TOKYO TRIBE 評価と感想/一気に鈴木亮平さんのファンになっちゃいました

トーキョー・トライブ
スポンサーリンク
広告(大

村岡印刷の村岡印刷による村岡印刷の為の映画 (花子とアン) ☆4点

予告編

映画データ

(シネマトゥデイ)

映画『TOKYO TRIBE』の作品情報:井上三太の人気コミック「TOKYO TRIBE2」を実写化したアクション。近未来都市を舞台に、ストリートギャングの若者たちが繰り広げる抗争の行方を映す。メガホンを取るのは、『冷たい熱帯魚』『地獄でなぜ悪い』などの園子温。
(ぴあ映画生活)
『TOKYO TRIBE』は2014年の映画。『TOKYO TRIBE』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。
いやー、鈴木亮平さん、多才な方なんですね。

今やってる朝の連ドラ「花子とアン」の村岡印刷さんとのギャップ。
大柄でがっしりした人だなーと思ってましたが、あそこまで鍛え上げられた肉体美とは!
変態仮面を観ていなかったので、あそこまでの振り幅がある役者さんとは存じ上げませんでした。

調べると塩屋俊さんのトコで演技学ばれてたんですね。
塩屋さんてハリウッドスターを多く輩出しているネイバーフッド・プレイハウスの演技メソッドを学ばれた方で、海外作品にも多く出演されてます。
鈴木亮平さんは外語大卒で英語もペラペラのようですから、あのスケールの大きさならハリウッドで活躍される日もそう遠くは、ないのではないかと思います。

映画は世界初のバトルラップミュージカルだそうです。

まぁ内容はあって無いようなもので、台詞はほぼ全編ラップで、おっぱい出て(清野菜名さん)、バトルして、ひっちゃかめっちゃかですが、飽きるトコなかったので面白かったですね。

あの雰囲気を味わいたければ、歌舞伎町のロボットレストランと、川崎のウェアハウス川崎(九龍城)に行けばよいという現実も凄い。

香港の九龍城をイメージしたアミューズメントパークだった!非日常と大人の高級感をコンセプトに、落ち着いて遊べる空間が広がっていた!キニナル続きはこちらから
映画のオチも実にくだらないですが、突き詰めていけば男の争いの理由なんてそんなものですよね。

みんなエゴを捨ててラブ&ピースでハッピーになればいいじゃんと思いました。

サイタマノラッパーと同じで見終わったあと会話がラップ調になります(笑)

鑑賞データ

シネマサンシャイン池袋 レイトショー料金 1300円

スポンサーリンク
広告(大
広告(大

シェアする

フォローする