テッド2 評価と感想/日本ではまだ違法ですからね

スポンサーリンク
広告(大)

何気に本気で大麻解禁を目指してるのかな?  ☆4点

あらすじとかは映画.comさんでどぞ

前作テッドはアメリカ公開時、それほど期待されていなかったにも関わらず、蓋を開けてみれば予想外に大ヒットした映画で、アメリカ版予告(トレーラー)を見たときから、これは面白そうだなーと思ったものの、なかなか日本公開が決まらずに冷や冷やした映画でしたが、半年経ってようやく日本でも公開されたらR15+にも関わらず爆発的にヒットして、ちょっとしたテッド旋風を巻き起こした映画となりました。(今年でいうとこれから公開される『キングスマン』がそんな感じになりそうで楽しみです)

そんな経緯の映画の第二弾ですが、まあ基本的には前作と変わりなく、安定してサイテーでバカで、最後に少しほろっとさせるという感じで、面白いことは面白いです。
ただやっぱり1と違ってテッドはこういうものだという先入観で見ちゃいますから目新しさはないと思いますし、前作ほどはヒットしないかな(今夏はジュラシックとミッションが強いのもある)と思います。

今作は前作に比べるとお色気要素のギャグは少なくて(おっぱい出なかった)、どっちかというとタブー系のギャグが多くて、特にお笑い芸人のライブ会場で野次を入れるシーン(9.11とかロビン・ウィリアムズ)とか、ハードゲイカップルへのコミコン(コミケ)での執拗ないたずらとか、人によってはかなり不快になるギャグが多く、ここは凄く評価が分かれるところだと思いました。

あとは前作にも増してマリファナ(大麻)喫煙シーンが多くて、日本では完璧に違法なのでビックリするんですが、アメリカでは州によっては合法になる所も出てきて、大麻合法化の流れがあるみたいですし、こういう映画が日本にも入ってくると解禁の流れになるのかなぁ、なんて思って見たりしてました。
(彼女と別れてからずっと吸ってなかったジョン(マーク・ウォルバーグ)が久々に吸ったら幻覚みて怖くて歩けないシーンはお約束ですね笑)

そう、それでモーガン・フリーマンですね。いやー、やっぱりこの人は名優でこんなふざけたコメディ映画でも、最後、法廷のシーンに出てくると、ホント、法廷映画かと思うくらいに映画が締まって、なんか最後は彼が全部持ってった気すらします。

あ、あと、まさかのあの人がカメオ出演してるのでビックリなのと、エンドロール後にもう一回出てくるので、最後までちゃんと見た方がいいですよ、と。

色々レビューを読んでると、案の定、不謹慎と怒ってる人が多かったんですけど、まあこれは、致し方ないかなと思いますが、テッド2に怒ってる人はジュラシック・ワールドも怒って欲しいですね。
巨匠・スピルバーグ製作総指揮で大ヒットしてますが、娯楽大作の顔を被りながら(R15+でもなく)の、人命軽視ぶりは酷かったです。
逆にテッド2の色々な酷い行いは、あんなことしてはいけないという方に繋がる表現な気がしますし、あれが無ければ、モーガン・フリーマンの言葉も生きてこないんだけどなーと思ったりもしました。

TOHOシネマズ新宿 シネマイレージデイ 1400円

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

フォローする

関連コンテンツ