エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方 評価と感想/クソバカお下品ラブコメで面白い!

スポンサーリンク
広告(大)

アメリカNo.1コメディエンヌ エイミー・シューマー日本初見参 ☆5点

予告編はこんな感じです


映画データはこちらからどうぞ
映画『エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方』の作品情報:『40歳の童貞男』などのジャド・アパトー監督と、アメリカの女性コメディアンのエイミー・シューマーによるラブコメディー。ニューヨークを舞台に、幼少時のトラウマで恋愛ができない大人になったヒロインの恋愛模様を生き生きと描写する。
『エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方』は2015年の映画。『エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。
予告編は観たこと無かったんですけど、ヒューマントラストシネマ渋谷で大きいポスターが貼られていたので鑑賞。

ポスター見た感じは、あんまり主人公可愛くないし、こじらせとか書いてあったんで、洗練される前のレニー・ゼルウィガーが主演した、1の頃の『ブリジット・ジョーンズの日記』を思い浮かべました。(感想は去年公開された3作目のやつ)

5分に1回は笑える感じでかなりウケてた  ☆4.5点 予告編はこんな感じです映画データはこちらからどうぞ1日サービ...
観ようと思った決め手は監督ですね。
ジャド・アパトーって人です。
以前『フォックスキャッチャー』を観たときにスティーヴ・カレルを初めて知って、上手いなと思ったんですけど、元々はコメディアンの人らしくて、『40歳の童貞男』なる興味惹かれるタイトルの作品に主演してたのを知って、ちょうどHuluでやってたのを観たんですけど、これがすごく面白くてその監督がジャド・アパトーだったんです。
アカデミー賞は獲れなかったですけど ☆5点 予告編はこんな感じです映画データはこちらからどうぞベネット・ミラー監督...
そんな監督が、これまた日本では全然知られていない女優と組んだ作品なので、面白いんじゃないか?と嗅覚が働きまして観に行ったら、やっぱり面白かった!

原題はtrain wreckで辞書で調べたら列車事故。そこから転じてスラングで大惨事とかめちゃくちゃ酷いってことみたいなので、
タイトルの付け方は『ハングオーバー』みたいでしょうか。クソバカお下品ラブコメに仕上がっています。

主演はエイミー・シューマーっていうコメディエンヌの方で、そのまま役名にもなってます。
日本でいったら渡辺直美さんみたいな方でしょうか。

あらすじは、予告編観ると分かるんですが、幼い時に両親が離婚するんですけど、そのときお父さん(コリン・クイン)が子供たちに離婚する理由を説明するんです。
妹が抱いてる人形を例にして、お前たちはその人形1個で満足出来るか?と。
毎年新しい人形出るし欲しくなるだろ?でも今持ってる人形だって大事にするだろ?と。
離婚する理由はそういうことだって言うんです。
で、一夫一妻制は悪だと言って唱和させるんです。
今、流行りの、「国会通過よかったです」みたいだ(笑)

そんなお父さんの元で育った姉のエイミー(エイミー・シューマー)はヤリマンになっちゃって、セックスしても男を家に泊めないし、男の家にも泊まらない。その場だけの関係。
ただ彼氏もちゃんといてセックスはやや不満だけど、デートとかはその彼氏とするって分けてます。
その彼氏役をジョン・シナっていうWWEのプロレスラーが演じているんですけど、見事な脳筋ぶりを披露してくれて笑えます。

WWEは日本をはじめ地球上の何千万人ものファンを熱狂させる、ハリウッド顔負けの究極のエンターテイメントです!
エイミーの妹のキム(ブリー・ラーソン)は、連れ子のいる男性と結婚していて堅実な生活をしています。
妹は観たことある顔だな?と思って名前出てこなかったんですがブリー・ラーソンでした。
ブリー・ラーソンそんなにタイプじゃ無かったんですけど、本作ではすごく可愛く見えました。

エイミーは、日本だったらアサヒ芸能や週刊実話みたいな雑誌の編集者(ライター)なんですが、この設定も出版社に勤めてたブリジットジョーンズみたいだなと。
それでエイミーの上司役の編集長がティルダ・スウィントンなんですけど、よくこの映画出たな(笑)と思いますし、『ドクター・ストレンジ』なんかより怪演してますので、こっち観ましょう(笑)

IMAX3Dで鑑賞 ☆3点 マーベル・シネマティック・ユニバースのフェイズ3で『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』は昨年劇場鑑賞しました。 今作は映画館で予告編を観なかった気がするんですが、公式サイトを見ても予告編なくて特報だけなんですね。
それから劇中用の映画で、ダニエル・ラドクリフが犬連れて散歩してるって映画で、サンダンスで話題になったとか言って、ラドクリフとマリサ・トメイをカメオ出演させてて、頭おかしい(褒めてます)です。
ハリー・ポッターで有名なダニエル・ラドクリフ(24)はくわえタバコに髭ぼうぼうで12匹の犬とともにニューヨーク…
あと、エイミーが取材を通じて惹かれていくアーロン(ビル・ヘイダー)の親友役にNBAのスター選手レブロン・ジェームズがカメオ出演でなく出ずっぱりだったりと凄いんですこの映画!
アメリカ以外の国だとピンとこないと思いますけど。
人間かこれ…キャバリアーズのレブロン・ジェームズがNBA決勝残り1分50秒同点の場面で決めた鬼ブロック。何度見ても人間業じゃないです。ウォリアーズのファンは氷りつき、全米が茫然自失となった瞬間でした。1-3から3-3に追い上げて迎えた第7戦は視聴者3000万人で、1998年以来、最高の視聴率を記録し...
主演のエイミー・シューマー自身が書いた脚本には、映画ネタも結構散りばめられてて、前述の脳筋彼氏とのネタでマーク・ウォールバーグの名前が出てきたり、何か失敗したときに『天国の門』くらいの失敗だ、とか言ったり、マシュー・ブロデリックが出てきて『ウォー・ゲーム』以来の名演だ、とか言われてたりと、映画好きにはニヤッとできる台詞や演出があるのでおススメなんですが、3/10現在、3館しか公開されてなく、これから順次、全国で公開されていくみたいなので、お近くに来たら是非お勧めです。

ヒューマントラストシネマ渋谷 TCGメンバーズ料金 1300円
2017年 36作品目 累計34300円 1作品単価953円

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

フォローする

関連コンテンツ