スキャナー 記憶のカケラをよむ男 評価と感想/最近は色んなタイプの特殊能力捜査モノがありますね

スポンサーリンク
広告(大)

動機の弱さ ☆3.5点

予告編


映画データ
映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』の作品情報:狂言師の野村萬斎と、俳優としての評価も高い雨上がり決死隊の宮迫博之がコンビ役で共演したミステリー。残留思念を読み取る特殊能力を持つ元お笑い芸人が、行方不明者の捜索を依頼されたのをきっかけに、かつての相方と一緒に事件解決に挑む。
『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』は2016年の映画。『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。
野村萬斎さん主演、古沢良太さん脚本ということで観に行ってきました。

ドンデン返しに次ぐドンデン返しで正直、犯人は外れましたけど、犯人が殺人に至る動機が弱いかなと思いました。
伏線の張り方と回収は上手いと思うんですけど、こういうのって犯人の心情にノレないとどうも薄っぺらく感じてしまうんですよね。
映画じゃなくて2時間のサスペンスドラマなら高評価になると思うんですが…

話変わりまして『ばしゃ馬さんとビッグマウス』のときにも思ったんですが、安田章大さんは演技上手いですね。

まさか、まさかの  ☆5点 予告編映画データ予備知識も入れず、ただお目当ての役者さんが少し出演されてると知って映画...
もっといろんな映画出られたらいいのになと思います。
今回、あの役も安田さんだから、何とか形にしたみたいなトコあると思いまして、彼じゃなかったらもっとリアリティなかったと思います。

話としては面白いと思うんですが、重ね重ね動機の部分をもう少しうまくクリアしてくれたら(『犬神家の一族』とかはそういう部分が上手かった)、もう☆1点くらいプラスしてもいいんだけどなぁ、と思いました。

TOHOシネマズ日本橋 シネマイレージデイ 1400円
2016年 48作品目 累計57100円 1作品単価1190円

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

フォローする

関連コンテンツ