鋼の錬金術師 評価と感想/ホムンクルスは電気羊の夢を見るか?

鋼の錬金術師 映画感想
広告

コスプレ学芸会かと思った(笑) ☆3点

2010年まで「月刊少年ガンガン」に連載されていた同名漫画の実写映画化で、監督は『ピンポン』の曽利文彦
主演はHey! Say! JUMPの山田涼介、共演に本田翼、ディーン・フジオカ、松雪泰子

予告編

YouTube

映画データ

鋼の錬金術師 (2017) - シネマトゥデイ
荒川弘の大ヒットコミックを、『暗殺教室』シリーズなどの山田涼介主演、『ピンポン』などの曽利文彦監督で実写映画化。

鋼の錬金術師|映画情報のぴあ映画生活
『鋼の錬金術師』は2017年の映画。『鋼の錬金術師』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。

本作は2017年12月1日(金)公開で全国341館での公開です。
邦画ではこの冬のワーナー・ブラザース大作で予告編は頻繁に目にしました。

原作漫画は未読でアニメも見てないです。

監督は曽利文彦さん
TBS在籍時に『ピンポン』を監督しスマッシュヒットさせます。

その後TBSの連結子会社でVFX・映画制作会社OXYBOTを立ち上げ、『ICHI』『あしたのジョー』を監督してます。

主演は山田涼介さん
近作は『グラスホッパー』『ナミヤ雑貨店の奇蹟』を観てます。

共演に本田翼さん
近作は『ニシノユキヒコの恋と冒険』を観てます。

共演にディーン・フジオカさん
近作は『結婚』を観てます。

共演に松雪泰子さん
近作は『脳男』を観てます。

他に共演と配役は以下の通りです。

エドワード・エルリック: 山田涼介
ウィンリィ・ロックベル: 本田翼
ロイ・マスタング: ディーン・フジオカ
マース・ヒューズ: 佐藤隆太
リザ・ホークアイ: 蓮佛美沙子
マリア・ロス: 夏菜
グレイシア・ヒューズ: 原田夏希
ドクター・マルコー: 國村隼
ショウ・タッカー: 大泉洋
ハクロ将軍: 小日向文世
コーネロ教主: 石丸謙二郎
ラスト: 松雪泰子
エンヴィー: 本郷奏多
グラトニー: 内山信二

あらすじ

幼くして天才的才能を持つエドと弟アルは、亡くなった母にもう一度会いたいと禁忌(きんき)の「人体錬成」に挑んだ。しかし、結果は失敗。“錬金術とは等価交換である――”その容赦ない鉄則は、エドの左脚と、アルの身体すべてを奪い去った。瀕死のエドは、自らの右腕と引き換えに弟の魂をなんとか引き戻し、近くにあった鎧に定着させた。
多くを失ったエドだが、諦めはしなかった。アルを元の身体に戻す。そう決心し、鋼(はがね)の義肢、オートメイル(機械鎧)をつけた身で、史上最年少の国家錬金術師「鋼の錬金術師」になった。兄は、自分が巻き込んでしまった弟のために。そして弟は、命を捨てる覚悟で自分の魂を錬成してくれた兄のために。絶対の絆で結ばれた兄弟は、失った身体を取り戻すため、カギとなる伝説の「賢者の石」を求めて旅に出る。
支え励ましてくれる人々との出会い。二人の前に現れる謎多きホムンクルス(人造人間)たち。その先に待ち受ける驚愕の真実。そして兄弟は再び、「人間の命とは何なのか──」という命題と向き合うことになる。どんな困難が待ち受けていようとも、エドとアルは前へと進む。すべてを圧倒する愛と信頼、そして兄弟の絆を懸けた、超ド級の冒険が今、始まる!

