超高速!参勤交代 リターンズ 評価と感想/行きも帰りも大変です

映画感想
スポンサーリンク

今回は、前作ヒットご褒美映画かな  ☆3点

予告編

映画データ

(シネマトゥデイ)

超高速!参勤交代 リターンズ
映画『超高速!参勤交代 リターンズ』の作品情報:幕府の陰謀で5日以内の「参勤」という難題を突き付けられた東北の弱小貧乏藩が、知恵を絞って危機に立ち向かう『超高速!参勤交代』の続編。

(ぴあ映画生活)

超高速!参勤交代 リターンズ|映画情報のぴあ映画生活
『超高速!参勤交代 リターンズ』は2016年の映画。『超高速!参勤交代 リターンズ』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。

前作のヒットを受けて製作された本作ですが、正直、ストーリーはイマイチだった気がします。

前作は参勤交代を5日間で成し遂げれば成らないというのを、どうやってクリアするかというアイデアの面白さがあったと思うんですけど、今作は同じ手は使えない訳で…。

代わりに今作ではアクション(殺陣)に重点を置いていた気がします。

宍戸開さん、渡辺裕之さん、中尾明慶さんなど、前作に比べ敵脇役なども含めてキャストが豪華になっていて、それぞれのキャラクターに見せ場を作る感じなので、ストーリーの流れがよくなかった感じがします。

剣術アクションも頑張っていると思うんですが、『るろうに剣心』とか見ちゃいますと…。

あと、やっぱり気になるのが弱小藩が無双過ぎるんですよね。
一足先に『真田十勇士』見てるみたいな…。

ただ、とっつきやすいのは、暴れん坊将軍(八代吉宗:市川猿之助さん)や大岡越前(古田新太さん)など時代劇で見慣れてる人物が出てきて、それがまた普段の設定通りにいい人なので、安心して見ていられることですかね。

可もなく不可も無くって感じで大きなスクリーンじゃなくてもいいかな?という感じはします。

鑑賞データ

丸の内ピカデリー 毎月20日SMTデイ 1100円
2016年 105作品目 累計119600円 1作品単価1139円

コメント