レディ・バード 評価と感想/ニューヨークへ行きたいか!!

レディ・バード 評価と感想 映画感想
広告

自分の道は自分で切り開く強さ ☆4.5点

『フランシス・ハ』の主演女優でノア・バームバック監督のパートナーでもあるグレタ・ガーウィグが自身の出身地であるサクラメントを舞台に自伝的要素を取り入れて脚本と監督を務めた青春映画でアカデミー賞5部門にノミネートされた作品。
主演はシアーシャ・ローナン、共演にローリー・メトカーフ

予告編

映画『レディ・バード』予告

映画データ

レディ・バード|映画情報のぴあ映画生活
『レディ・バード』は2017年の映画。『レディ・バード』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。

本作は2018年6月1日(金)公開で、全国24館での公開です。
7月以降順次公開されるところも多いようで、最終的には62館での公開となるようです。

劇場では予告編は目にしませんでした。
アカデミー賞の監督賞や主演女優賞のノミネートで作品を知った感じです。

監督はグレタ・ガーウィグ
昨年観た『20センチュリー・ウーマン』で初めて知った女優さんなんですけど、2000年代のインディーズ映画の中でマンブルコアと呼ばれるムーブメントがあってその中心にいた人のようです。

グレタ・ガーウィグ、マンブルコア界の女王の全て【愛すべき映画人】 | ciatr[シアター]
ノア・バームバック監督の手がけるインディーズ映画に出演し、その不器用ながらにチャーミングなグレタ・ガーウィグの演技力に世界が注目。その後、出演作を増やし監督・脚本を手がけた『レディ・バード』がアカデミー賞にノミネートされる等の快挙を遂げています。そんなグレタ・ガーウィグの魅力とは?

主演はシアーシャ・ローナン
近作は『グランド・ブダペスト・ホテル』『ロスト・リバー』『ブルックリン』を観てます。

共演にルーカス・ヘッジズ
近作は『ムーンライズ・キングダム』『グランド・ブダペスト・ホテル』『マンチェスター・バイ・ザ・シー』『スリー・ビルボード』を観てます。

共演にティモシー・シャラメ
近作は『インターステラー』『クーパー家の晩餐会』『君の名前で僕を呼んで』を観てます。

他に共演と配役は以下の通りです。

クリスティン・マクファーソン(レディ・バード): シアーシャ・ローナン
マリオン・マクファーソン(母): ローリー・メトカーフ
ラリー・マクファーソン(父): トレイシー・レッツ
ダニー・オニール(最初の彼氏): ルーカス・ヘッジズ
カイル・シャイブル(二番目の彼氏): ティモシー・シャラメ
ジュリー・ステファンス(親友): ビーニー・フェルドスタイン
リバイアッチ神父(演劇の先生): スティーヴン・マッキンリー・ヘンダーソン
シスター・サラ・ジョアン(担任の先生): ロイス・スミス
ミゲル・マクファーソン(兄):ジョーダン・ロドリゲス
シェリー・ユアン(兄の彼女): マリエル・スコット
ジェンナ・ウォルトン(美人の方の友達): オデイア・ラッシュ
ミズ・ステファンス(ジュリーの母): クリステン・クローク
ダイアナ・グリーンウェイ: ローラ・マラノ
グレッグ・アンルー: ジョン・カルナ
Mr.ブルーノ: ジェイク・マクドーマン
ダーリン: キャスリン・ニュートン
マシュー: アンディ・バックリー
若い女性: ダニエル・マクドナルド

あらすじ

2002年、カリフォルニア州サクラメント。
閉塞感溢れる片田舎のカトリック系高校から、
大都会ニューヨークへの大学進学を夢見るクリスティン(自称“レディ・バード”)。
高校生活最後の1年、友達や彼氏や家族について、
そして自分の将来について、悩める17歳の少女の揺れ動く心情を
瑞々しくユーモアたっぷりに描いた超話題作!

公式サイトより引用)

ネタバレ感想

公式サイトのストーリーがかなり短いんで(笑)、詳しくはMovie Walkerウィキペディアのストーリーをご覧ください。

本作を観た印象は、ちょうど1年前、昨年の4月末頃の公開で『スウィート17モンスター』という映画があったんですけど、女性監督によるオリジナル脚本という点で似てるなぁと思いました。

スウィート17モンスター 評価と感想/真性かまってちゃんからの脱皮
ネガティブにさようなら ☆5点 監督であるケリー・フレモン・クレイグによるオリジナル脚本で初監督作品。17歳こじらせ女子の恋と青春を描く。 主演はヘイリー・スタインフェルド、共演にウディ・ハレルソン、ヘイリー・ルー・リチャードソン

