『誰よりも狙われた男』評価と感想/追悼フィリップ・シーモア・ホフマン

スポンサーリンク
広告(大)

渋いスパイ映画 ☆4点

予告編はこんな感じです


映画データはこちらからどうぞ
映画『誰よりも狙われた男』の作品情報:2014年2月に急逝したフィリップ・シーモア・ホフマン最後の主演作となった、ジョン・ル・カレの小説を実写化したスパイサスペンス。ドイツのハンブルクを舞台に、対テロ諜報(ちょうほう)チームを率いる男がテロリストの資金源となっている者の正体をつかんでいく。
『誰よりも狙われた男』は2014年の映画。『誰よりも狙われた男』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。
9.11以降のテロリストとの戦いを描いたジョン・ル・カレの同名小説の映画化です。
監督のアントン・コービンはアーティストのジャケ写などでフォトグラファーかと思っていましたが、最近は映画監督もするようでこれが3作目なんですね。

そしてフィリップ・シーモア・ホフマンの遺作でもあります。

スパイ映画というと、やはり「007」や「ミッション・インポッシブル」などを思い浮かべるのですが(3ではフィリップが武器商人の敵悪役を演じていましたね)、そのような派手なスパイ映画ではなく、どっしりと渋いスパイ映画でした。

フィリップ・シーモア・ホフマンはその容貌や雰囲気からおよそ諜報員らしい諜報員には見えないのですが、この諜報活動チーム自体が世間には知られていない存在みたいですし、国家公務員的なところを考えると案外リアルなのかな?とも思いました。

映画的には「踊る大走査線」みたいな管轄の違いによるジレンマを描いていると思います。ハリウッド映画でも市警察が追っていた容疑者をFBIがかっさらっていくみたいな。
この映画では悪者的な感じのCIAも視点を変えると『ゼロ・ダーク・サーティ』みたいになる訳で難しいところです。

映画はラストを観るととてもやるせない気持ちになります。フィリップ・シーモア・ホフマンの演技力の賜物で観客がバッハマンと完全に同化するからです。
と同時に予告編の最後に出る
「フィリップがいないと想うとこの映画のラストを観るのがとても辛い」
という監督のコメント通り、涙が溢れました。

謹んでご冥福をお祈りします。

TOHOシネマズシャンテ シネマイレージデイ 1400円

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

フォローする