なんちゃって家族 評価と感想/ストリッパー役ジェニファー・アニストンのポールダンスは必見

なんちゃって家族 映画感想
スポンサーリンク

評判よさそうなので見てきました! ☆4点

予告編

映画データ

(シネマトゥデイ)
https://www.cinematoday.jp/movie/T0015931
(ぴあ映画生活)
http://cinema.pia.co.jp/title/163995/
去年の今頃の時期はこういうお下品コメディの『テッド』がやっててヒットしてたのを思い出します。

テッドは全米公開時にはそれほど前評判が高くなかったものの、いざ公開してみたら大ヒットという作品でしたが、日本公開がなかなか決まらずにもやもやしましたが、本作は早い段階で日本公開が決まってたみたいです。

でもワーナーブラザーズ配給でジェニファー・アニストン主演で全米ではサマーシーズンで興収1億ドル突破したヒット作で、映画観た感じ製作費もそれなりにかかっていそうなんですが、日本での公開館数は異様に少なくて寂しいなぁと思いました。

おもしろいですよねー。
映画館ドッカンドッカン沸いてました。
みんな声出して大笑いして、王道のハリウッドコメディを堪能。
アメリカの映画館みたいな感じでした。
楽しかった!

ジェニファー・アニストンのポールダンス等はセクシーで見応えありましたね。
シュワちゃんの『トゥルーライズ』でのジェイミー・リー・カーティスを思い出しました。

ラストは『ダイ・ハード』っぽいかなぁ。
ハッピーエンドで良かったです。

しかし昨年に観た『アメリカン・パイパイパイ』にしろ今作にしろ、男性の陰部がモロ写りなのはいつの間にかOKになったんですかね?(今作のはタマタマ凄く腫れてたので作り物かもしれませんが)

鑑賞データ

シネマート新宿 映画サービスデイ 1100円

コメント