2018-06-6

スポンサーリンク
映画感想

ゲティ家の身代金 評価と感想/孤立するヒロイン、舞台はイタリア

ハンニバルの既視感が ☆3.5点 1973年に実際にローマで起きた石油王ジャン・ポール・ゲティの孫の誘拐事件をリドリー・スコット監督で映画化。 原作は1995年にジョン・ピアースンが出版したノンフィクション。 主演はミシェル・ウィリアムズ、共演にクリストファー・プラマー、マーク・ウォールバーグ
スポンサーリンク