モンスター 評価と感想/高岡早紀さん主演の整形復讐モノです

モンスター 高岡早紀 評価と感想

そんなにモンスターでもない ☆2.5点

予告編

映画『モンスター』予告編

映画データ

モンスター (2013) - シネマトゥデイ
作家としてだけでなく「探偵!ナイトスクープ」の構成作家としても著名な百田尚樹の小説を、『コトバのない冬』などの高岡早紀主演で映画化。
モンスター|映画情報のぴあ映画生活
『モンスター』は2013年の映画。『モンスター』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップなどを紹介しています。

あらすじ

海辺の田舎町に美しい女が降り立つ。彼女の名前は鈴原未帆(高岡早紀)。彼女がオーナーを務めるレストランには“絶世の美女”と噂される美帆の顔を一目見ようと客が押し寄せていた。

ある日、店内のモニターを見つめていた未帆は、ひとりの男性に目を留める。それは彼女が待ち続けていた男・高木英介(加藤雅也)の姿だった。高校時代。鈴原未帆こと本名・田淵和子は、醜い風貌を蔑まれ、バケモノ扱いされる悲惨な日々を過ごしていた。唯一、優しい声をかけてくれた同級生の英介に対し、恋心を抱いた彼女は、思い悩んだ末にある事件を起こす。

町を追われ、東京に出た和子は、ふと目にした雑誌をきっかけに、整形クリニック(大杉漣)を訪れる。そこで二重手術を受けた彼女は、自分も美しくなれると信じ、整形手術の代金を手に入れるため風俗で働き始める。やがて整形手術を繰り返すことで完璧な美貌を手に入れた彼女は、ある思いを遂げるために生まれ故郷の街でレストランを開業する。

はたして彼女が、この町に戻った本当の理由とは……。

(公式サイトhttp://monster-movie.jp/contents/story.htmlより引用)

ネタバレ感想

原作自体知らなかったので見終わったあと、なんで映画にしたんだろう?と思ったんですが、原作が評判がよかったのですね。

原作のレビューを見ると整形の描写が詳しかったり、風俗についてのところが詳しかったり、そういうところも面白かったのでしょう。
映画では、そういうところはだいぶすっ飛ばされてましたが、その片鱗はありました。

整形シーンでは美容外科医の大杉漣さんとのやりとり(モンキーラインとか)とか、風俗でもどこに面接行ってもブス過ぎて雇ってもらえないけど、真性Mを見抜かれてSM系の風俗からスタートできるとか、ところどころ面白いところがありました。

また、主人公のひねくれた心情も、きっと原作ほどは表現できては無いのでしょうが、初めて8万円ちょっとで二重に整形したあとに、街中でチックショウと叫ぶシーンとか面白かったです。

復讐自体は人が死ぬわけでもないのであまりたいしたことが無くて拍子抜けしましたが、逆に誰も死ななくてよかったかな。

あと最後主人公が死体で発見される際、なぜかホラーな撮り方してるのも、とっちらかった感じで面白かったです。

とにかく高岡早紀さんのおっぱいが綺麗で凄いなーと思いました。

2018年12月7日追記

この記事わりと検索からアクセスありまして、高岡早紀さんが脱いでるのにDVD化されてないからだと思うんですけど、経緯を辿るとたぶんDVD化は無理なんだろうなぁと思います。

最初の報道はこんな感じです(2012年1月9日)

AV出演がウワサされる高岡早紀 金欠の裏にあった恩師の死と元夫・保阪尚希の影 (2012年1月9日) - エキサイトニュース
『高岡早紀写真集「TIMEDIFFERENCE」』小学館芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、縦横無尽に話題の芸能トピックの「裏側」を語り尽くす!女優の高岡早紀が"借金返済"の...

次に映画は撮影されるも二次使用権でトラブルになってることが分かり(2012年11月12日)

高岡早紀「AV」出演めぐってトラブル勃発〈週刊朝日〉
 恋人同士の濃密なベッドシーンや、風俗嬢としての淫靡な行為――。ポルノ小説と見まごうようなト書きが連なる、来年公開予定の映画「モンスター」。久々の主演作として、抜群のスタイルと妖艶な魅力で知られる女優...

