黒執事 評価と感想/優香さんがよかったです

スポンサーリンク
広告(大)

日本でダークヒーローは ☆3点

あらすじとかは映画.comさんでどぞ

原作漫画は未読です。
去年の同じくらいの時期に『脳男』が公開されてたと思うんですが『脳男』や『黒執事』のようなダークヒーローの実写物は日本では根付かないかなぁ?という印象です。

ひとことで言うと  ☆3点 (あらすじとかは映画.comさんでどぞ)ウルトラマンと怪獣が戦ってるのに地球防衛軍が邪魔する映...
きっと『ダークナイト』(未見ですが)みたいなところを狙ってるのでしょうが、アメコミから誕生したヒーローと違って、日本はベースとなる漫画やアニメがかなり完成されてるので、ハリウッドのマネをして漫画やアニメを無理に実写化しなくてもいいかなーと思いました。

漫画を読んでないのでキャラクターの設定が分からないのですが、黒執事(水嶋ヒロ)は清玄(剛力彩芽)に仕えている(悪魔の契約とはいえ)わりに、御主人をおちょくったりして、ちょっとチグハグな印象を持ったのと、そういう描写がまどろっこしく感じました。

映画は冒頭で黒執事がピストルで頭を撃ち抜かれても死なないので、その後何があろうとも絶対死なないんだなーと思ってハラハラする事は無かったです。

水嶋ヒロさんは役に合っていたと思います。少しオーバーなくらいの台詞回しでダークファンタジーに嵌ってたと思います。
剛力さんはかわいそうですよね。どう見ても最初から女性にしか見えないですもん。なので話の展開が読めてしまいます。思い切って男性の配役でもよかったかな?と思います。
思いのほか良かったのが優香さんで、最近の女優業にシフトしてきている成果が出てきてるのかなと思いました。かなり振り切った演技をされてると思いました。

大作でお金かけてアクションも凄いと思うんですけど、ハラハラしないので少し眠くなりました。
あと、冒頭から結構ハードなアクションシーンで人が大勢死んだり、ゾンビっぽい表現もあるので、そういえばPG-12とかの表記を見なかったな?と思いましたが、映倫区分はG(どなたでもご覧になれます)なんですね。少し意外な気がしました。

シネマサンシャイン池袋 レイトショー料金 1300円

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

フォローする

関連コンテンツ