2018-04-4

スポンサーリンク
映画感想

ヴァレリアン 千の惑星の救世主 評価と感想/バディ物として楽しめる

大コケするほど悪くない ☆4点 スター・ウォーズにも影響を与えたといわれる1967年から連載されたフランスの人気コミック「ヴァレリアン&ロールリンヌ」全23巻の中から「千の惑星の帝国」「影の大使」というエピソードを実写映画化。 監督はリュック・ベッソン、主演にデイン・デーハン、カーラ・デルヴィーニュ
スポンサーリンク