『アンチヴァイラル』評価と感想/白さが印象的でした

スポンサーリンク
広告(大)

クリニックの看板がカッコいいです ☆3点

あらすじとかは映画.comさんでどぞ

デヴィッド・クローネンバーグの息子さんの長編初監督作品です。

先日観たお父さんの『コズモポリス』は膨大な会話劇が中心で(未見ですが『危険なメソッド』も同じだったようで)非常に難解で、昔も分かり辛かったけど、年を取って更に分かり辛くなってきており、お父様は凡人には理解できぬ高みに行かれてしまったのだなぁ、と思っていたところ、予告編でこの映画を知り、お父さんのテイストが有りつつ分かりやすそうと期待に胸を膨らませての鑑賞です。

『コズモポリス』評価と感想/現代アメリカ文学界を代表する作家の小説を映画化です
辛い、辛過ぎる  ☆3点 (あらすじとかは映画.comさんでどぞ)若くして投資で成功した社長がリムジンに乗って髪を切りに床...
結果としましては予告編の映像がMAXな感じで、SFミステリーとしてストーリーはちゃんとあるのですがやや分かり辛かったです。
あまり哲学的なモノは無かったので、もうちょっとストーリーを分かりやすくしてくれたらよかったなと思います。

それともっとヘンなのがいっぱい出てくると思ったのですが、予告編のがMAXだったのも残念なところでした。

とはいえデビュー作ですしオリジナルストーリーとしては面白い着眼点だと思いますし、ブランドンホワイトとでもいいましょうか、独特の白さは彼の特徴になるかと思います。

昔のお父様のようにちょっとヘンだけど、なんとなく分かる映画を是非撮っていただきたいと思いました。

シネマライズ 一般料金 1800円

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

フォローする