グランド・ブダペスト・ホテル 評価と感想/お話が全然分からなかった

グランド・ブダペスト・ホテル 評価と感想
広告

眠くなってしまいました ☆3点

予告編

『グランド・ブダペスト・ホテル』予告編

映画データ

グランド・ブダペスト・ホテル (2013) - シネマトゥデイ
『ダージリン急行』などのウェス・アンダーソン監督が、格式高い高級ホテルを取り仕切るコンシェルジュと、彼を慕うベルボーイが繰り広げる冒険を描いた群像ミステリー。
グランド・ブダペスト・ホテル|映画情報のぴあ映画生活
『グランド・ブダペスト・ホテル』は2013年の映画。『グランド・ブダペスト・ホテル』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。

あらすじ

ヨーロッパ大陸の東端、旧ズブロフカ共和国の国民的大作家(トム・ウィルキンソン)が語り始めたのは、ゴージャスでミステリアスな物語だった……。

1968年、若き日の作家(ジュード・ロウ)は、休暇でグランド・ブダペスト・ホテルを訪れる。かつての栄華を失い、すっかり寂れたこのホテルのオーナー、ゼロ・ムスタファ(F・マーレイ・エイブラハム)には、いくつもの謎があった。

どうやって貧しい移民の身から大富豪にまで登り詰めたのか?
何のためにこのホテルを買ったのか?
なぜ一番狭い使用人部屋に泊まるのか?

好奇心に駆られた作家に対して、ゼロはその人生をありのまま語り始める。

遡ること1932年、ゼロ(トニー・レヴォロリ)がグランド・ブダペスト・ホテルのベルボーイとして働き始めた頃。
ホテルはエレガントな宿泊客で溢れ、伝説のコンシェルジュ、ムッシュ・グスタヴ・H(レイフ・ファインズ)は、ゼロの師であり父親代わりだった。
究極のおもてなしを信条とする彼は、マダムたちの夜のお相手も完璧にこなし、多くの客が彼を目当てにホテルを訪れていた。

しかし、彼の人生は一夜にして変わってしまう。
長年、懇意にしていたマダムD(ティルダ・スウィントン)が殺され、その遺言により貴重な絵画『少年と林檎』を受け取ったグスタヴが容疑者にされてしまったのだ。

ホテルの威信を守るため、謎解きに挑むグスタヴとゼロ。
コンシェルジュの秘密結社クロスト・キーズ協会(=鍵の秘密結社)や、ゼロの婚約者アガサ(シアーシャ・ローナン)の力を借りて、大戦前夜のヨーロッパ大陸を飛び回る。

2人に迫る警察と真犯人の魔の手、そして開戦、果たして事件の真相は……?

MovieWalkerより引用)

ネタバレ感想

結論からいくとウェス・アンダーソン作品は自分には合わないんだなと思いました。

去年、初めてウェス・アンダーソン監督作『ムーンライズ・キングダム』を観たのですがこのときも眠くなりました。

ムーンライズ・キングダム 評価と感想/絵本から飛び出してきたような世界観がカワイイ
可愛かったです ☆3.5点 予告編 映画データ あらすじ 1965年、アメリカのニューイングランド沖に浮かぶニューペンザンス島。12歳のスージー・ビショップ(カーラ・ヘイワード)は、厳格でお堅い父ウォルト(ビル・マー...

確かに飛び出す絵本みたいにカラフルで可愛くてカメラアングルなども凝っているとは思うんですが…。

ヤフーレビューとかの評価、結構高いですよね。
レビュー数もそこそこありますし。

しかも今回は群像ミステリーということで謎解き要素もあるだろうし、前作より面白く観れるんじゃないだろうかと期待して観に行ったんですけど、、、ダメでした。

なんか台詞が全然頭に入ってこないんですよね。
台詞自体が膨大だというのもあります(演じる役者さん達大変そう)し、喋るのも速い。
展開自体もスピーディーで全く付いていけませんでした。

要所要所に面白いシーン(指取れちゃうトコとか)はあるんですが、ぶつ切れな感じがして繋がってこないんですよね。

そしてどうしても全編通して眠くなる。
なので余計にストーリーが入って来ずという悪循環。

評価高い人多いので、よい映画だと思うのですが…。
ごめんなさいです。

鑑賞データ

角川シネマ新宿 TCGメンバーズ ハッピーフライデー 1000円

コメント