バイオハザード:ザ・ファイナル 評価と感想/ファイナルにして初鑑賞

スポンサーリンク
広告(大)

カット数の世界記録を目指すのか? ☆1点

予告編はこんな感じです


映画データはこちらからどうぞ
映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』の作品情報:ミラ・ジョヴォヴィッチがヒロイン・アリスにふんし、激しいサバイバルを繰り広げる超大作アクションシリーズの第6作にして最終章。人類最後の生存者となったアリスと、宿敵アンブレラ社が仕掛けるアンデッドとの最後のバトルを活写する。
『バイオハザード:ザ・ファイナル』は2016年の映画。『バイオハザード:ザ・ファイナル』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。
見るつもり無かったんですけど、年末にきて仕事も休みですし、TOHOシネマズのフリーパスポートもありますし、何より、ローグ・ワンでさえ妖怪ウォッチに阻まれて獲れなかった週末観客動員1位を、1週あとの公開とはいえ両者を抑えて1位になったので、ならばどんなものだろう?と見てまいりました。

このシリーズは歴代の作品が日本では軒並みヒットしていて

  1. バイオハザード 23億円で2002年の洋画で14位
  2. バイオハザードⅡ アポカリプス 27億円で2004年の洋画で11位
  3. バイオハザードⅢ 28.5億円で2007年の洋画で10位
  4. バイオハザードⅣアフターライフ 47億円で2010年の洋画で5位
  5. バイオハザードⅤリトリビューション 38.1億円で2012の洋画で2位

と、シリーズ物って、回を追うごとに興収下がっていくと思うんですけど、逆に上がっていますし、こんなに興収いってたのも知らなかったので、ちょっと驚いたのですが、自分の中では七不思議的なヒットの仕方であります。

それでバイオハザードシリーズって「日曜洋画劇場」御用達映画だと思うんですけど、テレビでもちゃんと見たことなくて、まあ自分には食指が動かないタイプの映画ではあります。

それで、今作なんですが、もう、まず音がうるさいです。音で無理やり驚かせるといいましょうか、毎回毎回でしつこいです。これちょっと心臓悪い人とか負担かかると思うんですけど大丈夫なんでしょうか?アメリカでの公開は年明けからみたいですが、心臓止まっちゃって訴訟とかなったら莫大な賠償金払わなきゃいけないと思うんですが大丈夫なのかなぁ?

それとヒロインに都合よすぎる展開。
意識失ってて目が覚めてちょっと動いたらアンデッドが襲ってくるけどやっつけて、巨大な鳥のアンデッドが襲ってきたら、鍵の付いた車があってエンジンかけたらなんとか動いて、って。
なんか序盤はゲームみたいな展開だなぁと思ったんですけど(まぁ元はゲームなんですけど)ちょっと都合がよすぎるなと辟易しました。
(思えばプレステで最初に出たゲーム版バイオハザード怖かったなぁ。あの最初の方のムービーでゾンビが人を貪っててふりむくところなんて、今ほどグロ描写多くない時代だったのでめちゃめちゃ怖かった。鳥肌立てながらプレイした思い出)

それと、カット割りですかね。もう、めちゃくちゃ早くないですか?何やってるのか全然見えない(まぁ見えますけど)。あんなに残像出ちゃう感じだと3Dなんかは目も当てられないと思いました。何をあんなに必死になってカットを割ってるんだろうと(笑)カット数のギネス記録でも狙ってるのかと思いました。
まぁ、それは冗談ですけど、あれだけカット割り早いとグロい描写もしっかり見えないので、R指定を免れる要素はあるのかなぁと思いました。現にPG12ですし。
(映画関係のブログでカット数を数えてるのがあるんですけど、それで数えて欲しいと思いましたね。カウンター使っても容易では無いぞと)

それでストーリーですね。シリーズ未見ですけど、特に序盤は、あれで今までのストーリーをまとめてラストに繋げるための話になるのか?と思いました。ラクーンシティにウィルスの免疫があるからってただそれを取りに行くだけって…。そんなのシリーズ見てない人でも考えつきそう。逆に今までのシリーズで何を描いてたのかと心配になりました。
それからラストですが、シリーズ未見でも、ラスト10分くらいは強引にまとめた印象ですが、シリーズ見てた人にも上手いことまとまってるんですかね?
まぁオチは他の映画とかでも散々やってる感じなので驚きはないんですが、よく今まで5作も持ったなと。

うーん、結論としては2016年最後に酷いの掴まされましたね。まぁタダだからいいんですけど。ブログも酷いやつの方が逆にいっぱい書けますし。
見てる最中は結構頭にきてるところにエンドロール終わって最後の最後「みんなここで死ぬのよ」のテロップと音。火に油を注いでくれましたね。

あ、あとローラちゃんは途中から加入してわりと空気で台詞は一言だけですが、死に際はわりと花を持たせる感じです。興収に貢献してる日本市場なのでもう少し扱いよくてもいいんじゃないかと思いましたね。

TOHOシネマズ日本橋 シネマイレージ特典 1か月フリーパスポート 0円
2016年 146作品目 累計155500円 1作品単価1065円

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

フォローする

関連コンテンツ