同じ17歳という設定で、主人公の性格はだいぶ違う(でも自意識過剰のトコとか似ているか)んですけど、母親と兄との関係とか設定もかなり似てる気がしました。

『スウィート17モンスター』でもそうでしたけど、あの年になって親の車で送り迎えしてもらうことはダサいんですね。

学費は日本の3倍以上!?『レディ・バード』に見るアメリカの大学事情 | dmenu映画
本年度ゴールデン・グローブ賞で作品賞と主演女優賞を受賞し、アカデミー賞では主要5部門でノミネートされた『レディ・バード』(6月1日公開)。アカデミー賞のダークホースと噂されながら、惜しくも受賞は逃しましたが、当初は、全米でたった4軒の映画館で公開されていたのが、口コミで人気が広がり、1,557館もの映画館で公開されたと...

上の記事を読むと両作とも、アメリカのミドルクラス崩壊の側面を描いてる面もあるんだなぁと思いました。

主人公のレディ・バードはニューヨークの大学に行きたいっていう目的ははっきりしてますけど、そのための努力(勉強)をしてるか?っていうと疑問で、先生がカバンに保管してた成績表を捨てちゃったりします。
先生は後から生徒たちに自己申告させるんですけど、親友のジュリーなんかは正直に言うのに対し、レディバードはBマイナスかCプラスくらいの成績なのをBプラスとか言っちゃったりします。
冒頭の、ニューヨーク行きを母親に反対されると車から飛び降りちゃうシーンと併せて、映画なので笑いに転化させてますが、実際には目的のためには手段を選ばないタイプで危険だなとも思いましたが、若い頃から目的がはっきりしてる方がよいということと、自分の道は自分で切り開いていく力強さを感じました。

ラストの方、ニューヨークの大学に補欠合格して母親に言えなかった件から空港まで送ってもらう件は感動的なシーンでしたが、「北の国から ’87初恋」の泥のついた一万円札のシーンと共通するものがあるなぁと思いました。

「泥のついた一万円札」テレビドラマ史上に残る名作の感動のラストシーン。その撮影現場での感動秘話。
「泥のついた一万円札」という言葉を聞いて、このテレビドラマを思い浮かべる人は、 かなりドラマ好きで、しかも、ある年令よりは上ではないかと思います。 このドラマが放送されたのは、1987年3月ですから、今から28年前のことになります。 「北の国から'87初恋」  最初の連続ドラマから始まって、そのあと

爆笑したシーンは演劇クラスの先生が病気のために代わり、後任にアメフトコーチの先生が受け持つのですが、舞台上での段取りを全てアメフトの戦術で説明していて、あのシーンは今年観た映画の中でも一番バカで最高に笑えましたね。
監督のコメディエンヌとしての手腕が発揮されてると思います。

主役を演じたシアーシャ・ローナンは『ブルックリン』の頃に比べると少し痩せてて、『ブルックリン』のときはその役柄から黒木華さんっぽいと感想に書いたんですが、本作で受けたイメージは松岡茉優さんとか吉岡里帆さんですね。
アメリカでの女優としての立ち位置も松岡茉優さんと近いのではないか?と思いました。

勝手にふるえてろ 評価と感想/こじらせの深淵に引きずり込まれる
ザッツ・ザ・松岡茉優ショー ☆5点 芥川賞作家・綿矢りさが2010年に発表した同名小説の映画化で第30回(2017年)東京国際映画祭コンペティション部門観客賞受賞作。十年来の脳内彼氏とリアル恋愛の狭間でパニクる姿を描く。監督は大九明子、主演は松岡茉優、共演に石橋杏奈、渡辺大知、北村匠海

グレタ・ガーウィグ監督の脚本は当初350ページ以上あったらしく、そのまま撮ると6時間以上の作品になるおそれがあったようですが、本作は94分の上映時間に収められているのでテンポよく進み、途中でダレることも無かったので面白かったです。
物語がスピーディーに進むので、兄のミゲルが明らかに養子なのに劇中では全くそのことに言及されなかったり、演劇の先生が看護師である母・マリオンに病気のことを口止めしたり、シーンとしては観客に投げっ放しなんですが、基本的には本筋とは関わってこないコトですし、逆にあれこれ想像出来て、余白のある良い脚本だったのではないかと思いました。

出演者も若手注目株のルーカス・ヘッジズとティモシー・シャラメが揃っていて、現在(いま)必見の映画になってると思います。

鑑賞データ

TOHOシネマズシャンテ シネマイレージデイ 1400円
2018年 94作品目 累計87200円 1作品単価928円

コメント