アングリーバード 評価と感想/そもそものゲームを知らなかった

スポンサーリンク
広告(大)

音楽だけはなぜかおっさん向け  ☆2点

予告編


映画データ
映画『アングリーバード』の作品情報:『怪盗グルーの月泥棒 3D』などのプロデューサー、ジョン・コーエンが製作を担当し、人気ゲーム「アングリーバード」を映画化したアニメ。パラダイスのような島で奪われた卵を取り返そうと奮闘する個性的な鳥たちによる物語が展開する。坂上忍が短気な主人公レッドのボイスキャストを担当。
『アングリーバード』は2016年の映画。『アングリーバード』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。
今年のズートピアやファインディングドリーを見てしまいますと、イマイチな気がします。

特に前半から中盤にかけては、ただギャアギャアうるさいだけで話の筋もありませんし、結構しんどいです。

後半にマイティ・イーグルを探すあたりから面白くなってきて、豚島に乗り込んでからは見ごたえがありました。

たぶん、まだ言葉が分からない小学校に上がる前くらいまでのお子様には絵本的な感覚で楽しめるのかなぁ?と思います。が、なぜか劇中使われてる曲が80年代ロックでそこだけオッサン向けな感じでチグハグな感じもします。

3D吹き替えで観たのですが、3Dは若干、奥行きがあるくらいなので2Dで十分だと思います。主役のレッドの声は坂上忍さんですが、声優の人がやった方がよかった気がします。

あんまり入ってなさそうなので3週~4週目くらいで打ち切られそうな気がします。

新宿ピカデリー SMTメンバーズ 次回割引鑑賞クーポン 1200円+3D料金400円
2016年 112作品目 累計127400円 1作品単価1138円

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

フォローする

関連コンテンツ