映画の公開自体も危ぶまれます(2012年11月20日)

高岡早紀「極エロ濡れ場」がお蔵入りのピンチ!? - メンズサイゾー
女優・高岡早紀主演作として来年に公開が予定されていた映画『モンスター』に、暗雲がたちこめている。発売中の「週刊朝日 11月23日号」(朝日新聞出版)によれば、あ...

結局、映画は無事公開(2013年4月27日)されますが、公開中に二次使用権を巡って裁判してるのが分かります(2013年5月21日)

AV制作会社と芸能プロが大モメ 高岡早紀“濡れ場”裁判 – 東京スポーツ新聞社
 女優の高岡早紀(40)の“AV出演騒動”が異様な展開を見せている。公開中の映画「モンスター」の2次使用権をめぐって、AV制作会社のA社と、カリスマモデルが所属する芸能プロダクションB社が訴訟合戦に発...

しかしこの裁判2年やっても決着せず、泥沼化してるのが分かり、訴えられてるのが当時、西山茉希さんが所属していた芸能プロダクション「オフィスエムアンドビー」の池田啓太郎社長だと判明します(2015年5月21日)

https://www.cyzo.com/2015/05/post_22021_entry.html

そしてまた2年経って、今度は西山茉希さんの奴隷契約が明らかになります(2017年6月6日)

西山茉希が事務所からの「奴隷契約」告白で涙「1円もいただいていない」 - ライブドアニュース
「じつは2月から、所属事務所のお給料を1円もいただいていないんです」と本誌取材に涙ながらに明かすのは、西山茉希(31)。「西山さんに仕事のオファーを出したくても、事務所の電話に誰も出ないんです。所属事務所

結局、二次使用権を巡る裁判はどうなったか分かりませんが、今年1月に、この訴えられていた社長が覚醒剤で2017年12月に逮捕されてたことが分かり、一連の流れが判明したという次第です(2018年1月24日)

【覚醒剤逮捕】芸能事務所社長の“凶悪”な素顔 (2018年1月24日) - エキサイトニュース
人気モデル・西山茉希(32)の前所属事務所「オフィスエムアンドビー」の社長・池田啓太郎容疑者(52)が、覚醒剤取締法違反(使用)容疑で警視庁南大沢署に逮捕されていたことが22日までに分かった。逮捕は5...
芸能事務所シャブ社長の困った素性…元暴走族でビッグマウス、過去に西山茉希への給料未払いで問題に
芸能界の覚醒剤禍がまた起きた。今月5日、覚せい剤取締法違反(使用)容疑で警視庁に逮捕された芸能事務所「オフィスエムアンドビー」社長の池田啓太郎容疑者(52)。実…
シャブで逮捕!西山茉希の元事務所社長がヤバすぎる! 高岡早紀の“AV詐欺事件”にも関与か - TOCANA
人気モデルの西山茉希がかつて所属していた芸能プロ「オフィスエムアンドビー」の社長、池田啓太郎容疑者(52)が、22日までに覚醒剤取締法違反(使用)容疑で警視庁南大沢署に逮捕されていたことがわかった。発端は昨年10月に同署に寄せられた1本の電話。ある30代女性の親族から「娘が暴れている」と通報があり、...

そして今年6月に、高岡さんがAV出るかも?(金欠)のきっかけになった元内縁夫も逮捕されるというオマケつきでした(2018年6月16日)

高岡早紀の元内縁夫を詐欺容疑逮捕 有名人妻と別れた男の末路 (2018年6月16日) - エキサイトニュース
元ダンナがダメすぎる!飲食店で知り合った女性から現金700万円をだまし取った疑いで、警視庁は自称・経営コンサルタントの村田晴彦容疑者(51)を詐欺容疑でこのほど逮捕した。実はこの男、女優・高岡早紀(4...

なのでDVD化は絶望的だと思いますが、個人的には本作を監督したのが昨年から今年にかけて、松岡茉優さん主演『勝手にふるえてろ』で様々な映画賞を受賞した大九明子監督作だったのが面白いなと思いました。

勝手にふるえてろ 評価と感想/こじらせの深淵に引きずり込まれる
ザッツ・ザ・松岡茉優ショー ☆5点 芥川賞作家・綿矢りさが2010年に発表した同名小説の映画化で第30回(2017年)東京国際映画祭コンペティション部門観客賞受賞作。 十年来の脳内彼氏とリアル恋愛のはざまでパニクる姿を描く。 監督は大...

鑑賞データ

ヒューマントラストシネマ渋谷

コメント