2018-06-6

スポンサーリンク
映画感想

のみとり侍 評価と感想/江戸時代の娼年だが脚本が上手くない

コメディに寄せ過ぎようとして滑ってる ☆2.5点 1987年に刊行された小松重男の江戸時代をテーマにした6編からなる短編小説集「蚤とり侍」から3編の話を再構成して鶴橋康夫監督自ら脚本を手掛けた作品。 主演は阿部寛、共演に寺島しのぶ、豊川悦司、斎藤工
スポンサーリンク