邦画

映画感想

虹色デイズ 評価と感想/帰宅部の青春、2018年の純情

ミュージックビデオ的なセンスが光る良作 ☆4.5点 2012年から2017年まで「別冊マーガレット」に連載された水野美波の同名漫画の実写映画化で主人公である男子高校生4人の恋と友情を描いた作品。 監督は飯塚健、主演に佐野玲於、中川大志、高杉真宙、横浜流星
映画感想

パンク侍、斬られて候 評価と感想/スベリにスベリ倒した131分

dTVによる完全なる失敗作 ☆2点 芥川賞作家・町田康が2004年に発表した同名の異色時代劇小説を、脚本・宮藤官九郎、監督・石井岳龍で映画化。 主演は綾野剛、共演に北川景子、東出昌大、染谷将太、浅野忠信、永瀬正敏、國村隼、豊川悦司
映画感想

猫は抱くもの 評価と感想/何で舞台風?予告編のアップに騙された

鑑賞後感はいいものの終盤までが辛すぎる ☆2.5点 2015年に刊行された猫と人間の絆を描いた大山淳子の同名連作短編小説を一本のストーリーにして映画化。 監督は犬童一心、主演は沢尻エリカ、共演に吉沢亮、峯田和伸、コムアイ
映画感想

焼肉ドラゴン 評価と感想/リヤカー1つあれば何とかなる

舞台作を上手く映像化できたと思います ☆4点 2008年に新国立劇場10周年とソウル芸術の殿堂20周年を記念して企画された鄭義信による舞台作品で、2011年と2016年に再演された同名作品の映画化。 監督は舞台版の演出と同じく鄭義信、主演に真木よう子、井上真央、大泉洋
映画感想

万引き家族 評価と感想/わたしは、コレエダ・ヒロカズ

批判もあるが、結果パルムドール受賞作が大ヒットになってよかった ☆4.5点 是枝裕和監督による長編映画14作目で第71回(2018年)カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作品。 年金不正受給事件を軸に現在の日本の様々な社会問題を描いたオリジナル脚本。 W主演にリリーフランキーと安藤サクラ
映画感想

羊と鋼の森 評価と感想/本屋大賞+お仕事ムービー=良作

才能について考えさせられる良作 ☆4.5点 第13回2016年本屋大賞を受賞した宮下奈都の同名小説を映画化した作品で、ピアノの調律師になる主人公の成長を描いたヒューマンドラマ。 監督は『orange-オレンジ-』の橋本光二郎、主演は山﨑賢人、共演に鈴木亮平、上白石萌音・萌歌、三浦友和
映画感想

空飛ぶタイヤ 評価と感想/小説・ドラマ版を上手くまとめた佳作

長瀬vsディーンの構図がよい ☆4点 2005年に池井戸潤が発表し、2009年にWOWOWでドラマ化もされた、三菱自動車リコール隠し事件をモデルとした経済小説を、池井戸小説としては初映画化した作品。 監督は木本克英、主演は長瀬智也、共演にディーン・フジオカ、高橋一生
映画感想

OVER DRIVE 評価と感想/レインボーブリッジ封鎖しちゃいました

めちゃめちゃバブリーな映画でした ☆3.5点 世界ラリー選手権(WRC)に繋がる架空の国内ラリーシリーズを舞台にメカニックである兄とドライバーである弟を描いたカーレース映画。 監督は羽住英一郎、W主演に東出昌大と新田真剣佑、共演に森川葵、北村匠海、吉田鋼太郎、特別協賛にトヨタ自動車
映画感想

50回目のファーストキス 評価と感想/雛型がいいんだと思います

序盤はやりすぎ感あって笑えず ☆3.5点 2004年にアメリカで公開され興収1億ドル超えのヒットとなったアダム・サンドラーとドリュー・バリモア主演の同名タイトルのラブコメディーのリメイク作品。 監督は福田雄一、主演に山田孝之、長澤まさみ
映画感想

Vision 評価と感想/LDH×河瀬直美×ジュリエット・ビノシュの謎

吉野の森に癒された ☆3点 『殯の森』でカンヌ国際映画祭グランプリを受賞している河瀬直美監督が、世界三大映画祭の全てで女優賞を受賞しているフランスの女優ジュリエット・ビノシュを主演に迎え、監督の故郷である奈良を舞台にオールロケを敢行したヒューマンファンタジーでW主演に永瀬正敏