リアル~完全なる首長竜の日~ 評価と感想/自分的にはアリ

スポンサーリンク
広告(大)

厳しい意見が多いようですが ☆3.5点

あらすじとかは映画.comさんでどぞ

綾瀬はるかさんが中谷美紀さんのトイレに必ずついてくる、といった舞台挨拶のニュースは目にしていたのですが映画は全くのノーマークでした。
タイトルで『ドラえもんのび太の恐竜』や『REX恐竜物語』のような子供向けの恐竜映画を思い浮かべていて食指が動かなかったのですが、ひょんなことから黒沢清監督作品で原作がこのミステリーがすごい大賞ということを知り、俄然見たいと思いました。

原作は読んでないのですが、どうやら原作とは全然違うようですね。
首長竜とセンシングの骨格だけを生かした別の作品に仕上がっているようです。
黒沢監督お得意のホラー的表現は原作には全く無いもののようですし、ラストも違うようで原作ファンにしてみるとあれ?ってなるのかと思います。
また綾瀬さん佐藤健さんファンの方で黒沢監督作品に免疫がない方がご覧になるとえぇっとなって厳しい意見に繋がるのかな?とも思いました。

私個人の感想としてはアリだと思いました。
センシング中の映像表現(車を運転する時のチープな感じやフィロソフィカルゾンビ、お得意の死体などなど)は黒沢監督ならではですし、なぜか突然の首長竜のCGもなかなか気持ち悪くてよかったです。
ストーリー的には(どんでん返しも含め)世にも奇妙な物語にありそうな感じですが、ちゃんとオチに向かって収束してますしハッピーエンド的なのも良かったです。

思うにこの作品の評価が厳しいのは、これまでの黒沢映画と扱われ方が違うからなのかなーとも思います。
黒沢監督は本来、独自の作家性が強い監督ですしどちらかというとミニシアターでマニア受けするような監督だと思うのですが、本作は大作でメジャー映画のような公開館数ですし、普段そういった映画しか見ない方が見ると嫌悪感を抱くかなぁと。
洋画も邦画も大作が占める中、独自の作家性をもつ監督達は非常に映画を撮り辛い状況にあると思います。
そういった意味でこの映画を撮る決断したのは黒沢監督にとってはチャレンジだったのではないでしょうか。
次回作が尖閣問題による製作会社の破産で製作中止になったのが気になるところであります。

TOHOシネマズ有楽座 シネマイレージデイ 1000円

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

フォローする

関連コンテンツ