ジョーカー・ゲーム 評価と感想/深キョン七変化

スポンサーリンク
広告(大

深キョンがかわいいです!  ☆3点

あらすじとかは映画.comさんでどぞ

えー、深キョン目当てで鑑賞して参りました。

原作未読です(原作人気あるんですか?面白いんですかね?)

サイタマノラッパーの入江悠監督というこで少し期待してました。

深キョンのコスプレが色々見れてよかったです。特にチャイナドレスよかったですね。あと黒のボディースーツもよかったです。

拷問シーンはもうちょっとアップで苦悶の表情を捉える演出をしていただけたらよかったかなぁと思います。

亀梨さんとのシーツにくるまってたラブシーンはなかなか官能的でよかったです。
続きは2月6日から始まるドラマ「セカンド・ラブ」で見れますでしょうか?

それで、映画のほうですが、オープニングクレジットとかカッコイイんですけど、なんか古畑任三郎みたいな感じがしました。
それで映画全体を通してなんか2時間ドラマ感があるといいますか、やってることは大きいのですけど、なんか映画のスケール感がないというか。。。

序盤のD機関のところは流れるようなカメラワークで撮影凝ってるなぁと思ったのですけど、FIXとどっちがいいんだろ?とも思いました。
それでシンガポールでのアクションシーンですが、結構凄いと思うんですけど、るろうに剣心とか見ちゃいますとねぇ。
ただ深キョンがいっぱい走ってたのはよかったです。

ストーリー自体が結構読めちゃうのもこの映画の辛いところです。モールス信号の件とかは後から説明されてなるほどと思いますが、小出恵介さんとかは辞めたと見せかけて隠密的に動いてるんだろうなぁと思ってましたし。

それと、最後、車で逃げるシーンはなんですかね。完全にルパン三世になってましたけど、狙ってやってるんでしょうか?謎です。
ちなみに去年の実写版ルパン三世は見てないですが、ヤフーの平均点が2.73なのでジョーカーゲームの方が面白いみたいなんで深キョンファンとしてはよかったです。
シリーズ化できそうな雰囲気なので、このあとも深キョンいっぱい出てくれたら嬉しいです。

TOHOシネマズ六本木 シネマイレージデイ 1400円

スポンサーリンク
広告(大
広告(大

シェアする

フォローする