うんですが、最後、触手みたいのが出てくるのも、私は好きです。
先日見た『複製された男』に出てくる蜘蛛(六本木ヒルズの蜘蛛 ママンのルイーズ・ブルジョワ)みたいだし、デヴィッド・クローネンバーグ的だなぁとも思いました。

複製された男 評価と感想/ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督凄い
完璧に計算された映画 ☆5点 予告編 映画データ あらすじ 大学の歴史講師アダム(ジェイク・ギレンホール)は、ある日同僚から1本のビデオを薦められる。応じるままに鑑賞した彼は、その映画の中に自分と瓜二つの端役の俳優を...

結末がどうなるか想像もつかない展開で、繰り返し見るタイプの映画ではないですが、本当に面白いのでおススメです。

鑑賞データ

渋谷アップリンク 会員料金 1000円

コメント