モアナと伝説の海 評価と感想/ディズニー版西遊記みたいな感じも

モアナと伝説の海 映画感想
スポンサーリンク

映像は綺麗、歌もいい、ストーリーは普通 ☆4点

予告編

映画データ

(シネマトゥデイ)

モアナと伝説の海
映画『モアナと伝説の海』の作品情報:『アラジン』『ヘラクレス』などのロン・クレメンツとジョン・マスカー監督が再びタッグを組み、南太平洋に伝わる不思議な伝説を基に描くアニメーション。幼少時のある出来事をきっかけに海と強い絆で結ばれた、16歳のヒロインの大冒険を描写する。

(ぴあ映画生活)

モアナと伝説の海|映画情報のぴあ映画生活
『モアナと伝説の海』は2016年の映画。『モアナと伝説の海』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。

評判よさそうだったので観てきました。字幕版で鑑賞です。

タイトル通り、映像は綺麗で特に水のCGはアビスやターミネーター2から進歩したなぁと思いました。海底のカニのシーンでの蛍光色もよかったです。
歌もよかったかな、アナ雪みたいな感じです。

ストーリーは普通です。アナ雪よりやや落ちるか?
最近のディズニーはメッセージ性も盛り込んできてるので、その最たるものは『ズートピア』ですが、アカデミーの長編アニメ賞もそちらに軍配が上がりました。

ズートピア 評価と感想/メッセージ性もあっておもしろさもテンコ盛り、ディズニーすごっ
アナ雪、ベイマックスを超えてると思います  ☆5点 予告編 映画データ (シネマトゥデイ) (ぴあ映画生活) 肉食動物と草食動物の~ぐらいで、あんまり予備知識無く見た今作が、まさかのバディムービーとは思いもしませんでし...

去年のディズニーは『ズートピア』と『ファインディング・ドリー』というメッセージ性の強いものを公開したので、本作はそれらよりはお子様向けになってると思います。

ファインディング・ドリー 評価と感想/”障害者との接し方”で検索
これまた凄いネタをぶっこんできたなと  ☆5点 予告編 映画データ (シネマトゥデイ) (ぴあ映画生活) 吹き替え版で鑑賞しました。 『ファインディング・ニモ』から13年ぶりの続編でお話的には1年...

あと、マッドマックスの声がありましたが、確かに海賊出てくるシーンではマッドマックス感ありましたね。パイレーツ・オブ・カリビアンでもいいですけど。

ラストの方まで見ると西遊記っぽく感じると思います。
モアナが三蔵法師で、マウイが孫悟空、命の女神テ・フィティがお釈迦様。
マウイの釣り針は如意棒とか筋斗雲。
ペットの豚が猪八戒で鶏が沙悟浄。

んー、本作に関してはあまり書くことないですね。
つまらなくは無いですけど、自分的にはわざわざ映画館で観なくてもDVDでいいかな?という感じでした。

ていうか、実写版モアナの方が笑うw

(同時上映:インナー・ワーキング)

インナー・ワーキング
映画『インナー・ワーキング』の作品情報:日系ブラジル人のレオナルド・マツダが監督を務め、一人の男性の体の中でまったく異なる気質が対立する様子をコミカルに描く短編アニメーション。主人公が、理性派の“脳”と情熱派の“心臓”に振り回される日常を活写する。

鑑賞データ

TOHOシネマズ日劇 TOHOシネマズデイ 1100円
2017年 39作品目 累計37700円 1作品単価967円

コメント