新感染 ファイナル・エクスプレス 評価と感想/藁の楯の大沢たかおでは無い

新感染 ファイナル・エクスプレス
広告

東出昌大でもない ☆4.5点

2016年の第69回カンヌ国際映画祭のミッドナイト・スクリーニングで上映され評判になった韓国製ゾンビパニック映画。
監督はヨン・サンホ、主演はコン・ユ、共演にチョン・ユミ、マ・ドンソク

予告編

「新感染 ファイナル・エクスプレス」予告編

映画データ

新感染 ファイナル・エクスプレス (2016) - シネマトゥデイ
カンヌ国際映画祭やシッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭などで話題となったパニックホラー。
新感染 ファイナル・エクスプレス|映画情報のぴあ映画生活
『新感染 ファイナル・エクスプレス』は2016年の映画。『新感染 ファイナル・エクスプレス』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。

韓国では2016年7月20日に公開されたので1年以上前の作品になりますね。
様々な映画祭で評判になっていたので、日本でもわりと早くから劇場で予告編を目にした気がします。

日本では2017年9月1日公開で全国で120館弱の公開規模です。
2000年頃の韓国映画ブームの『シュリ』や『JSA』などの公開規模には及びませんが、初週の動員ランキングも11位ということでなかなかのスタートなんじゃないかと思います。
評判もいいみたいですし。

監督はヨン・サンホ
「三百六十五歩のマーチ」みたいなお名前の方ですが、初めましての監督さんです。
複数の短編アニメ映画と長編アニメ3作を監督したのち本作が実写長編デビュー作となるそうです。
長編アニメ3作目が本作の前日譚となる『ソウル・ステーション/パンデミック』という作品で、こちらも2017年9月30日から公開となります。

『ソウル・ステーション/パンデミック』予告篇

主演はコン・ユ
ドラマ『コーヒープリンス1号店』や映画『トガニ 幼き瞳の告発』に出演されてたようですが未見ですので初めましてです。

2013年の第66回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された、三池崇史監督『藁の楯』の新幹線内の大沢たかおさんとダブるのは私だけじゃないと思います。

映画『藁の楯 わらのたて』予告編2【HD】 2013年4月26日公開

東出昌大さんも入ってると思います。

共演にマ・ドンソク
この方は『殺されたミンジュ』で主演されてたので見たことがあります。

殺されたミンジュ 評価と感想/キム・ギドク監督の熱量が凄い
よくよく考えると  ☆4点 予告編 映画データ あらすじ とある5月、ソウル市内の市場を必死に逃げ惑う女子高生、彼女を追う屈強な男たちがいた。彼女の名はミンジュ。 ミンジュは次第に追い詰められ、そして路地の片隅で顔...

他に共演と配役は以下の通りです。

ソグ役: コン・ユ
スアン役: キム・スアン
ソンギョン役: チョン・ユミ
サンファ役: マ・ドンソク
ヨングク役: チェ・ウシク
ジニ役: アン・ソヒ
ヨンソク役: キム・ウィソン
ホームレス役: チェ・グィファ
ジョンギル役: パク・ミョンシン
感染者の女役: シム・ウンギョン
インギル役: イェ・スジョン

あらすじ

ソウル発プサン行きの高速鉄道KTXの車内で突如起こった感染爆発。疾走する密室と化した列車の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死ー。そんな列車に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう父と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして高校生の恋人同士・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?目的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘いが今はじまる。彼らの運命の行き先は・・・。

公式サイトより引用)

ネタバレ感想

公式サイトの作品情報に「KTX車内での出来事」と「主要駅での出来事」として、かなり詳しくストーリーが書かれてるのでそちらを参照していただくとして、ざっくり感想から入りたいと思います。

まず面白いは面白いです。
ハリウッドでのリメイクが決まっているそうですが、いい意味でハリウッド的だなと思いました。
日本の新幹線に相当する高速鉄道を舞台にしたスケール感ですとか、『ワールド・ウォーZ』とも比較されてるみたいですけどゾンビ雪崩を起こすための数ですとか、そういう物量は単純に凄いなーと思いました。

2016年のカンヌ映画祭には他に韓国映画として、パク・チャヌク監督の『お嬢さん』とナ・ホンジン監督の『哭声/コクソン』が出品されていて、どちらも今年日本公開され鑑賞したのですが、両作とも韓国の何とも言えない土着的なパワーを感じたのですが、本作はそれらに比べるとスマートだったのでハリウッド的だなと思いました。

お嬢さん 評価と感想/日本発hentaiは世界共通語です
ファッキン○ンポ ☆4.5点 『オールド・ボーイ』のパク・チャヌク監督がイギリスの作家サラ・ウォーターズ原作の「荊の城」を19世紀ロンドンの設定から1930年代、日本統治下の朝鮮半島に舞台設定を変えての映画化です(オールド・ボーイは半分くらいまでしか観てません)。
哭声/コクソン 評価と感想/ぐるっと回って考えるとツインピークスか?
カメラがとにかく素晴らしい ☆5点 予告編 映画データ ツイッターとか見てたら、何やら評判が良さそうなので鑑賞。 全国で12館くらいの上映で、東京ではシネマート新宿と楽天地シネマズ錦糸町の2館での上映です。 ...

