映画感想

MEG ザ・モンスター 評価と感想/中華版ジョーズと言ってほぼいいかと

特筆すべき点は特に無く、可もなく不可もなく ☆3点 1997年に発行されたスティーヴ・オルテン著「Meg: A Novel of Deep Terror」を原作とするアメリカ・中国合作映画。 150万年前に絶滅したとされる巨大サメ・メガ...
映画感想

銀魂2 掟は破るためにこそある 評価と感想/最終絶叫計画化への道をひた走る

3もやると思います ☆4点 2017年の邦画実写興行収入1位(38.4億円)を記録した週刊少年ジャンプ連載の空知英秋の同名漫画の実写映画第2弾。 原作の「将軍接待篇」と「真選組動乱篇」を併せたストーリーを描く。 監督は前作に引き続き福...
映画感想

泣き虫しょったんの奇跡 評価と感想/そんなに泣き虫でもなかった

なぜ強くなったのかが分からなかった ☆3.5点 日本将棋連盟の奨励会を年齢制限により退会後、大学進学、サラリーマン生活をしながらアマ名人と成り、プロ棋士相手に高い勝率を上げたことから周囲がプロ入りさせようと動き、制度になかったプロ編入試験...
広告
映画感想

累 かさね 評価と感想/トラボル太鳳とニコラス芳根が素晴らしい

Wの悲劇+ガラスの仮面、そしてフェイス/オフ ☆5点 2013年から2018年まで漫画雑誌イブニングに連載されていた松浦だるま作の同名漫画の実写映画化。 伝説の女優の娘で卓越した演技力を持ちながらも顔が醜い主人公が、母が残したキスした相...
映画感想

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男 評価と感想/実は同属性だった二人

北欧らしい抑制が効いた演出に好感 ☆4点 1970年代後半から80年代半ばまで男子プロテニスツアーを牽引したビヨン・ボルグとジョン・マッケンローの実録ドラマ。 「伝説のタイブレーク」と言われる1980年ウィンブルドン選手権男子シングルス...
映画感想

判決、ふたつの希望 評価と感想/どの国にも通じる普遍的な物語

エンタメ作品として仕上げたのが素晴らしい ☆5点 2017年の第74回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門で男優賞を受賞し、2018年の第90回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたレバノン映画。 自動車修理工場を営むキリスト...
映画感想

アントマン&ワスプ 評価と感想/ミニチュア特撮の楽しさを思い出す

大人こそ楽しめる作品 ☆4点 マーベル・シネマティック・ユニバースの第20弾で2015年に公開された『アントマン』の続編でシリーズ2作目。 監督は前作から引き続きペイトン・リード、主演のアントマンにポール・ラッド、共演にエバンジェリン・...
映画感想

SUNNY 強い気持ち・強い愛 評価と感想/オリジナルより面白かった

ミジェーンのショップ袋で吹いたw ☆4.5点 韓国では2011年に公開されると観客動員740万人と大ヒットを記録し、日本でも2012年に公開された『サニー 永遠の仲間たち』のリメイク作品。 オリジナルでは1980年代後半だった時代設定を...
映画感想

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー 評価と感想/前作より面白かった

リリー・ジェームズの起用がよかった ☆4点 スウェーデンの音楽グループABBAのヒット曲で構成され、1999年にウエストエンド、2001年にブロードウェイで上演され大ヒットしたミュージカルを2008年に映画化し、当時のミュージカル映画史上...
映画感想

検察側の罪人 評価と感想/遠回しに政権批判したらヘンテコ映画が出来たでござる

オリジナル脚本でやるべき ☆2.5点 映画化もされた『犯人に告ぐ』の原作者・雫井脩介が2013年に刊行し、「週刊文春ミステリーベスト10」の4位や「このミステリーがすごい! 」の8位となった、検察を主人公にしたミステリー小説を原田眞人監督...