公式サイトより引用)

ネタバレ感想

映画は冒頭のエドとアルの子供時代からお遊戯会な感じで子ども向けの映画だと思いました。

お遊戯会で「子どもの演技を笑わないで」 理由に納得 - ライブドアニュース
作家の大西科学氏が投稿したツイートに、納得の声が相次いでいる。幼稚園の先生に、お遊戯会での子どもの演技を「笑わないで」と言われたそう。子どもは笑われたと感じ、バカにされたと傷付いてしまうのだという

対コーネロ教主の一連のアクションシーンはアップの多用とローアングルでコミック的なカット割りが多く、いまどき東映ヒーロー物でもそんな撮り方しないぞと思います。
フィックスのシーンでも微妙にカメラが揺れていて、心情を映し出すシーンでも無いのになんでだろ?と思いました。

コーネロ戦が終わり、エドとアルが軍に着くと主要登場人物紹介コーナーになりますが、なんでしょうか?このコスプレ感(笑)
明るいからですかね?

冒頭からヨーロッパな街並みの舞台は『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』と同じなんですけど

映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』本編オープニング映像13分【HD】2017年8月4日(金)公開

ジョジョの方が、まだフィルムっぽいのに対し、本作の方が白っぽいからかなぁ。
ていうか、ジョジョ本編オープニング映像改めて見たら、國村隼さん同じような役で出てますね。
途中で殺されちゃう役。
ブラックレインでバイクに乗って散ってた頃が懐かしい。

松雪泰子さん演じるラストが出てくるといいですね。
基本、あんまり明るい所で出てこないこともありますし、胸ばっか見てました。

胸の谷間。
ほぼ、胸の谷間に意識を集中して見てましたね。

物語はショウ・タッカーが自分の娘をキメラにした辺りから面白いと思いました。

鋼の錬金術師で自分の娘をキメラにした畜生wwwwww(画像あり) : アニはつ -アニメ発信場-
1: 2017年4月20日(木) いかんでしょ 2: 2017年4月20日(木) おにいちゃ… 3: 2017年4月20日(木) 勘のいいガキは嫌いだよ7: 2017年4月20日(木) エド、ワード 6: 2017年4月20日(木) アニメ1期のあいつはいい具合に狂ってた 9: 2017年4月20日(木) ...

色んな映画でマッドサイエンティストが登場しますが、自分の妻や娘を手にかけるって珍しいパターンでしょw

ラストの方になると映像もよくなりますね、夜のシーンとかで暗くなるので。
映画観てる途中で気が付いたんですけど、あのヨーロッパな街並みは『ハリー・ポッター』みたいな感じで撮った方がいいと思ったんですよね。

ストーリー的にも、原作は知らないですけど、ヒューズ中佐がマスタング大佐に殺されるのはエンヴィーが化けた仕業だなと読めますし、ハクロ将軍が第五研究所を缶詰工場跡とミスリードするので黒幕だなと読めるのがいいです。

賢者の石がアウシュビッツや731部隊を想起させるのもよかったです。

731部隊の真実~エリート医学者と人体実験~
NHKスペシャルの番組公式サイトです。

戦争イクナイ!

そしてあの、不死の軍団ていうんですか?
あれボトボト落ちてくるのは同じワーナーブラザース映画でゴキブリ人間を大量登場させてるのでお手の物です。

テラフォーマーズ 評価と感想/ゴキブリの時点で見る人が限られる映画
ハードルを下げて見たら案外楽しめた ☆3.5点 予告編 映画データ 評価が低かったので、酷いのだろうなと思って観に行きましたが、そこまで酷評するほどでもなかったです。 まぁ原作読んでなくて思入れが...