本作は凄く絶賛されてて、自分はそこまでじゃなかったんですが、昨年、日本でもスマッシュヒットになった『アイアムアヒーロー』を先に観ちゃってるからだと思います。
まだ余韻というか耐性が付いてるというか。

端的に言うと自分にはちょっとグロさが足りなかったかな。
本作が映倫区分Gで留まってるのに対しアイアムアヒーローはR15+だったので。

アイアムアヒーロー 評価と感想/圧巻のクライマックス
平凡な日常から大変なコトになっちゃう盛り上げ感が凄い  ☆5点 予告編 映画データ 評判通り面白かったです。 邦画でもこれぐらいの質のグロ描写のある映画は、あるにはありますが、如何せん低予算で上映館数も少ない...

ストーリー的な部分でいうと、主人公たちがゾンビの特性に気付くところがあります。
引き戸が開けらないとか、トンネルで暗くなると襲ってこないだとか。

これは自分は面白いと思ったんですけど、評判の悪かった品川ヒロシ監督『Zアイランド』で、風間俊介さん演じる警官にゾンビ分析させるのに似てるなぁと思って、その既視感もあるのでそこまでの絶賛にはならないのかもしれません。

Zアイランド 評価と感想/"おしゃべりクソ野郎"と毛嫌いするなかれ
監督の楽しんでもらおうという努力がみれる映画 ☆4.5点 予告編 映画データ 長編映画4作品目ですか。 品川ヒロシ監督作品初めて観ましたが、いやー、素直に面白かったです。 あらすじ 十年前、関西から進出してき...

身内がゾンビになっちゃう悲しみも『Zアイランド』で描かれてたんですよね。
本作がシリアスなのに比べ、『Zアイランド』はコメディ調ということもあって悲しみが刺さらなかったのかもしれませんが、私には両作とも同じくらいの悲しみでした(つまり泣くほどでは無かったんですが、当の本人は号泣されておる(笑))。


あと何カ所かモヤっとしたところもあって、例えばあのホームレス。
登場の仕方からして何かカギを握ってるんじゃないと思って観てたんですが、結局何もなくて他の人と同じように自分が犠牲になって死んでいくだけでした。

それから電車内ではモニターのニュース映像と携帯電話で外部と話すくらいで情報を入手する手段が限られていること。
スマホ持ってるんだからもう少し情報収集してもよさそうなものですが、ホームレスのことが何も無かったのと同様、パンデミックに関することは言及されずじまいでした(キム代理から自分たちが製薬会社を救ったせいでという電話はありましたが)。
まぁ、その辺のことはアニメ版の前日譚で出てくるのかも知れませんね。

ところで、序盤で主人公のソグがキム代理に昼前までには戻ると言っていたので、ソウルから釜山までどれくらいなのかな?と思ったら2時間半弱なんですね。
東京~大阪くらいだ。
『新感染 ファイナル・エクスプレス』ってタイトル上手いなと思ったのですが、これが日本で作れなかったのが残念なところです。
かつては『新幹線大爆破』とかあったのになぁ。

新幹線大爆破(予告編)

ネガティブ寄りの感想になっちゃいましたけど、かなり評判いいんで見て損はないと思います。

あと一句浮かんだんで読みます。

「ゾンビは引き戸を開けれない」

ダンスはうまく踊れない  高樹 澪

『ソウル・ステーション/パンデミック』の感想はこちら

ソウル・ステーション/パンデミック 評価と感想/韓国底辺社会を描く
新感染よりこっちの方が好きかも ☆4.5点 2016年の韓国で観客動員1000万人超えのヒットとなった『新感染 ファイナル・エクスプレス』の前日譚を描くアニメ映画。 監督は新感染と同じくヨン・サンホ。声の出演でシム・ウンギョン 予告編...

鑑賞データ

新宿ピカデリー 1000円鑑賞クーポン 1000円
2017年 145作品目 累計153800円 1作品単価1061円

コメント