邦画

映画感想

ギャングース 評価と感想/リアルさとフィクションのバランスが悪く

入江版『万引き家族』の趣もあるが ☆3点 2010年に刊行された鈴木大介のノンフィクション「家のない少年たち」を原案に、2013年から2017年まで「週刊モーニング」に連載された、鈴木大介原作・肥谷圭介作画の同名漫画の実写映画化で、社会の...
映画感想

ハード・コア(山下敦弘監督)評価と感想/オフビートが自分には合わず

現代的にアップデートした方がよかったかも ☆3点 1991年(平成3年)から93年までグランドチャンピオンに連載された、狩撫麻礼原作・いましろたかし作画の漫画「ハード・コア 平成地獄ブラザース」を、原作ファンの山下敦弘監督と山田孝之がタッ...
映画感想

真っ赤な星 評価と感想/よく分かりませんでした

もう少しストーリーが欲しかった ☆2.5点 前作『溶ける』が第70回カンヌ国際映画祭シネフォンダシオン部門に正式出品され注目を集めた22歳の俊英、井樫彩監督の初長編作にして劇場映画デビュー作品。 孤独を抱える14歳の少女と27歳の女性の...
映画感想

銃 評価と感想/銃のある生活

見どころは親子共演くらいでしょうか ☆3点 芥川賞作家・中村文則のデビュー作で新潮新人賞を受賞した小説の映画化。 とある事件現場の遺体そばに落ちてた銃を拾った大学生の青年が、次第に銃の魅力に取り憑かれていく様を描いた作品。 監督は武正...
映画感想

人魚の眠る家 評価と感想/違う意味で面白かった

感動、ホラー、通り越してギャグだったw ☆3.5点 2015年に幻冬舎から出版された東野圭吾作家デビュー30周年記念小説の映画化。 プール事故で脳死判定をされた愛娘の死を受け入れられない母親が最新の技術を使って自宅治療を選択したことから...
映画感想

ういらぶ。 評価と感想/なぜ「DAISUKI!」風?

佐藤祐市監督でも如何ともし難く ☆1点 小学館の少女漫画雑誌Sho-Comiに2015年から連載され、LINEマンガの少女部門で月間1位になり、累計180万部を超えた星森ゆきも作「ういらぶ。-初々しい恋のおはなし-」の実写映画化作品。 ...
映画感想

生きてるだけで、愛。 評価と感想/メンヘラ過ぎて、無理。(笑)

自分の話かと思った(笑) ☆4点 劇作家・演出家で2016年に芥川賞を受賞した本谷有希子の、2006年に出版された第135回芥川賞候補の同名小説の映画化で、監督はカンヌ国際広告祭で受賞してる映像ディレクターの関根光才で長編劇場映画デビュー...
映画感想

スマホを落としただけなのに 評価と感想/スマホを落としただけじゃない

ネットリテラシーも低かった ☆3点 宝島社主催『このミステリーがすごい!』大賞の2016年隠し玉作品だった志駕晃の小説「パスワード」を加筆修正・改題し2017年に出版された同名小説の映画化。 彼氏がタクシーにスマートフォンを忘れたことか...
映画感想

ビブリア古書堂の事件手帖 評価と感想/古書から紐解くファミリーヒストリー

つまらなくは無いが面白くも無く ☆3点 テレビドラマ化もされた三上延によるライトノベルミステリーをドラマ版とは異なるスタッフ・キャストで映画化。 極度の人見知りだが古書に関して並外れた知識と洞察力を持つビブリア古書堂店主の栞子が客が持ち...
映画感想

あいあい傘 評価と感想/映画でやる意味が分からず…。

舞台で十分なんじゃないでしょうか ☆1.5点 2012年に解散した劇団「東京セレソンデラックス」の主宰である宅間孝行の作・演出・主演で2007年に上演した同名舞台を自身で監督して映画化。 25年前に生き別れた娘と父の再会を描いた物語。 ...