ストレイト・アウタ・コンプトン 評価と感想/ラップ興味ない人でも面白いよー

スポンサーリンク
広告(大)

ラップに興味ない人にもおすすめ ☆5点

あらすじとかは映画.comさんでどぞ

個人的には当時(80年代)から洋楽をよく聞いてましたが、ラップ方面には疎くて。
ランDMCなんかは有名でしたが、その後に出てきたギャングスタ・ラップの系譜なんかには全然付いていけなかったんですが、1992年のロサンゼルス暴動なんかを絡めてギャングスタ・ラップの成り立ちが分かり易く描かれていました。

主役のN.W.Aはこのギャングスタ・ラップの始祖とも言えるグループで一般には馴染みが薄いかもしれませんが、アイス・キューブと聞けば耳にしたことがある人も多いのではないかと思います。

映画の前半は、当時の黒人差別からギャングスタ・ラップが隆盛する流れが描かれており、後半は成功を収めたN.W.Aがお金の問題からの分裂と和解。リーダーともいえるイージー・Eのエイズ発症までがテンポよく描かれ、上映時間の147分があっという間に過ぎまして感覚的には100分くらいの映画に思えました。

劇中かかる音楽はもちろんラップでカッコいいですし、当時の世相と歌詞がリンクしていて分かり易いので、ラップに興味が無い人にも入門編としてお勧めです。

しいて言えば、まだメンバーは存命中の伝記映画で、しかもそれぞれがラップ界の大御所でもあるので、話が美化されてるところもあると思うのですが、それを差し引いてもなかなか面白い映画であると思います。

ヒューマントラストシネマ渋谷 TCGメンバーズ ハッピーチューズデー 1000円

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

フォローする

関連コンテンツ