スパイ・レジェンド 評価と感想/ブロスナン無双炸裂!

スパイ・レジェンド 評価と感想

シリーズ化してもよさそう ☆3.5点

予告編

1月17日公開!映画「スパイ・レジェンド」予告編

映画データ

スパイ・レジェンド (2014) - シネマトゥデイ
ビル・グレンジャーの小説「ノヴェンバー・マン」を実写化した、スパイサスペンス。
スパイ・レジェンド|映画情報のぴあ映画生活
『スパイ・レジェンド』は2014年の映画。『スパイ・レジェンド』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。

前回の映画鑑賞から間が空いてしまったので、映画館のサービスデーでしたし時間もちょうどよかったので、さしたる期待もせずに鑑賞。

あらすじ

かつては“ノベンバー・マン”というコードネームを持ち、高度な訓練を受けて活躍していた元CIAエージェント、ピーター・デヴェロー(ピアース・ブロスナン)。
スイス・ローザンヌで静かな隠遁生活を送っていた彼は、モスクワでかつて愛していた女性ナタリア・ウラノヴァを「回収」に向う。
しかし、彼女は彼の目の前で何者かに殺されてしまうのだ。

それは、彼が手塩にかけて教育したCIAの元弟子のスパイ、メイソン(ルーク・ブレイシー)の仕業だった。
ロシアの大統領選の次期大統領と目される候補者アルカディア・フェデロフのスキャンダルを追っていたナタリアは、10年前から行方不明になっているミラ・フィリポヴァという女性の名前を告げる。
セルビアの首都ベオグラードに、フィリポヴァと最後に交流があった女性ソーシャルワーカーのアリス(オルガ・キュリレンコ)がいた。
やがて彼女はロシアの殺し屋からも、CIAからも追われる身になる。
そこには、ロシアの大統領選をめぐる国際的陰謀が隠されていた。

デヴェローは、アリスを助け出し、事件の黒幕を暴こうとするのだが、CIA側にロシア側に通じている二重スパイがいることが発覚する。
果たして、事件の黒幕は誰なのか?デヴェローが信頼できる仲間もいない中、過去を清算する孤高のミッション〈リベンジ〉に立ち向うー。

(公式サイトより引用)

ネタバレ感想

結論からいうと面白かったです。
上映館数も少ないですし、大作映画ではないですけど、なかなかです。

ちょうど昨年観た『フライト・ゲーム』を思い浮かべました。
あれも大作感はなかったですけど、謎解き+ノンストップアクションで往年のダイハードのようなカタルシスもあり大満足でした。

フライト・ゲーム 評価と感想/初めてダイ・ハード見たときみたいな面白さ
まさしくノンストップ!  ☆5点 予告編 映画データ あらすじ NY発ロンドン行きの旅客機の警備のために、客を装って乗り込む航空保安官のビル・マークス(リーアム・ニーソン)。 彼は心身ともに疲れきっていたが、身につ...

スパイレジェンドはそこまでのカタルシスはありませんでしたが、冒頭からのノンストップアクションで展開が早い、早い。

ボーっとしていると、走ってる車から振り落とされそうな疾走感でしたが、ギリギリついていける速度。
ダレるのは中盤に少しだけでとにかくテンポよく話が進みます。

ピアース・ブロスナンは最初出てきたとき、「随分おじいちゃんになっちゃったなぁ」と思いましたが、引退したスパイから現役に復帰した途端、顔もキリリと締まって見え表情が一変、往年のジェームス・ボンドここにありといった感じでした。

そして、まあブロスナンの強いこと、強いこと(笑)
敵からも味方からも追われる身となったブロスナン。
ブロスナン無双が炸裂します。

フィリップ・シーモア・ホフマンの遺作となった『誰よりも狙われた男』もそうでしたが、最近のスパイ映画は、「最大の敵は味方に有り」というのが多くなってきた気がします。
CIAがずっと善い者なのもつまらないですからね。

誰よりも狙われた男 評価と感想/追悼フィリップ・シーモア・ホフマン
渋いスパイ映画 ☆4点 予告編 映画データ あらすじ ドイツの港湾都市ハンブルク。諜報機関でテロ対策チームを率いる練達のスパイ、ギュンター・バッハマン(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、密入国したひとりの若者に目を...

現実世界でもマッチポンプなことをしてそうで、リアリティがあるなぁなんて思いながら鑑賞してました。

鑑賞データ

角川シネマ有楽町 TCGメンバーズ ハッピーフライデー 1000円

コメント