2018-04-4

スポンサーリンク
映画感想

さよなら、僕のマンハッタン 評価と感想/父さん、ぼくは不純です

よくこんな脚本思いつくなと感嘆 ☆5点 マーク・ウェブ監督が『(500)日のサマー』で長編デビューする前から惚れ込んでいたアラン・ローブによる脚本を10年の時を経て映画化した青春ドラマ。 主演はカラム・ターナー、共演にジェフ・ブリッジス、ケイト・ベッキンセイル、ピアース・ブロスナン
スポンサーリンク