人生の約束 評価と感想/曳山まつりの映像が美しい

スポンサーリンク
広告(大)

めちゃめちゃよかった  ☆5点

予告編はこんな感じです

映画データはこちらからどうぞ

映画『人生の約束』の作品情報:富山県射水市で江戸時代から続く「新湊曳山まつり」を題材に、テレビドラマ「池中玄太」シリーズなどの石橋冠が映画初監督を果たしたドラマ。
『人生の約束』は2016年の映画。『人生の約束』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。
映画館で予告編を見て、お祭りの提灯が綺麗だったのと、出演陣が豪華かなわりに大作感が無さそう気がして、気になっていたので鑑賞。

予備知識はあまり入れずにあらすじだけパッと読んでいたので、都会で夢破れた主人公が田舎へ帰ってきて、祭りと関わる的な話なのかな?くらいに思って見始めましたが、ちょっと違いました。

主人公は某球団の買収騒ぎなどで有名になった某元IT企業社長をモデルにしたような人物でルックスは全然違いますが、竹野内豊さん演じる中原祐馬 。
最初出てきた時は竹野内かっこいい!と思うのですが、キャラ的には市場原理主義の塊みたいな男で嫌なやつ。

そこに塩谷航平という人物から何度も着信電話が入る。
序盤はこの塩谷航平が如何なる人物か観客には明かされず、いわばマクガフィンとなって物語を推進します。
これが非常に上手くて、こういうアクション映画でもないヒューマンドラマが、お話を進めようとすると序盤は退屈になることが多いですが、このおかげで序盤から前のめりになって見ることができました。
結果的に塩谷は登場しないので『桐島、部活やめるってよ』でいえば桐島にあたります。

1年後は「桐島、東大受かったってよ」  ☆5点 予告編はこんな感じです映画データはこちらからどうぞ朝井リョウさんの...
映画を見終わってみればストーリー的にはよくある話だと思います。
仕事ひとすじで突っ走ってきた男が人間性をも失いかけたときに立ち止まる話。
好きな洋画で『ローカル・ヒーロー/夢に生きた男』というのがあるんですが、その映画に近いです。

それと2,3年前にマット・デイモン主演で『プロミスト・ランド』という映画もリメイク的な感じで作られたのですが、それにも近いです。
オリジナルには及ばず残念 ☆3.5点 『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』のマット・デイモンとガス・ヴァン・サント監督が再び手を組み、デイブ・エガーズの原作を元にした社会派ドラマ。
なのでテーマ的には珍しくないのですが、その塩谷をマクガフィン的に置いた構造の上手さと、あとやっぱり新湊の自然・曳山祭りの荘厳さに圧倒されました。

この映画、映像がとても綺麗でした。
キャメラがすごくよかったです(淀川長治さん風に)。

石橋冠監督80歳にして劇場映画デビューですが、やっぱりドラマを撮ってるだけあって上手いですね。
「池中玄太80キロ」ですか。
子供心に80キロって距離のことだと思ってて体重のことだと知ったのはずっと後でしたけど…

主演の竹野内さんはいいですよね。
かっこいいですし、声がいいです。
『ニシノユキヒコの恋と冒険』もよかったんで、竹野内さん主演の映画は押さえといた方がいいと思います。

穏やかに、たおやかに  ☆4点(あらすじとかは映画.comさんでどぞ)麻生久美子さんが出てるのと、様々な女性からモテるの...
脇に回る人も豪華でたけしさん、竹野内さん、江口さんの3ショットは痺れました。

北陸新幹線も開業してタイムリーな映画で、ロケ地めぐりとかも楽しそうですね。

新宿ピカデリー ファーストデイ 1100円
2016年 10作品目 累計14100円 1作品単価1410円

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

フォローする

関連コンテンツ