ロスト・リバー 評価と感想/えーっと

ロスト・リバー 評価と感想 映画感想
広告

む、む、む、むずかしい  ☆3点

予告編

ライアン・ゴズリング第一回監督作品『ロスト・リバー』予告編

映画データ

ロスト・リバー |映画情報のぴあ映画生活
『ロスト・リバー』は2015年の米映画。★★☆☆☆(49点)『ロスト・リバー』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。

ネタバレ感想

ライアン・ゴズリング第一回監督作品です。
ポスターなどのビジュアルイメージはまんま『ドライヴ』でしょうか。

映画館で予告編を見てもどんな映画か想像しにくかったんですが、見終わってもやっぱり難しかったです。

情けないことに序盤からウトウトしてしまいまして、この抑えがたき眠気はグザヴィエ・ドランに匹敵するという…。

映像とか雰囲気はデヴィッド・リンチっぽいです。
リンチはリバーじゃなくて、ハイウェイ撮ってましたね。

うーん、DVDでたらリベンジしたいです。

後半はちょっとグロ描写あって緊張感あって見れたんですが、いかんせん前半のお話が飛んでしまい、誰が誰かかもよく分からず…。

ただストーリーを追うような映画ではなく、アートですね。
アートを鑑賞する感じです。
なので映像とか凝ってましたし、綺麗でしたね。

レビュー書くのも難しい映画です。

鑑賞データ

ヒューマントラストシネマ渋谷 TCGメンバーズ ハッピーチューズデー 1000円

コメント