トゥモローランド 評価と感想/さっぱり訳わからず

トゥモローランド 評価と感想 映画感想
広告

いやー、ごめんなさい。全く分からなかったです  ☆2.5点

予告編

映画『トゥモローランド』予告編

映画データ

トゥモローランド (2015) - シネマトゥデイ
『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』などのブラッド・バード監督と、名優ジョージ・クルーニーのタッグで放つ話題作。
トゥモローランド|映画情報のぴあ映画生活
『トゥモローランド』は2015年の映画。『トゥモローランド』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。

あらすじ

1964年― 人類の明るい未来を展望するニューヨーク万国博覧会、11歳のフランク・ウォーカーは賞金50ドルが懸った発明コンテストにジェットパック=人間が飛べる装置でエントリーしようとするが、審査員に冷たくあしらわれる。落ち込むフランクの前に現れたのが、不思議な美少女アテナ。フランクを慰め<T>のロゴをあしらったピンバッジを差し出す。
アテナに促され、ウォルト・ディズニーが出展していた<イッツ・ア・スモール・ワールド>のパビリオンに潜入したフランク。するとヨーロッパゾーンのエッフェル塔に差し掛かった瞬間、ピンバッジに光が当たり、フランクのボートは地下の秘密ルートへ。そして暗闇を抜けた瞬間、見たこともない革新的なテクノロジーに彩られた超ハイテク都市空間が広がっていた。謎の少女アテナは彼に向かい「“トゥモローランド”よ」と微笑んだ。

現代― 幼いころから宇宙旅行を夢見てきたケイシーは、スペースシャトル計画が終わり、NASAの発射台が廃棄されかけている現状に不満を抱き、夜な夜な宇宙センターに忍び込み解体作業を阻止しようとしていたが、ある夜、警察に見つかり逮捕されてしまう。そして、釈放の際に返された自分の手荷物の中に見慣れないピンバッジが。そのバッジに触れると、突然目の前に小麦畑が広がり、遠くには巨大な未来都市がそびえ立つのが見えた。

ピンバッジの効力が消え、現実に引き戻されたケイシーはその驚きに満ちた未来都市の場所を探るべく行動を起こす。そんな彼女の前に現れたのは、謎の美少女アテナ。ケイシーにピンバッジを贈ったのはアテナで、その未来都市“トゥモローランド”へ行くには、そこへの行き方を知る唯一の人物、フランク・ウォーカーの助けが必要だった。ふたりは、フランクに会うために車を走らせる―。
果たして、トゥモローランドは誰が何のために、どこに創りあげた都市なのか?ケイシー、フランク、アテナは人類の未来を決する大冒険に身を投じて行くのだった・・・・。

公式サイトより引用)

ネタバレ感想

録画ビデオに話しかける、噛み合わないジョージ・クルーニーと少女の会話で始まるオープニング。

ふっくらした丸顔の少年発明家クルーニー坊やが万博会場から、坊やが思い描いた未来へ行く辺りまでは良かったのですが…。

クルーニー坊やとそばかす少女は可愛かったのですが、そばかす少女と女子高生、女子高生とクルーニーおじさんの会話がずっとギスギスしていて、観てて辛いのです。

それに説明らしき説明は一切省かれているので、何のことを話しているのかよく分かりません。

また、映画自体のお話もどこに向かっているのかがよく分からず、最後に少年少女にバッジを配っている辺りで、ようやく何となく言いたいことが分かってきましたが、それまでの2時間が辛すぎました。

そばかす少女がロボットだと判明する辺りから、ターミネーターやマトリックスのようなアクション映画っぽくなり、その場面場面では面白いんですが、そもそも一体なぜそんなことが起きてるのかがよく分からないので辛いのです。

あまりにも分からないのでヤフー映画のレビューを見たんですけど、そこの「役立ち度」が多く付いているレビューを見ても、「ニコラ・テスラ」とか「秘密結社プルス・ウルトラ」とか『ダ・ヴィンチ・コード』みたいな話になっていて、えーそこまで分かりませんよー、という感じです(と、ここで公式サイトを初めて見てみたんですが、そこでも軽く触れられてるんですね)

<『トゥモローランド』を読み解く、6つのヒント>

ディズニー映画『トゥモローランド』公式サイト
ウォルト・ディズニー最大の謎にして最高のプロジェクト 『トゥモローランド』

んー、なんか奥が深そうな気もしますが、映画としては面白いか面白くないかで言われれば、面白くなかったです(興味ある方は「ニコラ・テスラ 秘密結社プルス・ウルトラ」で検索)

鑑賞データ

TOHOシネマズ日劇 ファーストデイ 1100円

コメント