モンスター 評価と感想/高岡早紀さん主演の整形復讐モノです

スポンサーリンク
広告(大)

そんなにモンスターでもない ☆2.5点

あらすじとかは映画.comさんでどぞ

原作自体知らなかったので見終わったあと、なんで映画にしたんだろう?と思ったんですが、原作が評判がよかったのですね。

原作のレビューを見ると整形の描写が詳しかったり、風俗についてのところが詳しかったり、そういうところも面白かったのでしょう。
映画では、そういうところはだいぶすっ飛ばされてましたが、その片鱗はありました。

整形シーンでは美容外科医の大杉漣さんとのやりとり(モンキーラインとか)とか、風俗でもどこに面接行ってもブス過ぎて雇ってもらえないけど、真性Mを見抜かれてSM系の風俗からスタートできたり、ところどころ面白いところがありました。

また、主人公のひねくれた心情も、きっと原作ほどは表現できては無いのでしょうが、初めて8万ちょっとで二重に整形したあとに、街中でチックショウと叫ぶシーンとか面白かったです。

復讐自体は人が死ぬわけでもないのであまりたいしたことが無くて拍子抜けしましたが、逆に誰も死ななくてよかったかな。
あと最後主人公が死体で発見される際、なぜかホラーな撮り方してるのも、とっちらかった感じで面白かったです。

とにかく高岡早紀さんのおっぱいが綺麗で凄いなーと思いました。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

フォローする

関連コンテンツ