迎え撃つリザ・ホークアイだけが夜になってもコスプレ感が拭えないですけど、物語が面白くなってきたので許します。

ラストでラストが胸に手をかけたので、おっぱい見せてくれちゃうのかしら?と思ったんですけど、体の中まで見せてくれて賢者の石が埋め込まれてます。

すると人造人間の悲哀が!
ブレードランナーかっ
「あぁ、これで死ねるのね…人間みたいに…」
って、ルトガー・ハウアー演じたロイ・バッティみたいで泣けます。

ブレードランナー 2049 評価と感想/元の世界観の完コピぶりが凄い
しかし話は面白くなかった ☆4点 フィリップ・K・ディックのSF小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を原作に1982年に制作された『ブレードランナー』の続編でオリジナルの30年後の世界を描く。製作総指揮リドリー・スコット、監督ドゥニ・ヴィルヌーヴ、主演ライアン・ゴズリング

そしてディーン・フジオカさん演じる火拳のエースつえぇぇぇ
マスタング大佐
エンドロール後、焼死体のエンヴィーから虫みたいのがポロっと。

続編作る気満々やんけ、と思いましたけど全ては興収次第でしょう。

 

分からない単語とかあらすじはこちらを参考にさせていただきました。

劇場版「鋼の錬金術師」が面白かった件:えぬやのブロマガ
どうも、えぬやです。 いつもはモデリングとゲームを趣味にしてる畜生です。 そんな私が昔から好んでならない漫画があります...

(コメント厳しいなぁ(笑))

しかし、あれなんですね、「ブレイキング・バッド」のシーズン1の3話で描かれていた人間の成分、ハガレンの方が先だったんですね。

人間の成分を合計しても0.111958%足りない…ことはない【重箱の隅】
劇中では「人体を構成するすべての要素を足しても、0.111958%足りない」と言っていますが、本当にそうなんでしょうか?ウォルターによると人体を構成する化学物質は以下の通り(モル単位)(モル単位が何か...

足りない魂(ソウル)の部分は兄弟の血で埋めようとするも失敗するというわけです。

錬金術も不老不死も興味ないですけど、等価交換の法則はいいですね。
パチンコもパチスロも等価交換じゃなくなった世知辛い世の中ですから。

パチンコファン大騒ぎ 東京都のホールで「等価交換」が禁止に - ライブドアニュース
東京都のパチンコホール全店で2015年11月2日までに、換金用としてパチンコ玉と交換されている「特別景品」の価格が値上げになる。これによって、一玉4円で買ったパチンコ玉が、同じ値段の4円で換金される「等価交換

本作は序盤の映画のルックを観たときはどうしようかと思ったのですが、後半はよくなってきました。
イタリアロケじゃない部分かな?

監督のインタビューを読むとアルはフルCGなんですね。

実写版『鋼の錬金術師』曽利文彦監督インタビュー、CGや背景への徹底的なこだわり「言葉を重ねるよりもぜひともご覧いただきたいです」
2017年12月1日から公開されている映画『鋼の錬金術師』を手がけた曽利文彦(そりふみひこ)監督に、「国内最高レベル」のCGのことからファンタジーの世界を実写化するにあたってのキャストや背景のこと

違和感なくて凄いと思いますけど、観客が気づかないくらいなら着ぐるみに合成でもいいかなと思います。
予算次第ですけど、フルCGの方がお金かかりますよね?

 

今年はこれでコミック原作(戦う系)の大作は終了ですよね。
自分が観て面白かった順にあげておくと

銀魂』 ワーナーブラザース配給 推定興収38.5億円

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』 東宝・ワーナー配給 推定興収9.1億円

無限の住人』 ワーナーブラザース配給 推定興収9.5億円

東京喰種 トーキョーグール』 松竹配給 推定興収10.6億円

亜人』 東宝配給 推定興収14.2億円

という感じです。

ひと頃に比べるとヒットしなくなったコミック大作ですが、興収10億円くらいいけば元取れるんですかね?

でも『無限の住人』『銀魂』『東京喰種』本作と、丸の内ピカデリーで観たんですけど、『銀魂』以外はガラガラでして鑑賞環境としてはよかったんですけど、劇場の経営がちょっと心配になりました。

鑑賞データ

丸の内ピカデリー SMTメンバーズ割引料金 1200円
2017年 201作品目 累計216400円 1作品単価1077円

コメント