『キング・オブ・エジプト』評価と感想/金ピカゴージャスです

スポンサーリンク
広告(大)

アトラクションムービーに偽りなし、楽しい ☆4点

予告編はこんな感じです


映画データはこちらからどうぞ
映画『キング・オブ・エジプト』の作品情報:『ノウイング』などのアレックス・プロヤス監督がメガホンを取り、古代エジプトの王座をめぐる壮絶なバトルを描く冒険アクション。神と人間が共に存在する世界で、王座獲得の命運を左右する“神の眼”を盗み出そうとする泥棒の奮闘を映し出す。
『キング・オブ・エジプト』は2016年の映画。『キング・オブ・エジプト』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。
2D字幕版で鑑賞。

アメリカ本国では公開前から、エジプトなのに白人設定ばっかりなのはおかしい(ホワイトウォッシュ)と非難を浴びて、大コケしちゃったみたいですけど、頭空っぽにして見れば楽しかったです。

レビュータイトル通り、宣伝で謳ってるアトラクションムービーの表現に偽りなしで、自分は2Dで観ましたが3Dで観たらもっと楽しいだろうなぁと思いました。

エジプト神話をよく知らないのですが、おそらく荒唐無稽な話だろうと思います。
ただパズドラのおかげでホルスやラーといったおなじみの名前が出てくるのでとっつきやすいです。

映画は神様(ホルス)と人間のバディムービーで、反発しあいながらも協力してテンポよく進んでいく、バディものの良いところを踏襲しています。

CGもエジプトなので金ピカ(牙狼みたい)がふんだんに使われいてとてもゴージャスです。
神様の血液も血じゃなくて、純金というのがよかったです。
血がでない映画でした。

神様が人間より若干大きいところとか、祖父の太陽神ラーのメラメラ効果のCGとかもよかったです。

主人公たちにピンチがあっても安心して見てられますし、プレステのRPGゲームとかのオープニングムービーが延々と続く感じで、総じてとても楽しいです。

日本語字幕監修が吉村作治先生だったんですけども、あんまり考古学的なこととかなかったので、監修するほどのものでも無いかなぁと思いました(笑)。

TOHOシネマズ六本木 シネマイレージデイ 1400円
2016年 104作品目 累計118500円 1作品単価1139円

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

フォローする